2016年11月27日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その13(最終回):ブラッシュアップで仕上げよう!〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177816343.html

までで、
わたくしの、最初の「ぬいハチ物語」である
「ぬいハチ物語」(仮)は、頭からしっぽまで書けました!

ですが
「頭からしっぽまで書く」ことと
「作品を完成させる」こととの間には、
大きな大きな谷間があります。

なぜか?

それは簡単、
ただ単に書いただけものもは、まだ『仕上がってない』からです。

仮に、自分ひとりで楽しむためだけに書くのであっても、
せっかく書いた物語、きちんと仕上げないともったいないです。

仕上げること。
そして、仕上げるために自分の作品を見直すことは、
今とりかかっている物語だけではなく、次の物語をも、必ずやより輝かせてくれます。

ので、簡単にでも
「仕上げる」という意識を持って、
一度、自分の書いた作品を、きっちり読み直してみましょーです!!


では、どのようにして仕上げるか。

これは……

まぁ、これだけでウルトラ濃密なご本が一冊かける
(「ハリウッド・リライティング・バイブル」 リンダ・シガー著 愛育社)
ほどの中身になってしまうので、
詳細にご説明申し上げるのは、とても無理です。


ので、今のとこは


******************************

0: 書き終わってから、
  ブラッシュアップを始める(仕上げに取り掛かる)
  まで、最低でも一回の熟睡を間に挟む

1: 誤字・脱字に気をつける


2: 自分で読んでて「ん?」となってしまう箇所があったら、直す

(この辺については、
 「日本語の作文技術」 本多勝一 朝日新聞出版のご一読をオススメします)


3: メリハリを意識する
  「くどい」と感じたところはシェイプアップして、
  「あっさり」と感じたとこは、詳細に書き込む


4:無理やり直そうとしない。
  「どう直したらいいのかわからない」という部分は全削除して、
  前のパートと後のパートをつなげなおす文章/エピソードを新規に考える方がいい。


5:自分でなおしてて
 「あ、これダメだ。つまんないや」と
 万一思ってしまっても、決して作品を見捨てない。
  とにかく、できるかぎり直す。
  そしたら、いさぎよく発表する。
  駄作10000作書いても、それを糧に傑作1本かけたら大勝利なので。
  途中で投げると、駄作すら書けなかったことになるし、あとに残るものがめっちゃ少なくなる。
 
   
******************************

というくらいに注意してみるといいかな、と思います!


で、わたくしが書きました
『ぬいハチ物語』(仮)の初稿全文は、以下の通りです。


******************************



「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。

……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち、
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

――確かに、ひとはの言うとおりです。

つらく。かなしく。イヤだと、心は叫んでいます。

解体される、39685に今すぐかけよって、
ごめんなさいと、さよならと、泣ければどれほど楽でしょう。

けれど……

「叫んで、泣いて。なにかが変わるものならば、
わたくちも そうしているでしょう」

けれど、わたくちはぬいハチロク。

「過ぎてしまった過去より、未来を」

全ての妹たちの規範となるべき、
8620形8620。トップナンバー・ぬいレイルロオドです。

「同じ悲劇を繰り返さぬため、何ができるか――
そうするためにますたぁをお手伝いして支えることが、
わたくちの、今すべきことと信じます。
ですので、泣いている余裕など、ないのです」
「わ」

声が、カラリと晴れ渡ります。

「さすがはおねーちゃんですよ!」

泣いたカラスがもう笑う――ひとはは、本当に強い子です。

「聞いたですか? マスター。
止まってるヒマなんてないですよ!!」

音がするほど、ますたぁの背中が叩かれます。
静かに頷き、ますたぁは立ち上がります。

地べたへと――
ついてしまっていた過去を、振り落とそうとするかのように、
パンパンと勢いもよく、その両膝を叩きます。

(ちぃぃ――)

わたくちたちの移動手段、新幹線バッグが開かれます。

「おねーちゃん、おうちかえるですよ!」

ひとはは、すぐに飛び乗ります。
バッグの中から、早く早くと手招きされます。

「……39685」

彼女の屍衣となるであろう、ブルーシートへ振り向きます。
省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

「――あなたのことを、忘れません」

ですから、本当だけつぶやいて。

「おまたせしました、ひとは、ますたぁ」

わたくちもまた、新幹線バッグへと入ります。


(ちぃぃ――)

「あ――」

ひかり。天井。
――おうちです。

わたくち、少し眠ってしまっていたようです。

「おうちに帰ってきたですよー」

ひとはが勢い良く、新幹線バッグを出ていきます。

「塊炭飴なめるですよ!
 おなかぺこぺこですよ!!」
「ひとは? その前にすることは?」
「いけないいけない! 
 てあらい・うがいをしなくちゃですよー!!」
 

(あら……)

洗面台に向かう途中で、
もう手洗いを済ませたらしいますたぁと
いれちがいます。

(厳しいお顔……無理からぬことではございますけれど)

「おねーちゃん、どーしたですか?」
「あ、ううん」

ひとはと並んで、てあらい・うがい。
おやつの棚から塊炭飴をとりだして、
ひとはにひとつ、いっとう大きなものを差し出します。

「あれ? おねーちゃん食べないですか?」
「わたくちは、いまは食欲が」
「無いときほど食べなきゃダメですよ!
 おなかぺこぺこじゃがんばれなくなっちゃうですよ!」
「……本当ね、ありがとう、ひとは」

ぽりぺろ、ごりごり。

塊炭飴を楽しむひとはをそのままに、
ますたぁのお仕事部屋へと向かいます。

「ますたぁ? おやつを持ってまいりました。
塊炭飴を、どうぞ、お召し上がりくださいまし」

……待っても、お返事がございません。

しかたないのでドアを開け、
ますたぁのお耳のすぐ近くから――

「あ――」




「ふぅーう、おなかぽんぽこですよー!
 あれ? おねーちゃん?」

これは……ああ――
ますたぁは、どんな思いで、この文章を――

「おねーちゃん、どーしたですか!!?」
「きゃっ!?」

ひとはの大声。
けれど、ますたぁは手を止めません。

「なになに、マスター、何書いてるですか?」

ひとはも、椅子に登ってきます。
ますたぁのなだらかな肩越しに、
パーソナルコンピウタアのディスプレイを覗き込みます。

「ええと――
『旧国鉄39685号機解体凍結署名へのご協力御礼と、
 お――お――』
 おねーちゃん、あの字、なんて読むですか?」
「おわび」
「おわび、お詫び!!?
 マスター、ごめんなさいってしてるですか!?」
「ええ、そう。……それが、ケジメというものです」

いけません。声が、ふるえてしまいます。
大事な、ことです。
ひとはに、きちんと伝えなく、ては。

「39685の、解体を、凍結、しようと、
 ますたぁ、の、呼びかけに、応じ、
 署名、を、おこころ、を……お寄せ、くださっ、た――」

引き締めようとするのですけれど、叶いません。
こころが、ことばが、乱れます。

「もう、これだけしか――
できること、など――
たった……これしか――無い、の――です――からっ」
「おねーちゃん!?」

いけません。
わたくちが泣くなど、いけません。

ひとはを――ますたぁを心配させます。

わたくちは、ますたぁを、支えるのです。

「ん――っ」

そうと思って、持ちこたえます。
……涙は、こぼさずすみました。

(よかった――)

わたくちがほとんど泣きそうだったと、
ますたぁには、きっと、気づかれずに済んでいます。

「おねえちゃん……」
「平気よ? ひとは。
 わたくち、すこし、言葉がつまっただけですから」

共感を、わたくちたちは有しています。
わたくちの感じた悲しみは、
ひとはにほとんど、伝わってしまっているのです。

「なぁんだ、そーだったですかぁ!
 おねーちゃんも、案外おっちょこちょいですよ!」

だからこそ、ひとはは明るく笑ってくれます。

わたくちのため、ますたぁのため。
ひとは自身の悲しみを、きっと、抑えて笑ってくれます。

「そうね、わたくち、おっちょこちょいです。
だって、ひとはの姉なのですから」
「なのですよ! って!? おねーちゃん、ひどいですよお!」

明るく笑って、ぽかぽかぽか。
ひとはが、わたくちをかるぅくぶちます。

(ひょい)

「あ――」
「マスターですよ!!」

だっこです。
ひとはとわたくちを抱きかかえ、
いいこいいこと、ケンカするなと、撫ぜてくれます。

「えへへぇ、気持ちいいですよ!」

いいこ、いいこと、何度も、何度も。
ますたぁご自身のおこころを、
そうすることで、慰めようとするかのように。

「えへへ……えへっ……へ」

ひとははひどく甘えます。
ぐりぐりと、ますたぁのお胸に、顔をおもいきりすりつけて――っ!!?

「ふ……ぇ……うう…………ぅぅぅ〜〜っ」
「ひとは――」

緊張が、きっと解けたのでしょう。
ひとはが――泣いてしまいます。

「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」

「七夕様……」

たしかに、願いを託しました。

七月七日。
大きな、大きな公園で――

* * *

「すごいですよ! きれいですよ!!!」

ひとは、はじめて見たですよ!

とがったはっぱのワサワサの中、
たくさんたくさん紙があるです!

赤、青、黄色、ピンクに、金色!!
それに字が書いてあるですよ!

「おねーちゃん、これなんですか!?」

「これはね? ひとは、
 『七夕飾り』というものです」

「たなばたかざり」

「七夕、という風習があるのです。
 織姫と、彦星という方々が昔いらっしゃいまして――」

・・・おねーちゃん、たなばたさまのことを教えてくれます。


「わおわお! ロマンチックですよ! 素敵ですよ!!
それに、お願いごとまで叶えてもらえるなんて、スゴすぎですよ!」

「叶うかどうかは、わかりません。
たくさんのたくさんの方々が、いっせいに、一夜に願いを託すのですから」

「わ、そりゃそーですよ。
おりひめさんとひこぼしさん、読んでるだけで夜があけちゃうですよ」

「うふふ、確かに」

「ならなら、見てもらえるよーに、めだつよーにたんざく書くですよ!
マスターもお手伝いしてですよ!!」

「目立つように……どのような短冊にしたいのですか?」

「あのですね、まず、おねーちゃんがおねーちゃんの
たんざく書くですよ!」

「わたくちが……では――
ん…………。――うん、これが、わたくちの願いです」

『39685が たすかりますように』

さすが、おねーちゃんですよ!
やっぱりひとはと、おねがいおんなじだったですよ!

「そしたら、ひとは、39685のお絵描きするですよ。
マスターは炭水車をお絵描きしてですよ」

「まぁ!」

おねーちゃん、わかったみたいです。
うれしいですよ! ひとは、がんばってお絵描きするですよ!

よいしょ――よいしょ!

「描けたですよ!!!」

「まぁ、本当にひとは器用で素晴らしいですね。
見事な39685です。ますたぁも――
うん! おみごとです。
力強くうつくしい炭水車であるかと存じます」

「そしたら、連結するですよ!」

「ええ」

へっへへー、
ひとはのたんざくが機関車。
マスターのたんざくが炭水車。
それで! おねーちゃんのたんざくがおねがいごと客車ですよ!

「マスター、これ、たかいとこ!
このワサワサの、いーちばん高いとこにくっつけてですよ!」

「お願いいたします、ますたぁ」

マスター、きゃたつを借りにいってくれたですよ!

「まぁ、危なっかしい。ね? ひとは」

「はいですよー!」

おねーちゃんとひとはできゃたつを支えて――

「わ――お――」

「もう少し……あ、そこです、ますたぁ!」

「ついたですよーーーーー!」

えへへへへ! たんざく列車、39685!
ワサワサの一番高いところで、
気持ちよさそーに走ってるですよ!!

「夜になったらお星様まで駆け上がって!
だからぜっーたい! 39685は助かるですよ!!!」


* * *

「ぜったい……ぜったい――
39685助かるって――
お願い、叶うって……思ったですよ」

「ひとは――」

思い出が、きっと鮮やかすぎるのでしょう。
悲しみが、幾重にも折り重なるのでしょう。

ひとはに、なんと声をかければいいものか――
わたくちも……わたくちだって――
これほど、こころが痛みますのに。

「――――」
「あ」

ますたぁが、囁かれます。
ひとはには、けれどとどいていないようです。

「ね? ひとは?」

ひとはの反応はありません。
けれど、言葉も、そして共感も届いております。


「ひとつ、ひとつ。
ひとつひとつを、大事に思い出していきましょう」

「おもい、だすって……ひぐっ――なにを、ですかぁ」

「わたくしたちのしてきたことを。
39685を助けるために、学んだことを。
それは、きっと――」

こくり、ひとはが頷きます。

大きく大きくかぶりをふって、
ぐしぐし、涙をふきとります。

「ひとは――がんばって思い出すですよ!!」

……けれど、ひとはは、なかなか言葉を出せません。

ときおり、おもいだしたようにしゃくりあげ、
あふれそうになる涙をぬぐい――

時間が、さらさら、こぼれていきます。

「あ」

ますたぁが、部屋を出ていってしまわれます。

ひとはががくりと、うなだれます。

どう、しましょう。

なぐさめの声をかけようにも、
わたくちも・・・きっと、泣き声になってしまいます。

(ひとは)

小声で、試してみるけれど、
やはり、その声はひどく、ふるえています。


(ふわっ)

「え?」

ひとはが、おどろいて顔をあげます。

甘いにおい。
ココアのにおい。

「これ、溶かすやつじゃない――
ねりねりってするココアですよぉ」

マスターのおとっときの、ココアパウダー。

それを使ってていねいに いれられたココアがみっつ、
それぞれのマグカップの中、仲良くトレーに並んでいます。

「ほぅ……」

あたたかい。あまい。おいしい。

ココアをのどに落とすと同時に、
そんな単純な幸せで、わたくちの中綿がみたされます。

「あったかくって、おいしいですよ。
あのときと、ちょうど反対ですよ!」

うるおって、ぬくもって。
ひとはの言葉が、ようやくほころびはじめます。

「あのとき?」

「熊谷のデゴイチさんの動輪を、みんななでみがいたときですよ!!」

「ああ――」

あれは、夏の始まりでした。

動輪はあまりに大きくて、古い塗装はしつこくて。
剥がすため、何度も何度もスクレイパーを動かして。

「ハンマーでがんがんがんってやって、
ひとは、あつくてあつくてくらくらしたですよ」

「ああ、そうでした。
うふふ、本当に反対でしたね――あの麦茶!」

「きぃんてつめたくてきゅーってして、
かわいてるのがもどる感じで、おいしかったですよ!」

飲み干したマグをトレーに戻し、ひとはの両手が、動き出します。

「それから、三次にいったときもおいしかったですよ!」

「まぁ、飲み物のおはなしばかり」

「三次のときは食べ物ですよ! 唐揚げたくさん!
ハンバーグもあって、ぶどうもめちゃくちゃおいしかったですよ!」

「ああ、ピオオネでしたか――
あれは確かに、宝石のようなぶどうでしたね」

「46850さんとたくさんあそんで、みんなで整備体験して、
マスター、蒸気分配弁まで分解して組み立てして!」

「そのあと、みなさまでの会食でしたね。
いろいろなことをお話し合いになられて」

「みんなにこにこわらってたですよ!
とっても、とーっても楽しかったですよ!」

「ああ――」

そうでした。

わたくしの目にも、浮かびます。
耳には、笑い声が思い出されます。

「きっと……それだけのことなのですね」

ますたぁに。ひとはに。
そうして、わたくち自身に。

とどくよう、わすれないよう、
いまの気持ちを、ことばにします。

「大切に保存されるこのまわりには、笑顔がある。
笑顔の中心になれるこは、みんなが大事に、保存する」

「あ」

ひとはが、ますたぁが息を飲みます。
ゆっくり――静かにうなずかれます。

「そのこを、笑顔の中心に。
みんなが集まり、笑い合える――
そうした環境を、もしもつくることができたなら」

「解体なんて、絶対されなくなりますよ!!
おともだちのこと、こわすだなんてないですよ!!」

「おともだち――」

それは、とても簡単なことで。
だからこそ、とても、むつかしいこと。

「保存車両を、地域のみなさまの、おともだちに」

「わ!?」

ますたぁが急に立ち上がられます。
パアソナルコンピウタアを立ち上げて、キイボオドを叩きはじめます。

「マスター、またおわび文ですか?」

「いいえ、ちがいます。ちがいますよ、ひとは」

ますたぁが何をお書きになるか、わたくちにはまだ、わかりません。

けれどもひとつ。
たったひとつは、確かなこととわかります。

「ますたぁがお書きになっているのは、
きっと、みなさまにつたえるための文章です」

「つたえる――なにをですか?」

「ひとはのねがい、わたくちのねがい。
そうしてきっと、ますたぁご自身のものでもある――ねがい」

保存車両を、地域のみなさまのおともだちに。

そうするために、そうなるために、
していけることを、探すため――

「あ!」

ひとはの声。
つられてみれば、ディスプレイには、短い文字列。

「『物語』って書いてあるですよ!」

それは、タイトル。

ねがいを、どなたかに届けるための。
きっと叶えていくための、一番最初の――物語の。


―― 「ぬいハチ物語」 (仮) ――




;おしまい


******************************


では、直します。

直し終わってから、
「この辺が気になったので直した」ということ解説しますので、
まずは以下の、直し終わったものをお読みください。



******************************


『ぬいハチ物語』(仮) 進行豹




「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。

……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち、
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「あっ」

