2009年06月11日

ようやっと段落と図の関係について理解できました

先日ちょろっとだけご報告申し上げましたとおり、


私、夏合わせの同人誌

『How to making 同人ノベルゲー
 -錬電術師が出来かけるまで-』


の執筆とレイアウトとを、word2007で行っております。


で、今までの私は、[パーソナル編集長]という、マイナーなDTPソフトの、物凄くバージョンの古いもの(win3.1時代に購入した気が)をずーーーっと使っておりましたので、

『wordに関する経験値はゼロ』の状態からの、スタートとなりましたのです。


ですが、
さすがofficeソフトの定番中の大定番だけのことはあり、
私が使うような全ての機能は、最初から非常に使い安く整備されており、マニュアル本を見ながら1日も文章を打ってレイアウトをしておりましたら、
ほとんどの機能に関しましては何のストレスも無く、扱えるようになりましたのです。


が、
しかし――

私には、いまいち 「wordにおける段落」 の意味がわからず。

ので 

『何をどうやっても、文章整形をしているときに、挿入している図がズレていく』

という現象に、非常に苦しんでおりましたのです。


で、本日
(恐らくは常識的過ぎてなかなか見つけることの出来なかった)


『Wordにおける段落』の意味が、

<改行から、次の改行までの一文> であることをようやく理解し。


それでようやっと、
『word2007で、図が文章につられてズレていく現象』を防ぐ手段が、


1、レイアウトしたいページ内で、本文整形の影響を一番受けづらい段落の次にカーソルを持っていく 
(ページ冒頭の見出しとか、改ページ直後の1行とか)

2、そこに、図を挿入する

3:「右クリック→文字の折り返し→その他のレイアウトオプション」で、『アンカーに