苦しげな息。
あわてておさえる手をゆるめれば、
ひとはは、泣きそうな声で問うてきます。


「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を……
ひとはよりずっと、つらいって、
かなしいって、イヤだって思ってるのに」

――確かに、ひとはの言うとおりです。

つらく。かなしく。イヤだと、心は叫んでいます。

解体される39685に今すぐかけより、
ごめんなさいと、さよならと、泣ければどれほど楽でしょう。

静態保存機である あなたの価値が――
歴史を、文化を、ずっと繋いできてくれたレールが――
壊されてしまう無念さを、嘆けばどれほど救われるでしょう。

けれど……

「叫んで、泣いて。なにかが変わるものならば、
わたくちも そうしているでしょう」

けれど、わたくちはぬいハチロク。

全ての妹たちの規範となるべき、
ぬい鉄蒸気機関車、8620形8620号機の、
トップナンバー・ぬいレイルロオドです。

「同じ悲劇を繰り返さぬために、できる何かを。
きっと探して行うことが、ますたぁをお助けする手段だと……
わたくちの、今すべきことだと、信じます。
ですので――」

言葉で、迷いを断ち切ります。

「わたくちには、泣いている余裕などないのです」

「わ」

声が、カラリと晴れ渡ります。

「さすがはおねーちゃんですよ!」

泣いたカラスがもう笑う――ひとはは、本当に強い子です。

「聞いたですか? マスター。
止まってるヒマなんてないですよ!!」

音がするほど、ますたぁの背中が叩かれます。
静かに頷き、ますたぁは立ち上がります。

地べたへと――
ついてしまっていた過去を、ふり落とそうとするかのように、
パンパンと勢いもよく、その両ひざを叩きます。

(ちぃぃ――)

わたくちたちの移動手段、新幹線バッグが開かれます。

「おねーちゃん、おうちかえるですよ!」

ひとはは、すぐに飛び乗ります。
バッグの中から、早く早くと手まねきされます。

「……39685」

彼女の屍衣となるであろう、ブルーシートへ振り向きます。
省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

「――あなたのことを、忘れません」

ですから、本当だけつぶやいて。

「おまたせしました、ひとは、ますたぁ」

わたくちもまた、新幹線バッグへと入ります。



* * *



(ちぃぃ――)

「あ――」

ひかり。天井。
――おうちです。

わたくち、少し眠ってしまっていたようです。

「おうちに帰ってきたですよー」

ひとはが勢い良く、新幹線バッグを出ていきます。

「塊炭飴なめるですよ!
 おなかぺこぺこですよ!!」

「ひとは? その前にすることは?」

「いけないいけない! 
 てあらい・うがいをしなくちゃですよー!!」
 

(あら……)

洗面台に向かう途中で、
もう手洗いを済ませたらしいますたぁと入れちがいます。

(厳しいお顔……無理からぬことではございますけれど)

「おねーちゃん、どーしたですか?」

「あ、ううん」

ひとはと並んで、てあらい・うがい。

おやつの棚から塊炭飴をとりだして、
ひとはにひとつ、いっとう大きなものを差し出します。

「わぁぁ! これ、めちゃくちゃ石炭にそっくりですよぉ」

その漆黒を、てのうえでしばしころがして――
ひとはが、ふっと顔をあげます。

「あれ? おねーちゃん食べないですか?」

「わたくちは、いまは食欲が」

「無いときほど食べなきゃダメですよ!
 おなかぺこぺこじゃがんばれなくなっちゃうですよ!」

「……本当ね、ありがとう、ひとは」

ぽりぺろ、ごりごり。

塊炭飴を楽しむひとはをそのままに、
ますたぁのお仕事部屋へと向かいます。

「ますたぁ? おやつを持ってまいりました。
塊炭飴を、どうぞ、お召し上がりくださいまし」

……待っても、お返事がございません。

しかたないのでドアを開け、
ますたぁのお耳のすぐ近くから――

「あ――」




「ふぅーう、おなかぽんぽこですよー!
 あれ? おねーちゃん?」

これは……ああ――
ますたぁは、どんな思いで、この文章を――

「おねーちゃん、どーしたですか!!?」
「きゃっ!?」

ひとはの大声。
けれど、ますたぁは手を止めません。

「なになに、マスター、何書いてるですか?」

ひとはも、椅子に登ってきます。
ますたぁのなだらかな肩越しに、
パーソナルコンピウタアのディスプレイを覗き込みます。

「ええと――
『旧国鉄39685号機解体凍結署名へのご協力御礼と、
 お――お――』
 おねーちゃん、あの字、なんて読むですか?」

「おわび」

「おわび、お詫び!!?
 マスター、ごめんなさいってしてるですか!?」

「ええ、そう。……それが、ケジメというものです」

いけません。声が、ふるえてしまいます。

大事な、ことです。
ひとはに、きちんと伝えなく、ては。

「39685の、解体を、凍結、しようと、
 ますたぁ、の、呼びかけに、応じ、
 署名、を、おこころ、を……お寄せ、くださっ、た――」

引き締めようとするのですけれど、叶いません。
こころが、ことばが、乱れます。

「もう、これだけしか――
 できること、など――
 たった……これしか――無い、の――です――からっ」

「おねーちゃん!?」

いけません。
わたくちが泣くなど、いけません。

ひとはを――ますたぁを心配させます。

わたくちは、ますたぁを、支えるのです。

「ん――っ」

思いが、わたくちを支えます。
涙は……大丈夫。こぼれていません。


(よかった――)

わたくちがほとんど泣きそうだったと、
ますたぁには、きっと、気づかれずに済んでいます。

「おねえちゃん……」

「平気よ? ひとは。
 わたくち、すこし、ことばが つまっただけですから」

共感を、わたくちたちは有しています。

わたくちの感じた悲しみは、
ひとはにほとんど、伝わってしまっているのです。

「なぁんだ、そーだったですかぁ!
 おねーちゃんも、案外おっちょこちょいですよ!」

だからこそ、ひとはは明るく笑ってくれます。

わたくちのため、ますたぁのため。
ひとは自身の悲しみを、きっと、抑えて笑ってくれます。

「そうね、わたくち、おっちょこちょいです。
 だって、ひとはの姉なのですから」

「なのですよ! って!? おねーちゃん、ひどいですよお!」

明るく笑って、ぽかぽかぽか。
ひとはが、わたくちを かるぅくぶちます。

(ひょい)

「あ――」

「マスターですよ!!」

だっこです。

ひとはとわたくちを抱きかかえ、
いいこいいこと、ケンカするなと、撫ぜてくれます。

「えへへぇ、気持ちいいですよ!」

いいこ、いいこと、何度も、何度も。

……ますたぁご自身のおこころを、
そうすることで、慰めようとするかのように。

「えへへ……えへっ……へ」

ひとははひどく甘えます。

ぐりぐりと、ますたぁのお胸に、
顔をおもいきりすりつけて――!?

「あ」

「ふ……ぇ……うう…………ぅぅぅ〜〜っ」

「ひとは――」

緊張が、きっと解けたのでしょう。
ひとはが――泣いてしまいます。

「こんなの――
 こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そして、ますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
 おねえちゃんと、マスターと――
 たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」

「七夕様……」

たしかに、願いを託しました。

七月七日。

静態保存機、C57の見学をした、
大きな、大きな公園で――




* * *



「すごいですよ! きれいですよ!!!」

ひとは、はじめて見たですよ!

とがったはっぱのワサワサの中、
たくさんたくさん紙があるです!

赤、青、黄色、ピンクに、金色!!
それに字が書いてあるですよ!

「おねーちゃん、これなんですか!?」

「これはね? ひとは、
 『七夕かざり』というものです」

「たなばたかざり」

「七夕、という風習があるのです。
 織姫と、彦星という方々が昔いらっしゃいまして――」

……おねーちゃん、たなばたさまのことを教えてくれます。


「わおわお! ロマンチックですよ! 素敵ですよ!!
それに、お願いごとまで叶えてもらえるなんて、スゴすぎですよ!」

「叶うかどうかは、わかりません。
たくさんのたくさんの方々が、いっせいに、一夜に願いを たくすのですから」

「わぁ! そりゃそーですよ。
おりひめさんとひこぼしさん、読んでるだけで夜があけちゃうですよ」

「うふふ、確かに」

「ならなら、見てもらえるよーに、めだつよーにたんざく書くですよ!
マスターもお手伝いしてですよ!!」

「目立つように……どのような短冊にしたいのですか?」

「あのですね、まず、
おねーちゃんがおねーちゃんの たんざく書くですよ!」

「わたくちが……では――
ん…………。
うん! これが、わたくちの願いです」


――『39685が たすかりますように』――

さすが、おねーちゃんですよ!
やっぱりひとはと、おねがいおんなじだったですよ!

「そしたら、ひとは、39685のお絵描きするですよ。
マスターは炭水車をお絵描きしてですよ」

「まぁ!」

おねーちゃん、わかったみたいです。
うれしいですよ! ひとは、がんばってお絵描きするですよ!

よいしょ――かきかき――
んー……っと、除煙板、ごっついですよ――ん――うん!

「描けたですよ!!!」

「まぁ、本当にひとは器用で素晴らしいですね。
見事な39685です。ますたぁも――
うん! おみごとです。
力強くうつくしい炭水車であるかと存じます」

「そしたら、連結するですよ!」

「ええ」

へっへへー!

ひとはのたんざくが機関車。
マスターのたんざくが炭水車。
それで! おねーちゃんのたんざくがおねがいごと客車ですよ!!

「マスター、これ、たかいとこ!
 このワサワサの、いーちばん高いとこにくっつけてですよ!」

「お願いいたします、ますたぁ」

マスター、きゃたつを借りにいってくれたですよ!

「まぁ、危なっかしい。ね? ひとは」

「はいですよー!」

おねーちゃんとひとはできゃたつを支えて――

「わ――お――」

「もう少し……あ、そこです、ますたぁ!」

「ついたですよーーーーー!」

えへへへへ! たんざく列車、39685!

ワサワサの一番高いところで、
気持ちよさそーに走ってるですよ!!

「夜になったらお星様まで駆け上がって!
 だからぜっーたい! 39685は助かるですよ!!!」


* * *

「ぜったい……ぜったい――
 39685助かるって――
 お願い、叶うって……思ったですよ」

「ひとは――」

思い出が、きっと鮮やかすぎるのでしょう。
悲しみが、幾重にも折り重なるのでしょう。

ひとはに、なんと声をかければいいものか――

わたくちも……わたくちだって――
これほど、こころが痛みますのに。

「――――」
「あ」

ますたぁの囁やき。
ひとはの耳には、聞こえていないようです。

「ね? ひとは?」

わたくちが声をかけても、やっぱりひとはは無反応。
けれど、共感は確実に届いております。

「ひとつ、ひとつ。
 ひとつひとつを、大事に思い出していきましょう」

「おもい、だすって……ひぐっ――なにを、ですかぁ」

「わたくしたちのしてきたことを。
 39685を助けるために、学んだことを。
 それは、きっと――」

こくり、ひとはが頷きます。

大きく大きくかぶりをふって、
ぐしぐし、涙をふきとります。

「ひとは――がんばって思い出すですよ!!」


……けれど ひとはは、なかなか言葉を出せません。

ときおり、おもいだしたようにしゃくりあげ、
あふれそうになる涙をぬぐい――



時間が、さらさら、こぼれていきます。



「あ」

ますたぁが、部屋を出ていってしまわれます。

ひとはががくりと、うなだれます。

どう、しましょう。

なぐさめの声をかけようにも、
わたくちも……きっと、泣き声になってしまいます。

(ひとは)

小声で、試してみるけれど、
やはり、その声はひどく、ふるえています。


(ふわっ)

「え?」

ひとはが、おどろいて顔をあげます。

甘いにおい。
ココアのにおい。

「これ、溶かすやつじゃない――
 ねりねりってするココアですよぉ」

マスターのおとっときの、ココアパウダー。

それを使ってていねいに いれられたココアがみっつ、
それぞれのマグカップの中、仲良くトレーに並んでいます。


「ほぅ……」


あたたかい。あまい。おいしい。

ココアをのどに落とすと同時に、
そんな単純な幸せで、わたくちの中綿がみたされます。

「あったかくって、おいしいですよ。
 あのときと、ちょうど反対ですよ!」

うるおって、ぬくもって。
ひとはの言葉が、ようやくほころびはじめます。

「あのとき?」

「熊谷のデゴイチさんの動輪を、みんななでみがいたときですよ!!」

「ああ――」

あれは、夏の始まりでした。

D51の動輪はあまりに大きくて、古い塗装はしつこくて。
剥がすため、何度も何度もスクレイパーを動かして。

「ハンマーでがんがんがんってやって、
 ひとは、あつくてあつくてくらくらしたですよ」

「ああ、そうでした。
 うふふ、本当に反対でしたね――あの麦茶!」

「きぃんて つめたくて きゅーってして、
 からだぜんぶに広がる感じで、とーっても おいしかったですよ!」

飲み干したマグカップをトレーにもどし、ひとはの両手が、動き出します。

「それから、みよし!
 三次にいったときもおいしかったですよ!」

「まぁ、のみものの おはなしばかり」

「三次のときは食べ物ですよ! 唐揚げたくさん!
 ハンバーグもあって、ぶどうもめちゃくちゃおいしかったですよ!」

「ピオオネでしたか――
 あれは確かに、宝石のようなぶどうでした」

「46850さんとたくさんあそんで、みんなで整備体験して、
 マスター、蒸気分配弁まで分解して組み立てして!」

「そのあと、みなさまでの会食でしたね。
 いろいろなことをお話し合いになられて」

「みんなにこにこわらってたですよ!
 とっても、とーっても楽しかったですよ!」

「ああ――」

わたくしの目にも浮かびます。
耳には、さんざめく笑い声。

鮮やかな、にぎやかな、
単純労働――整備までもが、楽しい時間。


「きっと……それだけのことなのですね」

ますたぁに。ひとはに。
そうして、わたくち自身に。

とどくよう、わすれないよう、
いまの気持ちを、ことばにします。

「大切に保存される車輌のまわりには、笑顔がある。
 笑顔の中心になれるこは、みんなが大事に、保存する」

「あ」

ひとはが、ますたぁが息を飲みます。
ゆっくり――静かにうなずかれます。

「そのこを、笑顔の中心に。
 みんなが集まり、笑い合える――
 そうした環境を、もしもつくることができたなら」

「解体なんて、絶対されなくなりますよ!!
 おともだちのこと、壊すだなんてないですよ!!」

「おともだち――」

それは、とても簡単なことで。

だからこそ、とても、むつかしいこと。


「保存車両を、地域のみなさまの、おともだちに」

「わ!?」

ますたぁが急に立ち上がられます。
パアソナルコンピウタアを立ち上げて、キイボオドを叩きはじめます。

「マスター、またおわび文ですか?」

「いいえ、ちがいます。ちがいますよ、ひとは」

ますたぁが何をお書きになるか、わたくちにはまだ、わかりません。

けれどもひとつ。
たったひとつは、確かなこととわかります。

「ますたぁがお書きになっているのは、
 きっと、みなさまにつたえるための文章です」

「つたえる――なにをですか?」

「ひとはのねがい、わたくちのねがい。
 そうしてきっと、ますたぁご自身のものでもある――ねがい」

保存車両を、地域のみなさまのおともだちに。

そうするために、そうなるために、
していけることを、探すため――

「あ!」

ひとはの声。
つられてみれば、ディスプレイには、短い文字列。

「『物語』って書いてあるですよ!」

それは、タイトル。

ねがいを、どなたかに届けるための。
きっと叶えていくための、一番最初の――物語の。


―― 「ぬいハチ物語」 (仮) ――




;おしまい

******************************



出来ました!!!!


んでもって、修正しながらとったメモは以下となります。




******************************

+タイトル、著者名がなかったので書き足した


+

前)

「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

後)

「あっ」

苦しげな息。
あわてておさえる手をゆるめれば、
ひとはは、泣きそうな声で問うてきます。

→「ああ」だと、ぬいハチロクが冷淡に見える。
 修正前は「声」「声」なので綺麗じゃない。
 


+「どうして、おねーちゃん止めるですか?
 からはじまるひとはのセリフ、
 改行位置を修正し、読みやすく、意味を取りやすいように



+

前)
解体される、39685に


後)
解体される39685に


→読点が意味を切ってしまっていたので、除去。



+
前)
今すぐかけよって、

後)
今すぐかけより



今すぐかけよって、

よりも

今すぐかけより

の方が、声に出したとき言いやすい(リズムが出る)ので。


本当は表記も

今すぐ駆け寄り

と直した方がいいが、
ぬいハチロクのキャラクター的に
「駆け寄る」を漢字にはしたくなかった


+ そのあと

***

静態保存機であるあなたの価値が――
歴史を、文化を、ずっと繋いできてくれたレールが――
壊されてしまう無念さを、嘆けばどれほど救われるでしょう。

***

を挿入

→「何故、解体をいやがっているのか」を、
きちんと読んでくださる方に説明するため。
「動機」がわからない行動に共感できる方は、少ないので。、
+ 

前)
全ての妹たちの規範となるべき、
8620形8620の、トップナンバー・ぬいレイルロオドです。


後)
全ての妹たちの規範となるべき、
ぬい鉄蒸気機関車、8620形8620号機の、
トップナンバー・ぬいレイルロオドです。

→8620形8620の意味がわからない読者さんもいるかも、
と感じたので、補強修正。

なお
「ぬい鉄がいかなる組織か」
「ぬいレイルロオドとはなにか」などは
「この話の本筋にはまったく関係してこない」
ので、触れない。



+
「過ぎてしまった過去より、未来を」

を、削除

→読んでると浮いてしまって、リズム狂うので


+

前)
「同じ悲劇を繰り返さぬため、何ができるか――
そうするためにますたぁをお手伝いして支えることが、
わたくちの、今すべきことと信じます。
ですので、泣いている余裕など、ないのです」

後)

「同じ悲劇を繰り返さぬために、できる何かを。
 きっと探して行うことが、ますたぁをお助けする手段だと……
 わたくちの、今すべきことだと、信じます。
 ですので――」

言葉で、迷いを断ち切ります。


「わたくちには、泣いている余裕などないのです」

→日本語いまいちだったので、直し。
(だらっとしてしまって意味がとりづらい文は、
 「細かく分ける」「間をとる」と、
 直しやすいかと思います)
 


+ ぬいハチロクの心情(地の文)を、
 キャラクターあわせで、ひらがなに開く


+ 

わたくちもまた、新幹線バッグへと入ります。

のあと、
時間経過と場面転換をわかりやすくするため、
区切り

* * *

を挿入



+ 

おやつの棚から塊炭飴をとりだして、
ひとはにひとつ、いっとう大きなものを差し出します。

のあと

「塊炭飴ってなにさ」

という方がいる気がしたので、
「石炭にそっくりな飴」ということを説明すべく


***


「わぁぁ! これ、めちゃくちゃ石炭にそっくりですよぉ」

その漆黒を、てのうえでしばしころがして――
ひとはが、ふっと顔をあげます。

***

を挿入。



+

前)

そうと思って、持ちこたえます。
……涙は、こぼさずすみました。


後)
思いが、わたくちを支えます。
涙は……大丈夫。こぼれていません。


→「そう」とか「それ」とかは
 他の言葉に簡単になおせるのであれば、
 直した方がいいので。



+

前)
七月七日。
大きな、大きな公園で――


後)
七月七日。

静態保存機、C57の見学をした、
大きな、大きな公園で――


→「何故いったのか」が明記されてないと、
ご都合主義の(都合のいい回想をいれるための)
とってつけエピソードに見えてしまう気がしたので



+
前)
よいしょ――よいしょ。

後)
よいしょ――かきかき――
んー……っと、除煙板、ごっついですよ――ん――うん!


→ディテールを書いたほうが
「いっしょうけんめいお絵描きしてる」感が出るので



+
前)

ますたぁが、囁かれます。
ひとはには、けれどとどいていないようです。

「ね? ひとは?」

ひとはの反応はありません。
けれど、言葉も、そして共感も届いております。



後)

ますたぁの囁やき。
ひとはの耳には、聞こえていないようです。

「ね? ひとは?」

わたくちが声をかけても、やっぱりひとはは無反応。
けれど、共感は確実に届いております。



→「けれど」「けれど」が不細工なので修正。



+
前)
動輪はあまりに大きくて、古い塗装はしつこくて。
剥がすため、何度も何度もスクレイパーを動かして。


後)
D51の動輪はあまりに大きくて、古い塗装はしつこくて。
剥がすため、何度も何度もスクレイパーを動かして。

→デゴイチって何??? という方がいるかもなので

(その前までに 「静態保存機 C57」等で説明あるので、
D51までかくだけで、「これも静態保存の蒸気機関車なのだな」
と想像してもらえることと期待)」




+
前)

「きぃんて つめたくて きゅーってして、
かわいてるのが戻る感じで、とーっても おいしかったですよ!」


後)

「きぃんて つめたくて きゅーってして、
 からだぜんぶに広がる感じで、とーっても おいしかったですよ!」

→その直後にも「戻る」があるので、重複する印象を回避


+
前)
「それから、三次にいったときもおいしかったですよ!」


後)
「それから、みよし!
 三次にいったときもおいしかったですよ!」


→「三次の読みがみよし」とは知らないと絶対に無理。
とは思うのだが、ルビもふれないので、
ひとはにくりかえさせることで説明




+
前)

そうでした。

わたくしの目にも、浮かびます。
耳には、笑い声が思い出されます。


後)

わたくしの目にも浮かびます。
耳には、さんざめく笑い声。

鮮やかな、にぎやかな、
単純労働――整備までもが、楽しい時間。



→もったりしてるわりには薄いので、
スッキリさせつつディテールを増強。



+
前)
「大切に保存されるこのまわりには、笑顔がある。
笑顔の中心になれるこは、みんなが大事に、保存する」


後)

「大切に保存される車輌のまわりには、笑顔がある。
 笑顔の中心になれるこは、みんなが大事に、保存する」

こ=静態保存の蒸気機関車、と一目での理解は多分無理なので、
一回目を「機体」とすることで説明強化




******************************


修正は、パズルみたいなものです。

普通のパズルと違うのは

「自分で、ピース(=文章)を、
 自由に変形できること」


変形させて、一番「見やすい・読みやすい・伝えやすい」
形にもっていくことができれば、
それで修正、完了です!!


完全に直しきることはきっと永遠にできないので、
(なぜって、著者自身の好みも時々刻々で変わるから)
ある程度のとこでスパッと見切って完成させて!
作品をどどん! と公開しましょう!!!

お話を組んで。

書いて。

直して。

公開する。


そのための一番簡単(だけ重要)なとこ、
少しでもお伝えできますように、
わたくしも、わたくしなりのベストは尽くしました!


ので、スパッと見切って、
「ぬいハチ物語の書き方」も、ここで完成といたします!


お読みくださり、まことにありがとうございました!!


どうぞ素敵なご執筆を!!
posted by 進行豹 at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月26日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その12:物語を結ぼう!〜

さて。

前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177804954.html

までで、
「書き方」の基本的なとこはご説明終わってます。


が、書けば書くほど、
「あー、ここもご説明しなきゃ」
と思うのがこのテのものの怖いところで。

それを延々やってしまうと、
いつまでたっても終わらないというハメに陥ってしまいます。

ので、

今回「物語を結ぼう」。
次回「ブラッシュアップで仕上げよう!」

の、残り二回で、「ぬいハチ物語の書き方」きっちり結ぼうと思っております。


のですが――「これだけはご説明しとかねば!」ということを積み残してると、
プレイヤーさんの「ぬいハチ物語」拝読してて(ありがとうございます!)気付きましたので、
まずはそこ、ざざざといかせていただきます。


今回の「これだけはご説明しとかねば!」は

『行動(動作)で描写する』ということです。


例えば、めっちゃ悔しいシーンがあるとします。

それを、心理だけで描写してみましょう、


*************************

ますたぁの動きが止まります。
その目が、一点に注がれています。

―― 解体工事日程 ――

看板にかかれている文字は、
すぐには、意味になりません。

「わ……解体……決まっちゃったですかぁ」

ひとはの、どこか呆けたような声が聞こえます。

解体、決定。

39685が解体される――
その形が、歴史が、永遠に失われてしまう。

……ああ、なんと。
なんと、口惜しいことでしょう。

*************************


では、これに行動(動作)を交えて描写します。


*************************

(ガンっ!!!!)

「!!!? ますたぁ!?」

ますたぁが、何かを――
ああ、わたくちのますたぁが。
あの温和な方が――殴っています。立て看板を。

「ますたぁ、おやめください!
何があったか存じませんが、
立て看板に、決して罪はございません!」

ますたぁが、ハッと息を飲みます。
飲まれた息が、ぎりぎりと――歯ぎしりの音に代わります。

「わ……解体……決まっちゃったですかぁ」

―― 解体工事日程 ――

立て看板に書かれた文字を、
その声で、わたくちもようやく、とらえます。

ぽふん。

軽い、音。
瞳を向ければ、ひとはがしゃがみこんでしまっています。

「ひとは……お尻がよごれますよ?」

手を、差し伸べます。
その手が、ぐにゃりと歪みます。

「おねえちゃん……おねえちゃん、ないたら――
ひとはも――がまん、できないですよぉ」

「ふっ――くっ――」

泣いて、泣いてなぞ、おりませぬ。
泣いたら、認めたことになります。
諦めてしまうことになります。

36985が、この世界から失われる。
そのようなこと、泣いて――認めるなどできません。

*************************

いかがでしょうか?

前者と比べ、
「動作」を交えた後者は、
随分と感情が濃密に伝わってくるのではないかと思います。

行動。仕草。息遣い。
あるいは温度。匂い。てざわり。

『思考』が示し得ぬ情報を、行動・動作は示すことができます。

こうした情報――体感――の描写は、
そのシーンに臨場感を与え、
また、読み手の共感を促すこともできるでしょう。


『ぬいハチ物語』は、その性質上、

「想像だけで描かれることが少ない。
 マスターとぬいハチちゃんとで行ってきた場所、
 経験してきたことがベースになって描かれる」

――そうした物語であるケースが多いかと想像します。


ので、せっかくのその体験を活かしましょう。

「思考」だけで物語をすすめるのではなく、
そのときに感じた手触りを、嗅いだ匂いを、
あるいは失敗の痛みさえをも、そのまま文字に落としましょう。

できるかぎりに細部まで、しつこく追って、描写しましょう。

そうすることで、あなたの「ぬいハチ物語」は、必ずや、体温を持って脈動するものとなります。

(のでので、もしお気がむいたら、 今まで書いてきた部分をみなおし、
「行動に置き換えられる描写」がないかを探してみて、実際に置き換えてみてください!)



で。

今回、わたくしは
わたくしの「ぬいハチ物語」(仮)を結びます。

ので、今かけてるとこからラストまでのストーリーラインを確認しましょう。


******************************


A「おもいだしてみましょう。
39685のためにわたくちたちががんばったこと。
それはきっと――
39685がわたくちたちに、伝え・遺してくれたことでもあるのですから」



B「
「がんばったこと――
整備の勉強しに、くまがやにいったですよ!」

「そうですね、D51 140号機さんの整備のお手伝いにいきましたね」

「動輪ピカピカにするの、楽しかったですよー!」

D51 140の、48650の整備体験について話すうち、
ひとは、どんどん元気を取り戻し、にこにこ笑顔になっていく。

「おねーちゃんもマスターもまっくろになって、
みんなでわいわい整備して、とーっても楽しかったですよ!」

「ああ」

その言葉にぬいハチロク気づく

「そうですね。本当に――楽しかった」




C「ぬいハチロク、マスターの丸まっている背中を叩く。

「笑ってください。ますたぁ」

「静態保存をされ続けるこ。
レールを、つないでもらえるこ。
そうしたこたちは、いつだって、
みんなの笑顔の中にあります」

「ですから、ますたぁ。笑ってください。
いま泣いているこのところに、
きっと、笑顔を届けて、ひろげてあげてください」

「ますたぁにはそれができると。
他のどなたが信じなくとも、
わたくしは、必ず、信じつづけます」

「ひとはもですよー!」

ますたぁ、うなずき、背筋を伸ばす。

PCを立ち上げ、なにかを書き始める。

「おねーちゃん、あれ、なんですか?
 ますたぁ、なに書いてるですか?」

「わたくちにもわかりません。
 けれども、きっと――
 レールをつなぐ、そのための物語です」


******************************


A までが書いてある部分ですね。

で、今日は、
B、Cを書くわけです。


この際、注意するところはただ一点

『C(ラストシーン)を明確にして、
 B(ラストシーン前)を、そこにつなげるように書く』

のみです。



物語では、ラストシーン――オチ、結び方――が、
『ファーストシーンの次』に重要となります。

ファーストシーンが最重要なのは、
「そこがしょぼいと続きを読んでもらえないから」。

どんなに素晴らしいラストシーンが待っていようと、
ファーストシーンで「つまんなそう」と投げられてしまえば、
完全な無意味となってしまうからです。

逆にいえば、
「それほど重要なファーストシーンと比較されるほど、ラストシーンは重要」です。


うっかりやってしまいがちなパターンとして、

「最初から順番に書いていって、
 書くこと全部かいたから、おしまいにする」

というのがあります。

これも、正しいは正しいです。

正しいは正しいのですが――もったいないです!!!

ラストシーンがぼんやりしてると、
今まで読んできたお話全部が、ぼんやりします。


のでので、
ラストシーンは

『そのお話のテーマ(何を書きたかったのか)を思い出す』

『そのテーマを、誰に伝えたいのかを、いまいちど考える』

『そしたら、
 そのターゲット(伝えたい相手) に突き刺すことだけを考えて、
 ラストシーン。 ラストの一行。 物語の結び方を考える』

という順番で作ってみることをおすすめします。


やってみましょう。

わたくしの場合は

******************************
<<何を書きたいか>>

「『静態保存機の現状について書きたい』ので、
 『静態保存機の現状改善を目指す、ぬいハチロクの成長物語』」にする。』
******************************

というテーマで書き始めました。


ですので、ターゲットは
「静態保存に興味を保つ方」
・・・と思ってしまいそうですが、

この、「ぬいハチ物語」(仮)は、
「ぬいハチ物語を書いてみたい人」のために書いております、
「ぬいハチ物語の書き方」の一部――
つまりは、ターゲットもそうした方々――
となりますので、そこをしっかりと思い出します。


その人達に刺さる。
こころに残る、印象に残していただける可能性が高そうなラスト一行――


・・・・・・うん。
まぁ、これでいけるのではないか、というのが思いつきました。

(どんなのを どんな思考方法でが思いついたかは、一番ラストにご説明申し上げます)


と、いうところまで説明しおえて、
本日のワークです。


*******************
【ワーク】

+ あなたが書いている「ぬいハチ物語」のラストシーンを

「どんなテーマでかいているか」
「そのテーマを伝えたい相手は誰か」
「どうやったらその相手のこころに残るか」

――を考えながら、決めてみましょう。

 決まったら、そこに上手につなげることを意識して、ラストシーン前を書いてみましょう。

 できることなら、ラストシーン前までをもつなげてしまい、物語を結んでしまいましょう。 

********************



と、いうことで、
わたくしもそのように、ラストシーンまで書ききって、
「ぬいハチ物語」(仮)を結びますね!

参ります!!


******************************


「ひとつ、ひとつ。
ひとつひとつを、大事に思い出していきましょう」

「おもい、だすって……ひぐっ――なにを、ですかぁ」

「わたくしたちのしてきたことを。
39685を助けるために、学んだことを。
それは、きっと――」

こくり、ひとはが頷きます。

大きく大きくかぶりをふって、
ぐしぐし、涙をふきとります。

「ひとは――がんばって思い出すですよ!!」

……けれど、ひとはは、なかなか言葉を出せません。

ときおり、おもいだしたようにしゃくりあげ、
あふれそうになる涙をぬぐい――

時間が、さらさら、こぼれていきます。

「あ」

ますたぁが、部屋を出ていってしまわれます。

ひとはががくりと、うなだれます。

どう、しましょう。

なぐさめの声をかけようにも、
わたくちも・・・きっと、泣き声になってしまいます。

(ひとは)

小声で、試してみるけれど、
やはり、その声はひどく、ふるえています。


(ふわっ)

「え?」

ひとはが、おどろいて顔をあげます。

甘いにおい。
ココアのにおい。

「これ、溶かすやつじゃない――
ねりねりってするココアですよぉ」

マスターのおとっときの、ココアパウダー。

それを使ってていねいに いれられたココアがみっつ、
それぞれのマグカップの中、仲良くトレーに並んでいます。

「ほぅ……」

あたたかい。あまい。おいしい。

ココアをのどに落とすと同時に、
そんな単純な幸せで、わたくちの中綿がみたされます。

「あったかくって、おいしいですよ。
あのときと、ちょうど反対ですよ!」

うるおって、ぬくもって。
ひとはの言葉が、ようやくほころびはじめます。

「あのとき?」

「熊谷のデゴイチさんの動輪を、みんななでみがいたときですよ!!」

「ああ――」

あれは、夏の始まりでした。

動輪はあまりに大きくて、古い塗装はしつこくて。
剥がすため、何度も何度もスクレイパーを動かして。

「ハンマーでがんがんがんってやって、
ひとは、あつくてあつくてくらくらしたですよ」

「ああ、そうでした。
うふふ、本当に反対でしたね――あの麦茶!」

「きぃんてつめたくてきゅーってして、
かわいてるのがもどる感じで、おいしかったですよ!」

飲み干したマグをトレーに戻し、ひとはの両手が、動き出します。

「それから、三次にいったときもおいしかったですよ!」

「まぁ、飲み物のおはなしばかり」

「三次のときは食べ物ですよ! 唐揚げたくさん!
ハンバーグもあって、ぶどうもめちゃくちゃおいしかったですよ!」

「ああ、ピオオネでしたか――
あれは確かに、宝石のようなぶどうでしたね」

「46850さんとたくさんあそんで、みんなで整備体験して、
マスター、蒸気分配弁まで分解して組み立てして!」

「そのあと、みなさまでの会食でしたね。
いろいろなことをお話し合いになられて」

「みんなにこにこわらってたですよ!
とっても、とーっても楽しかったですよ!」

「ああ――」

そうでした。

わたくしの目にも、浮かびます。
耳には、笑い声が思い出されます。

「きっと……それだけのことなのですね」

ますたぁに。ひとはに。
そうして、わたくち自身に。

とどくよう、わすれないよう、
いまの気持ちを、ことばにします。

「大切に保存されるこのまわりには、笑顔がある。
笑顔の中心になれるこは、みんなが大事に、保存する」

「あ」

ひとはが、ますたぁが息を飲みます。
ゆっくり――静かにうなずかれます。

「そのこを、笑顔の中心に。
みんなが集まり、笑い合える――
そうした環境を、もしもつくることができたなら」

「解体なんて、絶対されなくなりますよ!!
おともだちのこと、こわすだなんてないですよ!!」

「おともだち――」

それは、とても簡単なことで。
だからこそ、とても、むつかしいこと。

「保存車両を、地域のみなさまの、おともだちに」

「わ!?」

ますたぁが急に立ち上がられます。
パアソナルコンピウタアを立ち上げて、キイボオドを叩きはじめます。

「マスター、またおわび文ですか?」

「いいえ、ちがいます。ちがいますよ、ひとは」

ますたぁが何をお書きになるか、わたくちにはまだ、わかりません。

けれどもひとつ。
たったひとつは、確かなこととわかります。

「ますたぁがお書きになっているのは、
きっと、みなさまにつたえるための文章です」

「つたえる――なにをですか?」

「ひとはのねがい、わたくちのねがい。
そうしてきっと、ますたぁご自身のものでもある――ねがい」

保存車両を、地域のみなさまのおともだちに。

そうするために、そうなるために、
していけることを、探すため――

「あ!」

ひとはの声。
つられてみれば、ディスプレイには、短い文字列。

「『物語』って書いてあるですよ!」

それは、タイトル。

ねがいを、どなたかに届けるための。
きっと叶えていくための、一番最初の――物語の。


―― 「ぬいハチ物語」 (仮) ――




;おしまい





******************************

結びました!


自作解説はほんっとにまったく、心の底から好きではないのですが
(なぜって、読んでくださる方の誤読の自由を極端に縛ってしまうから)
今回ばかりは「書き方」ということでございますので、
ラスト一行、どう決めたのかをご説明申し上げます。


まず、テーマは

「『静態保存機の現状について書きたい』ので、
 『静態保存機の現状改善を目指す、ぬいハチロクの成長物語』」にする。』

でした。


で、対象読者さんが
「ぬいハチ物語を書いてみたいひと」


――これは、この時点でミスマッチです。

(テーマに対し、対象読者が「静態保存機に興味がある人」なら、ベストマッチです)


ミスマッチである以上、すりあわせなければなりません。


ので、

”「ぬいハチ物語を書いてみたい人」の興味がどこにあるか”

を、あらためて考えます。

これはもちろん
「物語の書き方」であり
それは「物語がどう書かれるか」であるとも、言い換えられます。

ここまで気づけば、あとは簡単です。


「『静態保存機の現状について書きたい』ので、
 『静態保存機の現状改善を目指す、ぬいハチロクの成長物語』」』

の着地点は

「静態保存機の現状に対しての改善案を、
ぬいハチロクが、ぬいハチロクの気付きとして思いつく」

ことです。

このラストエピソードを、

「物語がどうかかれるか」

に結びつければいいわけですから――


『ぬいハチロクの気づきをもとに、ますたぁが物語を書き始める』

というラストシーンが、好適であるように思います。

ので、「ぬいハチ物語」(仮)という、
ここまでわたくしが書き続けてきた物語のタイトルを、
そのままラスト一行にもってくる。

・・・という風に、わたくしは考えました次第です。

少しでもご参考になりましたらうれしいです!


と、いうとこまでで、
「ぬいハチ物語」(仮)
はひとまず書き上がりました。

しかし「ひとまず描き上がったもの」は『完成原稿』ではございません。
所詮、「初稿」にすぎないのです。

初稿には、穴もミスも、恐らくたくさんございます。

ですので、次回、
「ブラッシュアップで仕上げよう」で、
初稿を完成稿にともっていき、この「書き方」を結んでしまおうと思います!

ご期待ください!!
posted by 進行豹 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月25日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その11:回想シーンはむつかしい!!〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177782937.html

までで、
「書き方」のかなりの部分はお伝えできたかと思います。


ですので、
あとはもう、書いていって、ラストを綴じれば、おしまい
――なことに変わりありません。


のですが、
「ここをご説明しとかないと危ないかも」
と思う点がひとつございますので、
本日は、
「回想シーン」
についてご説明申し上げます。



わたくしの「ぬいハチ物語」(仮)は、
現在、シーン2(プラスちょっと)まで書き終わっております。


(プラスちょっと)とは何か。

まずはこの辺、実例でご説明申しあげます。




****************************
<<ストーリーラインでのシーン2からシーン3>>

2:
「新幹線バッグ開かれる。
おうち。
ますたぁは帰宅するやいなやでPCを立ち上げる。
「おねーちゃん。マスター、なにやってるですか?」
「これは……署名サイトですね。
39685の解体阻止をお手伝いするため、
ますたぁが、お立ち上げになった署名の――」
「マスター、お詫び文書いてるですよ!」


3:

「その打ちひしがれた様子に
『おねーちゃんとたばなたさまにお願いしたのに!』
とわめくひとは。
ぬいハチロクはたなばたの日のことを思い出す。



<<実際に書いたシーン2の結び>>


「ふ……ぇ……うう…………ぅぅぅ〜〜っ」
「ひとは――」

緊張が、きっと解けたのでしょう。
ひとはが――泣いてしまいます。

「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」


**************************


――

ストーリーラインだと。
「お詫び文章を書いているとこ」
で終わってるのですが、
実際に書いたものは
「お詫び文章書いてるのを見る」

「ひとは、泣き出す」

「たなばたさまへの不満
(という形で、やりきれない感情が)爆発」

というとこまでいってます。


これはなぜか?

『ヒキ』

を考えたからです。


どんなに長い物語も、
こまかくわければ
1シーンごと、1エピソードごとの集合体です。

1シーンが終わったとき。
1エピソードが終わった時。

読んでくださってる方は、
集中して読んでくださってれば読んでくださってるほど、

「ほ」

と一息をつきます。

コーヒーをいれにいったりするかもしれません。

それはつまり、

『その瞬間は、
【続きを読んでもらえなくなる瞬間】
であるかもしれない』

ことを意味してもいます。


さほど集中してなく(≒おもしろくなく)読んでいて、
まぁ読み終えたときに続きを読むかどうか。

そのタイミングに、
例えばネットをはじめちゃったりテレビをつけたり、
友達が来ておもしろそうなマンガを貸してくれたりすると――
――もう相当に危ういです。

誰にとっても時間は有限ですので、
『続きを読む』より
魅力的ななにかに出会ってしまえば、
『続き』は永遠に読んでもらえなくなる可能性があります。


ならば、どうするか?

そのための工夫が、『ヒキ』です。


『ヒキ』とは一番単純にいってしまえば、

『続きが気になるとこでシーンを終わること』です。

次のシーンまでシーンを引っ張る、
そうすることで興味を引っ張るから『ヒキ』ですね。


例えば、

主人公に向かって拳銃の引き金が引かれる

(パンっ!)
「!!?」

などは、よいヒキです。

続きが気になるので、
早く読んでしまいたくなります。


かたや

ポテトチップスを食べ終わった主人公が
ベッドにねころがり、
「やることねーなー 寝よ寝よ」

といって寝てしまってシーン終わり。

などは、わくしの感覚ですと、
イマイチなヒキに思えます。

「寝て起きたあとへの期待」が、
まったくもって持てないからです。


このシーンは、ですので、例えば

「やることねーなー……
けど、明日は!」

といって、目覚まし時計と、スマホと腕時計、
合計みっつのタイマーをセットして、ふとんに潜って

「おおお、楽しみすぎて眠れない!!」

とかじたばたやる → 暗転(寝たことの表現)

――などという感じのシーンおわりにすれば、
「明日何があるの??」
という期待ももってもらえるので、さっきよりはよいヒキとなります。


つまり

『ヒキ』とは

【読み手になんらかの、
“続きを読まないと解消されない疑問”をあたえて、
 シーンを結ぶ】

ことです。

ラストシーン以外のすべてのシーン終わりでは、
かならず「ヒキ」を意識しましょう。

それだけで、最後まで読んでもらえる可能性は跳ね上がります。

(なお、ラストシーンではヒいてはダメです。
結びましょう。

ラストシーンにヒキがある=疑問解消されない部分が残る、と、
基本的にはその作品への満足度はダダ下がりすると思ってください)



*****************

さてさて。

わたくしの 「ぬいハチ物語」では、
前記のような形でヒイた感じのところを受けて、
すぐに、回想に入るストーリーラインです。

シーン3、シーン4のストーリーラインを再確認しましょう。

*****************

+シーン3
「その打ちひしがれた様子に
『おねーちゃんとたばなたさまにお願いしたのに!』
とわめくひとは。
ぬいハチロクはたなばたの日のことを思い出す。


+回想シーン(シーン3.5)
(回想)

無邪気なひとはの願い。
レールをつなげていきたいとのますたぁの願い。
それを見ながら、託したぬいハチロク自身の願い。

「39685が たすかりますように」

(回想終わり)

+シーン4
「おねーちゃん、だいじょうぶですか?」


と心配そうなひとはの声。
ぬいハチロク、自分の悲しさを抑え、
ひとはに話しかける」
「おもいだしてみましょう。
39685のためにわたくちたちががんばったこと。
それはきっと――
39685がわたくちたちに、伝え・遺してくれたことでもあるのですから」




*****************

回想シーン。

時系列を飛ばしてエピソードを扱えるので、
非常にラクに思えます。

が、逆からいえばそれは

『シーンの(時間的な)連続性を切っている』

ということにご注意ください。


つまり、回想のイリと終わりでも、
読み手の一息は発生し。

そこで「続く読まれなくなってしまう」
危険性が高いのです。

まして、シーンの連続性を切っているので、
ひといきの度合いも強く、
続きを読んでもらえない危険性はひときわに高まります。



さらに、
「時間系が飛ぶ」ということも、読み手の混乱の要因になってしまうので、
そこでも、続きを読んでもらえない危険性は跳ねあがります。

「ほ」と一息ついたとき。
「ん?」と混乱させてしまったとき。

その瞬間、読み手と作品世界とは離れています。

シーンつなぎ、回想の扱い。

そうした全てには、
『その距離をできるだけ小さくする』
ための工夫が必要であると、
できれば意識してみてください。


では、
「どうすれば離れる距離を小さくできるか」

この辺、めっちゃ難しいのですけど、
わたくしの感覚ですと

「回想が回想であると、明白にする」
(≒『ん?』という混乱の発生を最小限にする)

のが、まぁ、ベターかなぁ、と思っております。


最悪なのが、
「回想だと気づかず読み進み、
『ん?』となって読み戻って、
ああ、回想なのか、と気づく」
ようなパターンだとわたくしは思いますので、
それだけは、最低限防ぐようにと工夫します。


その工夫は、例えば
『視点を変える』ことです。

やってみますね。


*****************

<<視点を変えないで入る回想>>


「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」

「七夕様……」

たしかに、願いを託しました。

七月七日。
大きな、大きな公園で――


***

「わぁ! おねーちゃん、これなんですかぁ!」

ひとはが笹を見上げます。

起動したばかりのひとはには、
世界の全てが、珍しくて仕方ないのでしょう。


――――――

でもって、

<<視点を変えて入る回想>>

「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」

「七夕様……」

たしかに、願いを託しました。

七月七日。
大きな、大きな公園で――


***

「わぁ! おねーちゃん、これなんですかぁ!」

すごいです! ひとは、はじめて見るですよ!

赤とか黄色とかの紙が、
とがったはっぱのわさわさに、たくさんたくさんくっついてるですよ!


*****************

正直、一長一短かとも思うのです。

前者は
「すんなり読めるけど、
時間が移動してることを読み飛ばしてしまいやすい
(あとで「ん?」となる可能性が高い)」


後者は
「一瞬「ん?」となるけど、
そこで、『ああ、回想か』とわかってもらえる」


――特に、この例文は
「書き方」の中=非常に注意深く読んでいただけてる可能性が高いので

「前者でよくない?」と思われてしまいがちな気がします。


実は、この辺の判断は
「誰によんでほしいか」によって左右されるものです。


わたくしは、
(この、「書き方」ひとつをとっても)
『できるだけ広くの人に読んでいただきたい』
と思いますので、
「ぬいハチマスターたちに向ける」
と同時に
「そうでない方のことも多少は想定」しています。

ので、
「全員が一瞬つっかかるが、
 まず読み戻りは発生しないであろう後者」
の方が、好適であるかと判断します。


もちろん、読み手の集中力に期待できるのであれば、前者もありです。


もう少し広く説明しましょう。

ここでわたくしがご説明したいのは、
『回想シーンはこう書けばいい』という方法論ではございません。
(残念ながら、わたくしがそれを知りません)


1:かように回想シーンは難しいので、
  くれぐれも多用はしないように

2:その上で、回想シーンを扱うときには、
 『そこが読み手と物語の距離を話してしまう危険箇所』
 であることを意識し、注意・対策しよう

3:作劇・執筆もまた
 「何かを取ればなにかを手放す」
  であることを意識しよう。

  その上で、
  「取捨選択の基準」を
  「誰(どの層、範囲のひとたち)に読んでほしいか」に定めよう


――というあたりのことでございます。



現に、いま、この「ぬいハチ物語の書き方」は、
当初の想定読者であった、
『とにかくぬいハチ物語をかいてみたい!』
という方から、かなり離れてきている内容になっております。(すみません)

それは、書いてきたことで必要性が生じてきた
「実際にぬいハチ物語を書き進んでくださってる方が、
落とし穴に落ち、続くを書けなくなることを予防する」ための内容が、

当初の執筆目標
「ぬいハチ物語をとにかくかいてみたい! という方のサポートする」
ための内容より見比べたときに、
「複雑になってきてしまっている」ためです。

(なお、シンプルな構造のものがたりは
【その8:とにかく本文をかきはじめよう】までのノウハウで書けるかと思います。

ので、「別に回想とか僕のぬいハチ物語では扱わないんだけど……」という方におかれましては、
【ラストシーンを結ぼう】のとこまで 読み飛ばすなりしていただいても全く問題ございません
こと、あらためてお伝え申し上げます)


結果、
「ここまでむつかしくなるとついていけない!」
となってしまい、
『続きを読むのをやめてしまった』方も、少なからずいらっしゃるかもしれません。


そうであっても、わたくしは
「実際書き進んでいる方が、回想でひっかかって投げてしまうのは防ぎたい」と思いますので、
そこも覚悟の上で、比較的複雑な内容まで、踏み込んできているわけです。

「なにかをとれば、なにかをてばなす」

――それはどうしようもないことなので、
迷ったら、
『誰に一番伝えたいか』
を、モノサシにしてみると、きっと、いいです。



ここで、今日のワークです。


********************
【ワーク】

+ あなたが書いている「ぬいハチ物語」に
 (回想シーン)があるならば、
 それが「回想シーンだとすぐにわかるか」
 を確認し、ダメなら改善してみましょう。

 (回想シーンが無い)のなら、
 いままでのシーンエンドの部分が
 「ヒキ」になってるかを確認しましょう。

 ヒキがあまりに弱い場合は、
 できることならば改善してみましょう。


********************




と、いうわけで、
「回想シーンの扱い」「ヒキ」がどうか
に気をつけながら、
わたくしも、わたくしの
「ぬいハチ物語」(仮)の
ブラッシュアップ&続き執筆、がんばってみます!


****************************


ひとはが――泣いてしまいます。

「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」

「七夕様……」

たしかに、願いを託しました。

七月七日。
大きな、大きな公園で――

* * *

「すごいですよ! きれいですよ!!!」

ひとは、はじめて見たですよ!

とがったはっぱのワサワサの中、
たくさんたくさん紙があるです!

赤、青、黄色、ピンクに、金色!!
それに字が書いてあるですよ!

「おねーちゃん、これなんですか!?」

「これはね? ひとは、
 『七夕飾り』というものです」

「たなばたかざり」

「七夕、という風習があるのです。
 織姫と、彦星という方々が昔いらっしゃいまして――」

・・・おねーちゃん、たなばたさまのことを教えてくれます。


「わおわお! ロマンチックですよ! 素敵ですよ!!
それに、お願いごとまで叶えてもらえるなんて、スゴすぎですよ!」

「叶うかどうかは、わかりません。
たくさんのたくさんの方々が、いっせいに、一夜に願いを託すのですから」

「わ、そりゃそーですよ。
おりひめさんとひこぼしさん、読んでるだけで夜があけちゃうですよ」

「うふふ、確かに」

「ならなら、見てもらえるよーに、めだつよーにたんざく書くですよ!
マスターもお手伝いしてですよ!!」

「目立つように……どのような短冊にしたいのですか?」

「あのですね、まず、おねーちゃんがおねーちゃんの
たんざく書くですよ!」

「わたくちが……では――
ん…………。――うん、これが、わたくちの願いです」

『39685が たすかりますように』

さすが、おねーちゃんですよ!
やっぱりひとはと、おねがいおんなじだったですよ!

「そしたら、ひとは、39685のお絵描きするですよ。
マスターは炭水車をお絵描きしてですよ」

「まぁ!」

おねーちゃん、わかったみたいです。
うれしいですよ! ひとは、がんばってお絵描きするですよ!

よいしょ――よいしょ!

「描けたですよ!!!」

「まぁ、本当にひとは器用で素晴らしいですね。
見事な39685です。ますたぁも――
うん! おみごとです。
力強くうつくしい炭水車であるかと存じます」

「そしたら、連結するですよ!」

「ええ」

へっへへー、
ひとはのたんざくが機関車。
マスターのたんざくが炭水車。
それで! おねーちゃんのたんざくがおねがいごと客車ですよ!

「マスター、これ、たかいとこ!
このワサワサの、いーちばん高いとこにくっつけてですよ!」

「お願いいたします、ますたぁ」

マスター、きゃたつを借りにいってくれたですよ!

「まぁ、危なっかしい。ね? ひとは」

「はいですよー!」

おねーちゃんとひとはできゃたつを支えて――

「わ――お――」

「もう少し……あ、そこです、ますたぁ!」

「ついたですよーーーーー!」

えへへへへ! たんざく列車、39685!
ワサワサの一番高いところで、
気持ちよさそーに走ってるですよ!!

「夜になったらお星様まで駆け上がって!
だからぜっーたい! 39685は助かるですよ!!!」


* * *

「ぜったい……ぜったい――
39685助かるって――
お願い、叶うって……思ったですよ」

「ひとは――」

思い出が、きっと鮮やかすぎるのでしょう。
悲しみが、幾重にも折り重なるのでしょう。

ひとはに、なんと声をかければいいものか――
わたくちも……わたくちだって――
これほど、こころが痛みますのに。

「――――」
「あ」

ますたぁが、囁かれます。
ひとはには、けれどとどいていないようです。

「ね? ひとは?」

ひとはの反応はありません。
けれど、言葉も、そして共感も届いております。

「ひとつ、ひとつ。
ひとつひとつを、大事に思い出していきましょう」

「おもい、だすって……ひぐっ――なにを、ですかぁ」

「わたくしたちのしてきたことを。
39685を助けるために、学んだことを。
それは、きっと――」

こくり、ひとはが頷きます。

大きく大きくかぶりをふって、
ぐしぐし、涙をふきとります。

「ひとは――がんばって思い出すですよ!!」


****************************

書けました!!!


書いて見て、
「視点かえることで、
別視点からの描写もできる」
(この場合は、ひとはの心情も描ける)ことに気が付きました。

ので
『回想シーンは視点変える』は、
その点でもアドバンテージあるかと思います!


で。
ここまでくれば、
わたくしの「ぬいハチ物語(仮)」は、
あと一回で書けちゃいそうかも! と思います!!

ので、次回の
「「ぬいハチ物語」の書き方」 では、
(できるかぎりは)
『物語を結ぼう』を、ご説明いたしたく思います!!
posted by 進行豹 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月23日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その10:心理描写に気をつかおう〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177750542.html

までで、
シーン1、ないしは第一幕……
どう呼ぶにせよ、ともかくも!
あなたの「ぬいハチ物語」の、はじめの一章は描かれました。

あとはもう、
書いていって、ラストを綴じれば、おしまいです。

わたくしも1シーン/1日のペースで
そのようにしていこうと思っております。


が、単に書きつらねていっても
「書き方」にあまりならない(*注) ようにも思いますので、
今回からは一回につき一個ずつ、
「テクニックや注意点」について、
わたくしにわかる範囲でご説明していきたく思います。

まず最初は、
わたくしが結構おほめいただける
=多分、わたくしのストロングポイントのひとつである
「心理描写」についてです。


****************************

(注:

実はそんなこともなく。
毎日書いてればいつか書き終わる」
という事実を示すことは、なによりも大事であるのかもとも
内心では少し思っております。

  『
 「でもひどいんだよ」と彼はときに言う。
 「ぎこちなくて、品がなくて、とにかくひどいんだ」

 「かまわない」と私は答える。
 「ひどい台本を書けばいいじゃないか。
  とにかく書くんだ」
 』
 
(ローレンス・ブロックのベストセラー入門より)

――が結局、書くための最重要ポイントなのです<断言』)


****************************


さて。

わたくしが前回書いた部分のストーリーラインは


****************************


さいたま市中央区役所前。
39685にはブルーシートがかけられている。
「解体工事……はじまっちゃったですよ」
「そうね、ひとは」
ぬいハチロク、妹を案じるが、案外平気そう。
ますたぁを見れば、青い顔をしている。
「ますたぁ……」
「あ、帰るみたいですよ」
ひとは、ますたぁが開いた新幹線バッグに入る。
ぬいハチロク、その前に一瞬ふりかえり、
「さようなら、39685」と呟き。
新幹線バッグに入る。


****************************


でもって、実際に書いた

わたくしの「ぬいハチ物語」(仮)が、

****************************

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。

……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち、
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

――確かに、ひとはの言うとおりです。

つらく。かなしく。イヤだと、心は叫んでいます。

解体される、39685に今すぐかけよって、
ごめんなさいと、さよならと、泣ければどれほど楽でしょう。

けれど……

「叫んで、泣いて。なにかが変わるものならば、
わたくちも そうしているでしょう」

けれど、わたくちはぬいハチロク。

「過ぎてしまった過去より、未来を」

全ての妹たちの規範となるべき、
8620形8620。トップナンバー・ぬいレイルロオドです。

「同じ悲劇を繰り返さぬため、何ができるか――
そうするためにますたぁをお手伝いして支えることが、
わたくちの、今すべきことと信じます。
ですので、泣いている余裕など、ないのです」
「わ」

声が、カラリと晴れ渡ります。

「さすがはおねーちゃんですよ!」

泣いたカラスがもう笑う――ひとはは、本当に強い子です。

「聞いたですか? マスター。
止まってるヒマなんてないですよ!!」

音がするほど、ますたぁの背中が叩かれます。
静かに頷き、ますたぁは立ち上がります。

地べたへと――
ついてしまっていた過去を、振り落とそうとするかのように、
パンパンと勢いもよく、その両膝を叩きます。

(ちぃぃ――)

わたくちたちの移動手段、新幹線バッグが開かれます。

「おねーちゃん、おうちかえるですよ!」

ひとはは、すぐに飛び乗ります。
バッグの中から、早く早くと手招きされます。

「……39685」

彼女の屍衣となるであろう、ブルーシートへ振り向きます。
省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

「――あなたのことを、忘れません」

ですから、本当だけつぶやいて。

「おまたせしました、ひとは、ますたぁ」

わたくちもまた、新幹線バッグへと入ります。


****************************

です。


読み比べていただくと、

<ストーリーラインでは>

「さようなら、39685」

とつぶやいているぬいハチロクが、

<実際の物語上では>

***

省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

「――あなたのことを、忘れません」


***

と、つぶやいています。


この、「ふくらんだ部分」が、
ぬいハチロクのこころの動きを追った描写――

いわゆる、『心理描写』です。


心理描写を扱うとき、
わたくしは、以下の二点を基本的に守っております。。

1: 

『一人称視点の物語の場合は
「視点登場人物以外の心理は決して描写しない」』

→一人称では、視点登場人物が見て、感じられる
 ことしか描写できないので、

 他の登場人物の心理を、
 視点登場人物は
 「相手がそれを表現した場合に、類推する」
 という程度にしか理解し得ない。
 
 ので、一人称視点で、
 視点登場人物以外のキャラクターの
 心理描写的なことをしたいなら

 例:
 ますたぁは、机の下で、きつく拳を握りしめています

 とか

 例:
 ひとはがぺったりしゃがみこみます。
 壊れてしまったコンビネーションレンチの破断部を、
 何度も何度も、何度も何度もその手で撫ぜます

 ――など、

 「心理を表すような動作を、視点登場人物に見させる」

 的な一工夫が必要となります。





2:『三人称視点の場合は、 
  「どの登場人物の心理描写をしてもいい」』
 
  
→ただし「誰の心理描写なのか」を明示しないと
 読者は混乱しますし、
 複数の登場人物の心理描写を連続させてしまうのも、
 やはり読者を混乱させる一因となります。



で。
心理描写は、メリハリをつけやすい部分です。

どうでもいいことはどうでもいいので、
わたくしたちのこころはほとんど動かされません。

しかし、重要だったり、珍しかったりすることに触れると、
こころは大きく動きます。


登場人物にとっても、同じことです。
そして、
「物語の(特に主役級の)登場人物の
こころが大きく動く事件は、物語的にも重要」
であるケースが多いと思います。



ので。

「登場人物にとって重要なシーンの
心理をしっかり描写することは、
それ自体で物語のメリハリをつけることにも繋がる」

のです。


そうなってくると

「じゃあ、心理描写の上手なやり方を知りたいな」

となると思います。


その点について、わたくしは、個人的には――

『登場人物の気持ちになりきる』

以外には、やり方がないんじゃないかと思います。


で!!!!

この
「気持ちになりきる」を、
「感性でいく」部分と思ってしまうと、多分、相当にあやういです。

作者の感性は「作者の感性」であり、「キャラクターの感性」とは異なります。

「心理描写は感性でいける」

と思ってそれでやってしまうと、

「どの登場人物も同じ考え方をしている」

となり、
せっかくの心理描写が、物語にとってマイナスに働いてしまいかねません。


では、どうするか?
感性以外の、いったい何が「心理描写」の役にたつのか?

その答えは!
なんと、この「書き方」の一番最初――

『「ぬいハチ物語」の書き方 〜その1:キャラクターをたててみよう〜』

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177635283.html

でつくった
「キャラクター設定」にございますのです!!


ぬいハチロクの場合は

***

【座右の銘】
・「安全が第一の使命」


【夢・目標】
・ 「ますたぁをしあわせにする」

・ 「全ての静態・動態保存機が、
   地域のひとたちに愛される存在になるように」

【コンプレックス】
・ ナイショ
 (コンプレックスがあると妹達に知られて、
  いらぬ心配をかけたくない)



【考え方のクセ】
・ 妹たちの規範になろうとする。
  ≒正しい、正しくないの、
  ぬいハチロクなりの行動基準にモノサシを
  もっていて、それに従って行動しようとする

***

というあたりが、今回の心理描写(を引き起こす事件)と密接に関連してくる部分です。



ここで、文例に戻ります。
その執筆時を、振り返ってみます。


***

「さようなら、39685」

とストーリーラインままを書こうとして、
わたくしは違和感を感じます。


『全ての静態・動態保存機が、
 地域のひとたちに愛される存在になるように』

という夢を抱いているぬいハチロクが、
自分で動いても助けようとした静態保存機の解体にあたり、
あっさり
「さようなら」
で、お別れすることができるでしょうか?


……とてもできない。と感じます。

「では、どう感じるのか?」

その疑問が、心理描写のみなもととなります。

「まず、名前を省略はしないだろう」

「さよならとはいえないだろう。
 単なる『お別れ』を認めることは、
 ぬいハチロクにはできないはずだ」

「おなじように、『ありがとう』でも、
 『ごめんなさい』でも、言葉が違う」


――これは、わたくしの思考ではありますが、
「ぬいハチロクがどう考えるか」を
必死になって追っているので、
かなり、「ぬいハチロクの思考」と重なる筈です。

ので、自信をもって、それを書いていきます。


///

省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

///

ここまで書いて、ぬいハチロクの心を追って。

そうしてやっと、
「ぬいハチロクが何をいうか」が、浮かんできます。


///

「――あなたのことを、忘れません」

///


これが、彼女の――ぬいハチロクの、やっと絞り出せる。
嘘の無い言葉でしょう。


***


――ことほどさように、
「心理描写」は
『想像力』と『理詰め』の共同作業です。

ので
「心理描写を書きたいキャラクター」については、
設定を、ある程度以上深めることをおすすめします。

「考え方のクセ」を設定しておくことは、
そのキャラクターの行動、思考の基準となるので、
とくに、わたくしオススメです。


****************************


ってなところで、本日のワークです。


****************************
【ワーク】

+ あなたの構成した
 「ぬいハチ物語」のシーン2を、
 心理描写に気を付けながら書いてみましょう! 

****************************

もちろん心理描写が不用なシーンなら
スルーして大丈夫です。

1シーン構成で
「もう書き終わっちゃった」
という方がいらっしゃいまたら、
念のため
「ラストシーンを書いて、物語を綴じよう」
の「書き方」までお待ちいただけますと幸いです。




というわけで、わたくしも「心理描写」に気を使い、
昨日の続き、
シーン2からシーン3までを書いていきます。


当該部分のストーリラインは


****************************

(2)

新幹線バッグ開かれる。
おうち。
ますたぁは帰宅するやいなやでPCを立ち上げる。
「おねーちゃん。マスター、なにやってるですか?」
「これは……署名サイトですね。
39685の解体阻止をお手伝いするため、
ますたぁが、お立ち上げになった署名の――」
「マスター、お詫び文書いてるですよ!」


(3)
「その打ちひしがれた様子に
『おねーちゃんとたばなたさまにお願いしたのに!』
とわめくひとは。
ぬいハチロクはたなばたの日のことを思い出す。

(回想)

無邪気なひとはの願い。
レールをつなげていきたいとのますたぁの願い。
それを見ながら、託したぬいハチロク自身の願い。

「39685が たすかりますように」

(回想終わり)

****************************


(ちぃぃ――)

「あ――」

ひかり。天井。
――おうちです。

わたくち、少し眠ってしまっていたようです。

「おうちに帰ってきたですよー」

ひとはが勢い良く、新幹線バッグを出ていきます。

「塊炭飴なめるですよ!
 おなかぺこぺこですよ!!」
「ひとは? その前にすることは?」
「いけないいけない! 
 てあらい・うがいをしなくちゃですよー!!」
 

(あら……)

洗面台に向かう途中で、
もう手洗いを済ませたらしいますたぁと
いれちがいます。

(厳しいお顔……無理からぬことではございますけれど)

「おねーちゃん、どーしたですか?」
「あ、ううん」

ひとはと並んで、てあらい・うがい。
おやつの棚から塊炭飴をとりだして、
ひとはにひとつ、いっとう大きなものを差し出します。

「あれ? おねーちゃん食べないですか?」
「わたくちは、いまは食欲が」
「無いときほど食べなきゃダメですよ!
 おなかぺこぺこじゃがんばれなくなっちゃうですよ!」
「……本当ね、ありがとう、ひとは」

ぽりぺろ、ごりごり。

塊炭飴を楽しむひとはをそのままに、
ますたぁのお仕事部屋へと向かいます。

「ますたぁ? おやつを持ってまいりました。
塊炭飴を、どうぞ、お召し上がりくださいまし」

……待っても、お返事がございません。

しかたないのでドアを開け、
ますたぁのお耳のすぐ近くから――

「あ――」




「ふぅーう、おなかぽんぽこですよー!
 あれ? おねーちゃん?」

これは……ああ――
ますたぁは、どんな思いで、この文章を――

「おねーちゃん、どーしたですか!!?」
「きゃっ!?」

ひとはの大声。
けれど、ますたぁは手を止めません。

「なになに、マスター、何書いてるですか?」

ひとはも、椅子に登ってきます。
ますたぁのなだらかな肩越しに、
パーソナルコンピウタアのディスプレイを覗き込みます。

「ええと――
『旧国鉄39685号機解体凍結署名へのご協力御礼と、
 お――お――』
 おねーちゃん、あの字、なんて読むですか?」
「おわび」
「おわび、お詫び!!?
 マスター、ごめんなさいってしてるですか!?」
「ええ、そう。……それが、ケジメというものです」

いけません。声が、ふるえてしまいます。
大事な、ことです。
ひとはに、きちんと伝えなく、ては。

「39685の、解体を、凍結、しようと、
 ますたぁ、の、呼びかけに、応じ、
 署名、を、おこころ、を……お寄せ、くださっ、た――」

引き締めようとするのですけれど、叶いません。
こころが、ことばが、乱れます。

「もう、これだけしか――
できること、など――
たった……これしか――無い、の――です――からっ」
「おねーちゃん!?」

いけません。
わたくちが泣くなど、いけません。

ひとはを――ますたぁを心配させます。

わたくちは、ますたぁを、支えるのです。

「ん――っ」

そうと思って、持ちこたえます。
……涙は、こぼさずすみました。

(よかった――)

わたくちがほとんど泣きそうだったと、
ますたぁには、きっと、気づかれずに済んでいます。

「おねえちゃん……」
「平気よ? ひとは。
 わたくち、すこし、言葉がつまっただけですから」

共感を、わたくちたちは有しています。
わたくちの感じた悲しみは、
ひとはにほとんど、伝わってしまっているのです。

「なぁんだ、そーだったですかぁ!
 おねーちゃんも、案外おっちょこちょいですよ!」

だからこそ、ひとはは明るく笑ってくれます。

わたくちのため、ますたぁのため。
ひとは自身の悲しみを、きっと、抑えて笑ってくれます。

「そうね、わたくち、おっちょこちょいです。
だって、ひとはの姉なのですから」
「なのですよ! って!? おねーちゃん、ひどいですよお!」

明るく笑って、ぽかぽかぽか。
ひとはが、わたくちをかるぅくぶちます。

(ひょい)

「あ――」
「マスターですよ!!」

だっこです。
ひとはとわたくちを抱きかかえ、
いいこいいこと、ケンカするなと、撫ぜてくれます。

「えへへぇ、気持ちいいですよ!」

いいこ、いいこと、何度も、何度も。
ますたぁご自身のおこころを、
そうすることで、慰めようとするかのように。

「えへへ……えへっ……へ」

ひとははひどく甘えます。
ぐりぐりと、ますたぁのお胸に、顔をおもいきりすりつけて――っ!!?

「ふ……ぇ……うう…………ぅぅぅ〜〜っ」
「ひとは――」

緊張が、きっと解けたのでしょう。
ひとはが――泣いてしまいます。

「こんなの――こんなの――ひどいですよぉ」

声を、かけるなどできません。

わたくちも、そしてますたぁも。

「ひとは、おねがいたくさんしたのに――
おねえちゃんと、マスターと――
たなばたさまにおねがいしたのにっ!!!」


****************************

書けました!!!

今回
「状況説明」が主体ですので、
心理描写は少ないですが

「視点登場人物=ぬいハチロクの心理」
「そうではない、ますたぁ、ひとはの心理」

それぞれ、直接的な・間接的な描写によって
書けているかと、自分自身では思います!

あと、
「ヒキ」の関係で、
ストーリーラインと書いたものとで
シーン終わりが変わっています。

この辺、次回の「書き方」で、
くわしくご説明したいです!!**

posted by 進行豹 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月21日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その9:主役を立てよう〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177750542.html

いよいよ、あなたの「ぬいハチ物語」は書き出されました。

ここまで来たらもう本当に、

『今書いているところから、次のエピソードまでを
書くべきことを書いてつなげる』
(書くべきこと=そのシーンで書きたい・伝えたいこと)


『それをラストエピソードまで繰り返す』


『ラストシーンを書いて、物語を縫い止める』


を、やればいいだけです。


なのですが、

「書くべきことを上手にかけない」

というお悩みは。当然に発生してくるかと思います。


その悩みを解決する
「こうすればいいですよ」というお答えを提示することは、
大変にむつかしいです。

わたくしの個人的な経験からは、

「書きたいことを書く。
 キャラクターが動きたいとおりに書いてあげる」

「無理にふくらませようとしない。
 別にボリュームがありゃ偉いわけではない――
 というか、同じ面白さをもつのであれば、
 短い方が上等なので、書きたいことを書いて、
 次にスムーズにつながるのであれば、それで良い」

「書けないときは無理せず休む。
 休むうちに書きたくなったら、また書いてみる」

という感じのところを注意しつつ、時間をかければ、
まぁまぁ書ける可能性はあがるかなぁ? とか思います。


のですが、時には、
『書けない/書きづらい』の理由が、
明白に示されている場合もあります。


今回以降は、その理由を例示して、潰していきつつ、
わたくしの「ぬいハチ物語」(仮)の続きを書いていきたく思います。




さて。

わたくしが前回までに書いたぬいハチ物語は

********************

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。
……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち、
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

********************

です。


で、ストーリーラインは

********************

(1)

さいたま市中央区役所前。
39685にはブルーシートがかけられている。
「解体工事……はじまっちゃったですよ」
「そうね、ひとは」
ぬいハチロク、妹を案じるが、案外平気そう。
ますたぁを見れば、青い顔をしている。
「ますたぁ……」
「あ、帰るみたいですよ」
ひとは、ますたぁが開いた新幹線バッグに入る。
ぬいハチロク、その前に一瞬ふりかえり、
「さようなら、39685」と呟き。
新幹線バッグに入る。


(2)
新幹線バッグ開かれる。
おうち。
ますたぁは帰宅するやいなやでPCを立ち上げる。
「おねーちゃん。マスター、なにやってるですか?」
「これは……署名サイトですね。
39685の解体阻止をお手伝いするため、
ますたぁが、お立ち上げになった署名の――」
「マスター、お詫び文書いてるですよ!」


********************

となっているので、
今回は

(1)を書ききって、(2)につなげる。

そうしながら

「書けない/書きづらいの理由のひとつ」

である

『主役が立っていない』を、潰してみましょう。



一人称の物語だと、
「視点キャラクター=主役」であることが自明ですので、あまり
「主役がたたない」ということにはなりません。


ので、「前回書いたとこまで」を、
ひとまず、三人称で、あえて主役が立たないように、仕立て直してみます。


********************

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」

ナッパ服姿のぬいハチの
巨大なブルーシートに向けての、悲痛な叫び。

「ひとはっ!」

その口を、帝鉄コートの手がふさぐ。
コートの主は、やはりおなじく、ぬいハチだ。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

ひとは、と呼ばれたぬいハチの苦しげなうめきに気付き、
コートのぬいハチは手を緩める。

ひとはは、今にも泣き出しそうだ。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

********************


――本来、わたくしの「ぬいハチ物語」の主役は
ぬいハチロクですのに、
↑の例だと、完全にひとはが主役になってしまっています。

こういう風に初めてしまうと、
話の軸をぬいハチロクに戻すことが難しくなり、
「続きを書けない」の原因の一つをつくってしまいかねません。

ので、上記を、
「ぬいハチロクという主役を立てる」形に書き直してみます。


********************

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

悲痛な叫びをあげたぬいハチの口元を、
帝鉄コートを着たぬいハチが、静かに塞ぐ。

襟章。ブーツ。金モール。
見る人が見れば一目でわかる、仕立ての違い。

旧帝鉄8620形・トップナンバーぬいレイルロオド――
“ぬいハチロク”の、白手袋に包まれた手が。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

ひとは、と呼んだぬいハチの苦しげなうめきに気付き、
ぬいハチロクはその手を緩める。

ひとはの泣き出しそうな目が、
物問いたげに、ぬいハチロクへと向けられる。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

********************


――これなら、ぬいハチロクが主役と明確にわかります。


上の例文と、下の例文。
大きな違いがいくつかあります。


『主役=ぬいハチロクの名前が出てこない/出て来る』

『動作の主体・文章の主語が ひとは/ぬいハチロク』

『ひとはの動作が、ひとはだけで完結する
 / ひとはの動作が、ぬいハチロクに向いている』

といったあたりです。

つまり、

1: 主役の名前を早期に
  (できればドラマチックに)明示する

2: 動作の主体、文章の主語をできるだけ主役にする

3: 脇役が話しかける相手、見る相手等、
  「脇役の行為の対象」を、できるだけ主役にする

――などの工夫で、主役は、主役として立ちます。



というわけで、今日のワークです。


********************
【ワーク】

+ あなたが書き始めた「ぬいハチ物語」の
 主役が立っているかを確認しましょう。、
 
 もしも主役が誰かがわかりづらいなら、
 エピソード2につなげるまでに
 「主役をたてる」ように工夫しながら、
 エピソード1を書ききってみましょう!」


********************


上記ワークに従いまして、
わたくしも、
「主役をたてつつ、エピソード1を書きき」ってみます。



********************

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。

……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち、
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

――確かに、ひとはの言うとおりです。

つらく。かなしく。イヤだと、心は叫んでいます。

解体される、39685に今すぐかけよって、
ごめんなさいと、さよならと、泣ければどれほど楽でしょう。

けれど……

「叫んで、泣いて。なにかが変わるものならば、
わたくちも そうしているでしょう」

けれど、わたくちはぬいハチロク。

「過ぎてしまった過去より、未来を」

全ての妹たちの規範となるべき、
8620形8620。トップナンバー・ぬいレイルロオドです。

「同じ悲劇を繰り返さぬため、何ができるか――
そうするためにますたぁをお手伝いして支えることが、
わたくちの、今すべきことと信じます。
ですので、泣いている余裕など、ないのです」
「わ」

声が、カラリと晴れ渡ります。

「さすがはおねーちゃんですよ!」

泣いたカラスがもう笑う――ひとはは、本当に強い子です。

「聞いたですか? マスター。
止まってるヒマなんてないですよ!!」

音がするほど、ますたぁの背中が叩かれます。
静かに頷き、ますたぁは立ち上がります。

地べたへと――
ついてしまっていた過去を、振り落とそうとするかのように、
パンパンと勢いもよく、その両膝を叩きます。

(ちぃぃ――)

わたくちたちの移動手段、新幹線バッグが開かれます。

「おねーちゃん、おうちかえるですよ!」

ひとはは、すぐに飛び乗ります。
バッグの中から、早く早くと手招きされます。

「……39685」

彼女の屍衣となるであろう、ブルーシートへ振り向きます。
省略せずに、その名を呼びます。

「旧国鉄9600形蒸気機関車、39685号機」

ありがとうでも、ごめんなさいでも、さようならでも、
きっと、言葉は嘘になります。

思いの全てを示す言葉を、今のわたくちは持ちませんから。

「――あなたのことを、忘れません」

ですから、本当だけつぶやいて。

「おまたせしました、ひとは、ますたぁ」

わたくちもまた、新幹線バッグへと入ります。

********************


――こんな感じでございましょうか?


主役を立てる、を自分では、多分できてるかと存じます!

&いくつか工夫もしてますので、それがどんなか、
次回にざざざと、ご説明したくも思います!!
posted by 進行豹 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月20日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その8:とにかく本文を書き始めよう〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177735082.html


までで、ストーリーラインが整いました。


********************

ここまでできたら、あとはもう本文を書いていくだけなのです。
なのですが、フォロアーさんから

「プロットとストーリーラインの違い is 何」

というご質問をいただきましたので、
まずはそこだけ、ざざざとご説明申し上げます。


プロットとストーリーライン。

この両者は本質的に同じもので、
「要するに、お話のあらすじ」でございます。

それを、人(や、業界)によって、
自分たちにとって使いやすい用語として、
区別してつかっている

――というふうに、わたくしは解釈しております。

例えば、わたくしの場合は

『ストーリーライン』→自分だけがわかればいいもの

『プロット』→お打ち合わせ等のために提出するので、
       人様にもわかる形に
       ストーリーラインを含まらせ、
       整えたもの

であると解釈しております。


とはいえ。
プロットレベルまでストーリーラインをふくらませることで、
物語上の穴や見落としを見つけられる可能性もあがりますので、
本格的に書くのであれば、プロットは起こした方がいいです。

が、今回は

『ともかく、短くて簡単な最初のお話を
 一本かいてみましょー!』

という立ち位置での「書き方」のガイダンスですので、
そこまでは踏み込みません。

というか、その辺踏み込んできたい場合は、
作劇の入門書なり専門書なりを読んだほうがよいかとも思いますです。

さてさて。
本題に立ち返りましょう。

今日は、
『とにかく本文を書き始めよう』
とのことなので、最初の10行を書くことを目的にしてみましょう。

最初の10行で大事なことは
『物語を動かす』ことです。


まず、わたくしのストーリーラインの
1シーン目を再確認してみましょう。


(1)

さいたま市中央区役所前。
39685にはブルーシートがかけられている。
「解体工事……はじまっちゃったですよ」
「そうね、ひとは」
ぬいハチロク、妹を案じるが、案外平気そう。
ますたぁを見れば、青い顔をしている。
「ますたぁ……」
「あ、帰るみたいですよ」
ひとは、ますたぁが開いた新幹線バッグに入る。
ぬいハチロク、その前に一瞬ふりかえり、
「さようなら、39685」と呟き。
新幹線バッグに入る。



起きているイベントを小分けにすると

+ 場面紹介

+ 39685の解体が始まっていることの描写

+ ぬいハチロク登場

+ ひとは登場(ぬいハチロクの妹と明示)

+ (間接話法で)ますたぁ登場

+ 全員の帰宅


となります。


書くときも(ことに、書くことに慣れないうちは)
「エピソードを並べ替えてみよう(構成)」
の手順と同じように、

『そのシーンで書くことをこわけにし、
 カード式でならべかえて、
 よい書き順と、次のシーンへのつなげかたを模索する』

方法を試してもよいかもしれません。


「できるサイズに切り分ける」
「切り分けたものを、今の自分にできる手法でこなしていく」
――ことは、ジャンルを問わず、
入門者レベルのときには非常に重要なことかと認識しておりますので。


そして。
『どのような方針で並べ替えればいいか』
の指針のひとつが、さきほども書きました、

「10行以内でドラマを動かす」

と、なります。


「ドラマを動かす is どういうこと?」

というご疑問あるかと思いますので、
実例をもってご説明申し上げましょう。


********************

<ドラマが動かない、書き出しの10行>

さいたま市中央区役所。
そこには、39685という蒸気機関車が安置されている。
いわゆる、静態保存機である。

静態保存とは、
役割を終えた鉄道車両を、動かないまま――
いわば、一つの記念碑として保存することである。

文化遺産として、あるいは地域のシンボルとして……

保存されたときに託された願いが、
けれども形を変えずに保たれ続けることは、少ない。


********************

で、今度は

********************

<ドラマが動く、書き出しの10行>

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。
……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち。
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

********************


どっちの方が、続きが読みたくなるでしょうか?

もちろんこの辺、個人差あるかとも存じますが、
多分、アンケートを取れば、
65%以上の方が
『後者』と答えてくださるのではないかと思います。

100人の読者候補さんがいたとして、
65人と35人では、30人も違います。

なぜ、それほどに大きな差がついてしまうのか?

それは

『前者では、どんなお話が始まるのか
 さっぱりわからない』 からです。

前者でしているのは、
【静態保存機がどんなものか】という説明だけ。

その説明を終えてから、
じっくりとお話を繰り出そうとする構えです。


あなたがものすごいビッグネームで、
「この先生の書くものだったら絶対に面白い!」
と思ってくださる読者さんをガッツリかかえている
なら、そのやり方もありでしょう。

けれど、そうでは無いのであれば。

「何も起こらない」
と思われてしまったが最後、
あなたの物語の続きは、決して読んでもらえなくなります。



それに対して後者では、
例え、「ぬいハチ」等に対して全く予備知識が無い方がみてくださったとしても

「女の子らしきキャラクターが、
 公共自治体に向けて罵声をあびせている」

「それをとめているのも女の子で、
 最初の子の姉であるらしい」

「39685という謎の数字。
 解体、というショッキングな言葉が出てくる」

という

『興味を引きそうなポイント』(以下、フックと呼称)
が、3つもある」
冒頭部になっております。

フックは、多ければ多いほど基本的にはいいですし、
動きは、激しければ激しいほど基本的にはいいです。

フックの多さ、動きの激しさは、
そのまま「続きを読んでもらえる可能性の向上」につながります。


つまり、『ドラマが動く、書き出しの10行』
というのは、
『フックを読者にきちんと示している、書き出しの10行』
にほかなりません。

この「フック」ももちろん、人によって違います。

例えば、

『偉人伝を好んで読む人』



『探偵小説を好んで読む人』

それぞれに対して有効に機能するフックは、
かなり異なってくるでしょう。


ですが、我々が書く物語は
「ぬいハチ物語」ですので、
想定読者である「ぬいハチマスター」に対する
フックは、かなり見えやすいかと思います。

「あなたが面白い・素敵と感じる要素は、
他のぬいハチマスターにとっても
面白い・素敵なものである可能性は結構高い」
のです。

のでので、ここでは
『自分だったら惹きつけられてしまう要素』
を、フックであると定めまてしまいましょう!
 


と、いうところで本日のワークです


********************

【ワーク】

+ あなたが起こしたストーリーラインをもとに、
 あなたの「ぬいハチ物語」の、冒頭の10行を、

 「ドラマのある(フックが明快な」)10行」

 として書いて見ましょう。

 書けたら
「この冒頭部のフックは○○」と、
 付記してみましょう。

********************


文章的にエレガントであるとか、
そんなんは全然気にしなくていいです。

ともかく
「フックを示す(ドラマを動かす)」

ことだけに専念し、最初の10行を書いてみてください。


ここが上手くいけば、
最悪、途中が中だるみしても、読み続けてもらえる
可能性はあがります!

がんばってみてくださいましです!!
posted by 進行豹 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月19日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その7:ストーリーラインを起こしてみよう〜

さて。
前回

https://twitter.com/sin_kou_hyou/status/799944699301593089

までで、エピソードを「おもしろそうな順」に並べることができました。

そうしたらなんと!
とあるぬいハチマスターの方から、「
こんな感じに並べました〜」という実例を拝見させていただけました
(ありがとうございます!)

それを拝読してわたくし、
『エピソードの並べ方』に関する、
とても大事なルールをひとつ書きわすれていたことに気が付きましたので(謝)
本日、まずはそちらを捕捉させていただきます。

その「大事なルール」とは、

『回想シーンは多用しない』
(回想シーン中にさらなる回想に入らない。
 回想シーンを短期間に連発しない)

です。

これをやると、
てきめんに「読者が本筋をおいづらくなってしまいます」し、おいづらくなってしまったお話は、読んでもらえなくなる可能性を高めてしまいます。


「回想多用」をやってしまいそうなときの解決方法は、

「時系列を見直す」が好適かと思います。


例えば

********************

1: 今、うどんを食べている。あまりにマズイ

2: 走馬灯のように過去のおいしいものたちを思い出す
 (=回想)

3:過去の美味しいものたちから、
  幼馴染のことを思い出す(回想on回想)

4:怒りが湧く。あまりのマズさに文句をいおうと
  店員の顔をみると、その幼馴染本人!


********************


とエピソードを並べてしまっていたら、


********************

1:「おいしい」 「これもおいしい!」
  と、主人公、えびす顔で次々食べている

2: 饂飩が出ててくる。
   主人公「ひいいい!?」となり、シーン転換。
  (……あまりのマズさに、走馬灯を見ていたか)
   と気づいて、うどんをすする。
   やはりゲロマズイ。

3: こんなにクソ不味いうどんは……
   と幼馴染を思い出す(回想)

4:怒りが湧く。あまりのマズさに文句をいおうと
  店員の顔をみると、その幼馴染本人!

********************

と 「3」を「1」に持っていき、

『回想ではなく、現在進行系で走馬灯を見させて
 それを「2」(旧1)につなげる』

とやると、時間がわかりやすくながれて、
その後一回だけの回想、となるのでスッキリします。



『エピソードの並べ替え(構成)』をやるときには、

「エピソードの並びかたによって混乱を招かないか」

「そのエピソードの並べ方は読みやすい
 (時間の流れを理解しやすい・おいやすい)か」

にも注意をくばると、さらによくなるかと存じます!


で。

もちろんその辺も加味しつつ、
わたくしが前回構成したエピソード群は、
こちらとなります。



********************


<1:39685、解体>(<ひとは登場>も含む)

<2:ますたぁ署名集め>

<3:たなばた様>

<4:デゴイチ整備体験&三次のハチロク>

<5:いい感じのおとしどころ>


********************

これも一見、
「回想が連続」に見えますが、
そうならないよう工夫しているということ、
これから書いていく、
『ストーリーライン』にてご説明申し上げます。


「ストーリーラインis何?」

と問われたら、わたくしはこう答えます。

「最初から最後までを通しで書いてある、
『あらすじ』です」と。


「どうやって書けばいいの?」と聞かれたら、
こう答えます。


『最初のエピソードを、
 次のエピソードに一番簡単につなげるとこまで
 肉付けする』

『それを最終エピソードまで繰り返す』

『最終エピソードは、
 【どんな終わり方をするかわかるようにまとめる】』

――の、3ステップで書けますよ」 と。


ほんでは、実際にやってみましょう。

まず、最初のエピソードと、そこからつなげる二番目のエピソードは、

********************


<1:39685、解体>(<ひとは登場>も含む)

<2:ますたぁ署名集め>

********************

です。

ひとは登場は、
「ひとはがぬいハチロクの妹とわかれば必要十分」
なので、そこはぬいハチロクに、セリフか地の文
(ぬいハチロク一人称視点なので、
 地の文=ぬいハチロクの思考)
で説明させます。


と、考えますと、
1→2のストーリーラインは、


********************

(1)

さいたま市中央区役所前。
39685にはブルーシートがかけられている。
「解体工事……はじまっちゃったですよ」
「そうね、ひとは」
ぬいハチロク、妹を案じるが、案外平気そう。
ますたぁを見れば、青い顔をしている。
「ますたぁ……」
「あ、帰るみたいですよ」
ひとは、ますたぁが開いた新幹線バッグに入る。
ぬいハチロク、その前に一瞬ふりかえり、
「さようなら、39685」と呟き。
新幹線バッグに入る。


(2)
新幹線バッグ開かれる。
おうち。
ますたぁは帰宅するやいなやでPCを立ち上げる。
「おねーちゃん。マスター、なにやってるですか?」
「これは……署名サイトですね。
39685の解体阻止をお手伝いするため、
ますたぁが、お立ち上げになった署名の――」
「マスター、お詫び文書いてるですよ!」


********************

まぁ、こんな感じになるかと思います。
時系列の工夫は
「署名たちあげ」(という過去)を、
「署名サイトクローズのお知らせを書く」(という現在)
として処理し、無駄な回想を発生させていないことです。


上記のストーリーライン見本は、説明のためにかなり細かく書きましたが、
実際は(自分がちゃんとつながりと内容を把握できるなら)
もっと全然、ラフでいいです。

というわけで、以下は普段のわたくしが起こすレベルの
ストーリーラインを

『次のエピソードに一番簡単につなげるとこまで
 肉付けする』

をまもりつつ、通しで書いてみましょう。


********************

「39685解体。ぬいハチロク、ひとは呆然」

「ますたぁ。集めていたネット署名クローズ。
お詫びの文書を出す」

「その打ちひしがれた様子に
『おねーちゃんとたばなたさまにお願いしたのに!』
とわめくひとは。
ぬいハチロクはたなばたの日のことを思い出す。

(回想)

無邪気なひとはの願い。
レールをつなげていきたいとのますたぁの願い。
それを見ながら、託したぬいハチロク自身の願い。

「39685が たすかりますように」

(回想終わり)

「おねーちゃん、だいじょうぶですか?」


と心配そうなひとはの声。
ぬいハチロク、自分の悲しさを抑え、
ひとはに話しかける」

「おもいだしてみましょう。
39685のためにわたくちたちががんばったこと。
それはきっと――
39685がわたくちたちに、伝え・遺してくれたことでもあるのですから」


「がんばったこと――
整備の勉強しに、くまがやにいったですよ!」

「そうですね、D51 140号機さんの整備のお手伝いにいきましたね」

「動輪ピカピカにするの、楽しかったですよー!」

D51 140の、48650の整備体験について話すうち、
ひとは、どんどん元気を取り戻し、にこにこ笑顔になっていく。

「おねーちゃんもマスターもまっくろになって、
みんなでわいわい整備して、とーっても楽しかったですよ!」

「ああ」

その言葉にぬいハチロク気づく

「そうですね。本当に――楽しかった」




「ぬいハチロク、マスターの丸まっている背中を叩く。

「笑ってください。ますたぁ」

「静態保存をされ続けるこ。
レールを、つないでもらえるこ。
そうしたこたちは、いつだって、
みんなの笑顔の中にあります」

「ですから、ますたぁ。笑ってください。
いま泣いているこのところに、
きっと、笑顔を届けて、ひろげてあげてください」

「ますたぁにはそれができると。
他のどなたが信じなくとも、
わたくしは、必ず、信じつづけます」

「ひとはもですよー!」

ますたぁ、うなずき、背筋を伸ばす。

PCを立ち上げ、なにかを書き始める。

「おねーちゃん、あれ、なんですか?
 ますたぁ、なに書いてるですか?」

「わたくちにもわかりません。
 けれども、きっと――
 レールをつなぐ、そのための物語です」


;おしまい

********************
 

こんな感じです!


と、いうところで本日のワークです


********************
【ワーク】

+ あなたの構成した
 「ぬいハチ物語」のエピソード群から、
 はじめから終わりまでの
 ストーリーラインを起こしてみましょう!


********************



ステップはみっつ。

『最初のエピソードを、
 次のエピソードに一番簡単につなげるとこまで
 肉付けする』

『それを最終エピソードまで繰り返す』

『最終エピソードは、
 【どんな終わり方をするかわかるようにまとめる】』


だけです!

もしもうまくつなげられないときは、
構成自体を疑って、
並べ方をみなおしたり、
エピソードの足し・引きを考えたりして
なんとか解決してみてください!

次回は――
簡単に「プロット」について説明したのち、

「とにかく本文を書き始めよう」

に入りたいかな? と思います!

ご期待ください!


posted by 進行豹 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月18日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その6:エピソードを並べ換えよう〜

さて。

前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177688588.html

までで、
あなたの「ぬいハチ物語」には、骨と肉がつきました。

とりあえず動き(書き)出してみましょう。

そのままスムーズにいけるのであれば、問題無しです。
ぜひぜひ、書ききってしまってください!

けれど、どこかで詰まってしまったり。
書いていくうちに自分で
「これ……思ったほど面白くない?」となってしまったり。

そういうときには、いったん手をとめ、
「構成」を見直してみましょう。


『構成is何?』と問われましたら、わたくしはこう答えます。


『構成』とは、
「お話を肉付けるエピソードを、
 どの順番で書いていくかを決める作業」
です、と。

第三回か第四回か、そのあたりにも書いたと思うのですが、
お話において極めて重要となるもののひとつに
『メリハリ』があります。

先人いわく、
「お話は、とんとんバーン!」
です。


つまり、
「1、2、3、4」「とん、とん、とん、とん」
と進むお話には意外性・メリハリがつきづらいので、
意識して「バーン」といく。
「1,2、10!」といってしまう――
一気にお話が破調する、飛んでしまう、勢いよくいく
――部分をつくるように、というアドバイスだと、わたくしは解釈しております。


また
「Don't start at starting」
すなわち『はじまりからはじめるな』という格言もあります。

これは、(時系列の)始まりからいくと、
「1、2、3、4」
となってしまうので――

「4、1、2、3」といったりしろ――
つまり「バーン!」をド頭にもっていけ、
という格言だとわたくしは解釈しております。


これらは、プロ向けの、
「読者の良い反応を得るため」
の実践的な格言です。

のですが、
「書き手は、一番最初の読者」でもあります

のでので、
「書いている自分が『ん?』となってしまわぬように、
メリハリの付け方――
すなわち『構成』を意識することは、
物語を書き続けていくために、非常に有効な手段となる」
わけです。


構成のやり方にはいろんな手段がありますが、
一番初心者向けで、かつずーっと使っていける方法を
ひとつ、ご紹介いたします。

それは
『紙に書いて並べ替える』という方法です。

具体的に参りましょう。


わたくしが前回のワークで用意した、
「わたくしの(仮)ぬいハチ物語」
のためのエピソード群は、



********************


■1■

6/22 
「ぬいハチロクのますたぁが、
39685の解体阻止署名を集め始める」






■2■

7/2

「ぬいハチロク D51の整備体験にいく」





■3■

7/7 
「ぬいハチロク、39685が解体されないようにと、
七夕さまに願いを託す」





■4■

10/2 
「ぬいハチロク、三次SL保存会様見学にいく」






■5■

10/22
「願い虚しく、39685、解体」






********************

です。

これを、5枚のメモ用紙に、
ひとつひとつ書いていきます。


<1枚目 ますたぁ署名集め>

<2枚目 デゴイチ整備体験>

<3枚目 たなばた様>

<4枚目 三次のハチロク>

<5枚目 39685、解体>

――自分で内容が把握できればいいので、
メモの内容自体は簡潔でかまいません。


そしたら、このメモ用紙を、
<任意で>でも
<適当に>でもいいので、並べ替えてみます。

・・・せっかくなので、今回、
ひとまずはランダムに並べてきます。

「21435」と出たので、その順番で。


デゴイチ整備体験

ますたぁ署名集め

三次のハチロク

たなばた様

39685解体


――そしたら、ざらーっとお話の流れを考えてみます。
今の時点では、脳内で、ぼんやりとでも全然かまいません。

もしできるようなら、以下のような感じで、文書にしてみるとなおよいです。

********************


デゴイチの整備体験の描写からはじめる。
真っ黒になって帰ってくる。
ひとはを(ぬいハチロクの妹)を登場させて、

「おねーちゃん真っ黒ですよ!
 なんでそんなになったんですか?」
「デゴイチの整備を」
「どーしてデゴイチの整備ですか?」
「実は……」

といことで、ますたぁが39685の解体阻止の署名を
集めていることを(ひとはに話してきかせる形で)
説明する。

それを聞いたひとはが、
「なら、力になってくれそうなとこしってるですよ!」
と三次SL保存会様を紹介してくれ、
三次でハチロク整備体験。
&保存活動ノウハウの学習

かえってきて、たなばたさま。
「39685がずっと元気でいますように、と願いをかける」


けれど、願いは届かない。

39685は解体されてしまう。


********************


悪くないです。
が、バッドエンドですね。

わたくし、バッドエンドはあまり好きではありません。


――というか、ここまでを読んでくださって、

「エピソード内容が事実とちがっちゃってる!
ウソじゃん!」

と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

のですが、これは『物語』です。
そして、『物語』とは、ウソなのです。


エピソードは、あくまで
「物語の種」であり、そこから自由に花開かせるべきもの。

それが、「物語を縛る蔓」になってしまっては、本末転倒です。


エピソードは、材料。
最適な形の筋肉に練り直し、
最善の場所に配置するための一素材です。

エピソードも、実際の時系列も、
物語の都合のため、物語を面白くするために、
いくらでもねじまげてまいりましょー!
(ただし、ノンフィクション書きたいひとは
当然ながら、絶対にこれやっちゃダメです)

そこんとこ納得できたら、
今度は「任意」で、エピソードカードを
並べ替えてみます。

……バッドエンドを避けたいので、
「5:39685が解体されてしまう」
をラストにもっていくのは無しです。

一方、ひとはに説明する形で
「39685の解体反対署名の説明」を、
というのはかなりよさそうに思うので、
エピソードとして、
「ひとは登場」は足して、
ひとはを活かしていく形はすてきかもです。

……そういう風に、カードを足したり、
あるいは削ったりしてもいいので、
どんどん並べ替えていきます。

そうしていくうち、
あ、これなら面白そうという並べ順の
アイディアが、きっとでてきます。

例えば、
『39685解体』
これをド頭にもっていくのは、良さそうだ――とか。

そしたら、そこを軸に(動かさないカードに)して、
他のを並べていく感じで、だんだんとカードを決めていく、
すなわち、構成を固めていきます。


・・・ってなところで、今回のワークです。

********************

【ワーク】

用意したエピソードをそれぞれカードにし、
カードの順番を、いい感じかな?
と思うものの並べ替えてみましょう!

カードを足したり、
二枚以上のカードをまとめたりも全然ありです。
「これならいけそう」というところまで、
カードを根気よくならべかえてみてください。

(もちろん、その結果が
「1、2、3」と時系列ままになることも
普通にあります。
その場合は「時系列でいくのがいい」可能性が高いです)

********************



わたくしもやってみて、
ひとまずは以下に落ち着けました。

********************

<5枚目・39685、解体>(<ひとは登場>も含む)

<1枚目・ますたぁ署名集め>

<3枚目・たなばた様>

<2枚目・デゴイチ整備体験&4枚目・三次のハチロク>

<なにかいい感じの落としどころ>

********************


ここまできたら、次は、
「実際にその並べ順(構成)でいけそうか」
を試験します。


その試験の名を
『ストーリーライン作成』
と、ここでは呼びます。

まぁ、さっきの例でかいた
「ざらーっとしたお話のながれを簡単な文章でまとめてみる」
だけのことのですが、
これも「やってv」といわれてすぐ出来るなら、苦労はないかと思います。


のでので、次回は
「ストーリーライン作成」の、具体的な方法についてご説明申し上げます!

ご期待ください!!
posted by 進行豹 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月16日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その5:エピソードを用意しよう〜


さて。

前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177678456.html

までで、あなたの「ぬいハチ物語」の骨組みは固まりました。

起点と終点が定まり、テーマ(書きたいこと)がより明確化した。

キャラクターもいる。

舞台設定(現在日本)もある。

あとは、お話を動かしていくだけです。


「骨」であるテーマを動かすためになにが必要か。

覚えてらっしゃいますか?

そう。
『筋肉こそはエピソード』の、筋肉、
即ち、エピソードです!!

「エピソード」をさくっとぐぐってみましょう。

********************

物語・事件の大筋の間にはさむ話。挿話。また、その人にまつわる(その人の隠れた一面をあらわすような)、ちょっとした話題。

********************

わかりづらいですね。

ので、もっとわかりやすく、ゲーム用語で説明します。

エピソードとは『イベント』です。

物語をすごろくに例えると、

「起点」が振り出し。
「終点」があがり。

で、その間にサイコロを振り付ける行為が、
「本筋」です。


6が出た。
1が出た。
1が出た。
3が出た。
5が出た。

という物語(目的達成のために必要な道行きだけを、時系列で、淡々と書き連ねて行く物語)は、
恐らく、大して面白くならないでしょう。

なんか色のついたマスにとまって

『ふりだしに戻る』
『隣のプレイヤーと現在位置を変わる』
『こどもが産まれる。ご祝儀に1000ドルずつもらう』

などのイベントが発生するからこそ、すごろくにも、物語にも、メリハリ・起伏が産まれるのです。


いまどきの物語では、
なんならメインストーリーラインが無い
(時間経過が、メインストーリーラインを代替する)
ものも、珍しくありません。

「起点が入学」
「終点が卒業」

――そう、いわゆる『学園日常もの』です。

このジャンルにおいては、
ひたすらにキャラクラーのかけあい(エピソード)
のみが積み重ねられ、その結末として、
まぁ卒業なりなんなりが訪れ、
物語が閉じられる――という構成が多い気がします。


つまり。

『起点』『終点』があり、
『その間を埋めるエピソード群』があれば、
物語は整ってしまうのです。


ので。
この段階でやるべきことはただひとつ――

『エピソードを作る』こと、となります。


――どうやって?

手段としては

1: 想像力で

2: 取材で

3: その両者のハイブリッドで

というあたりになるかと思います。


わたくしたち、ぬいハチマスタ−が、
『ぬいハチ物語』を書くにあたっては、

【ぬいハチちゃんとの日常】こをが、取材です。

ので、ただ、思い出しましょう。

あるいは、ツイートを発掘しましょう。


わたくしも、やってみます。


わたくしのぬいハチ物語(仮)は

「ぬいハチロクが、
 静態保存機をとりまく環境の厳しさを知り、
 その改善を目指す」

というお話です。


のでエピソードも、
それにまつわるものの方がわかりやすく感じます。


エピソードをえがいていくことが、
そのまま本筋(テーマ)を終点へと運んでいく――

それができたら、かなり上等な気がします。

と、いうことで時系列順にエピソードをひろって……



6/22 
「ぬいハチロクのますたぁが、
39685の解体阻止署名を集め始める」







7/2

「ぬいハチロク D51の整備体験にいく」





7/7 
「ぬいハチロク、39685が解体されないようにと、
七夕さまに願いを託す」





10/2 
「ぬいハチロク(と、ひとは)、三次SL保存会様見学にいく」





10/22
「願い虚しく、39685、解体」





・・・ぬいハチロクと静態保存機とのかかわりについて
ぱっと思いついたエピソードは、この辺です。


削るかもですし、補強するかもですが、
この辺を、『物語の筋肉の候補』としていければと思います。


と、いったところで本日のワークです。


********************

あなたの『ぬいハチ物語』の、
筋肉――お話を動かす力――になりそうなエピソードを、
最低で3つ。
それ以上用意できるなら用意できるだけ、
思い出すなり、考えるなりしてください。

********************


エピソードは
↑みたいな感じに

「誰々が何何する(した)」みたいな感じに、
簡潔な文書でまとめる形がよいかと思います。

それができたら、次は構成に入ります。

のですが――
エピソードはそんなぱっとは用意できないと思いますので
&わたくし明日おでかけしますので、

次の更新予定の
『2016/11/18 夜』
までにご用意いただけたらうれしいです!


実際に書き始めるまでもうちょっと!
くじけずがんばりましょーです!!!
posted by 進行豹 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2016年11月15日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その4:起点と終点を整理しておこう〜

さて。

前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177667202.html

までで、あなたの「ぬいハチ物語」の骨組みはほぼほぼ固まりました。

今は練習段階なので、固まってなくても固めたことにしてしまいましょう。

そういうわけで、わたくしも仮に固めます。


********************

<<わたくしのぬいハチ>>

【名前】 
ぬいハチロク

【一人称】
わたくち

【マスターをどう呼ぶか】 
ますたぁ

【ことばづかい】
丁寧。やまとなでしこ風。
ひらがなが多い。外来語は旧カナ表記が多い。

「わたくち、
ヱレキギタアの調べも、決して嫌いではありません」


【長所】
・品がよい
・物事をしっかり考えてから行動する
・素直
・献身的


【弱点】
・電子機器にあまり強くないし詳しくない。
 ので、その辺が怖い
(電子レンジのダイヤルひねるのもおっかなびっくり)

・家事全般に関する知識・経験にとぼしい。
 
・「妹たちの規範となろう」という意識が強すぎ、
 我知らず無理をしてしまう傾向がある。



【好きなもの】
・ますたぁ、ひとは、全ての妹たち。
 蒸気機関車全般、鉄道車両全般(特に0系新幹線)
 石炭、塊炭飴、0系新幹線グッズ。


【苦手なもの】
・電子機器、抜け毛のある動物(ますたぁは例外)
 ボンド/接着剤系のもの(トラウマがある)
 
【座右の銘】
・「安全が第一の使命」


【夢・目標】
・ 「ますたぁをしあわせにする」

・ 「全ての静態・動態保存機が、
   地域のひとたちに愛される存在になるように」


【自信をもっているところ】
・ 丁寧さ、立ち居振る舞い、ことばづかい


【コンプレックス】
・ ナイショ
 (コンプレックスがあると妹達に知られて、
  いらぬ心配をかけたくない)



【考え方のクセ】
・ 妹たちの規範になろうとする。
  ≒正しい、正しくないの、
  ぬいハチロクなりの行動基準にモノサシを
  もっていて、それに従って行動しようとする

・ ますたぁの意向とモノサシが合わない場合は、
  ますたぁに直言し、意図を確認する。
  「明らかに妹たちの規範にならないと思うが、
   ますたぁの意図がそれを行うこと」
  である場合は、ますたぁの意図を優先。
  そののち、じっくりと自分の考え方を確認したり、
  ますたぁと話し合ったりして、
  モノサシの修正、あるいはますたぁの行動改善を
  試みる。
  

・ 上記を守った上での、成長・変化を好む。
  

☆ ☆ ☆  

  

<<何を書きたいか>>

「『静態保存機の現状について書きたい』ので、
 『静態保存機の現状改善を目指す、ぬいハチロクの成長物語』」にする。


☆ ☆ ☆


<<視点>>

・ぬいハチロクの一人称視点


********************

です。


「じゃあ、書き出そう!!!」

――と思って書き出せる人は、
壁にぶつかるまではそのまま書き連ねていってください。
それが、間違いのない正解です。


のですが、ここで
「書くって、何を?」となってしまう方には、
もーちょっとだけご一緒いただくこととしましょう。


なぜ、『何を書きたいか』(テーマ)が定まっているのに、
『何を書けばいいのか』が見えてこないのか。


それは
「テーマ(=骨)を動かすための筋肉が無いから」です。


その筋肉とは何でしょう?

問われれば、わたくしはドヤ顔でこう答えます。


『筋肉こそはエピソードである!』 と!!

筋肉こそはエピソード。
ボディビル協会のキャッチコピーにもなりそうな言葉ですので、ぜひぜひ覚えてみてください。

『テーマは、骨』
『骨だけでは、物語は動けない』
『動くために必要なのは、筋肉』
『筋肉こそはエピソード』

です。

テーマ=書きたいこと、というのは、
『物語の目指すところ』です。

例えば、わたくしの(仮)ぬいハチ物語は、

「主人公であるぬいハチロクが、」
『静態保存機の現状の改善を目指す』という」

テーマで物語られます。


このテーマが定まった時点で、
実は
『物語の超おおざっぱな筋』
すなわち
「物語の起点と終点」は、ある程度見えているのです。


具体的に例示しましょう。

わたくしの(仮)「ぬいハチ物語」の場合は

********************

<起点>
ぬいハチロクが、静態保存機の現状を知る。
(静態保存機は放置されてるものもおおく、
 放置されたものは朽ち果て、やがて解体されてしまう
 ケースが多い)


*この起点により、ぬいハチロクは、
「静態保存機の現状をなんとかしたい」と思い行動し


<終点>
ぬいハチロクは

A:静態保存機の現状改善につながる成果を得る

B:成果は得られないが、学びを得る

********************

が、ごくごく自然に浮き上がってくる
「起点・終点」となります。



「俺は大長編が書きたい。
 むしろ、終わらない物語が書きたい」

というむきの方がいらっしゃるかもしれませんが、
大長編は、「区切りある物語の連続」ですし、
終わらない物語は、「その無限の連続」です。

ので、大長編を書くのであれ、その上を目指すのであれ、
『区切りのある物語を書く』ことは必須です。

小さな物語を積み重ねる。
そうする他に、大きな物語は組めないのです。

のでので、今は
「小さな物語を組んで、書いて、完結させる」
ことを目指していきましょう!


ということで、本日のワークです。


『あなたの物語の
<起点>と<終点>を定めましょう』

起点は、悩むようなら
「ぬいハチロクとマスターの出会い」
を推奨いたします。

まずもって、みなさまそれは体験されていることで、
間違いのない「起点のひとつ」でございますので。


で、終点は、テーマに沿ったもの。

「日常ものなら→日常の大きなくぎり」
(例えば、卒業とかお引っ越しとか関係性の変化とか)

「成長物語なら→成長の結果」
(得られても得られなくてもよいです)

「How toものなら→得たスキルの具体化」
(作品の完成、とかです)

――という感じに自然になっていくかと思います。

悩むほどのことはありません。

『テーマが明確であれば、
物語の(当座の)起点と終点は自然と定まる』

のです。

ですから、もしも起点と終点が見えてこなければ、

『テーマ=何を書きたいか』

を、もう一度見直してみてください。


これができれば、本当に
「物語の骨」が、頭頂骨から末節骨まで組み上がったも同然です。

動かすために――
明日は、いよいよ
「筋肉こそはエピソード」の、
エピソードづくりに入りましょう!
posted by 進行豹 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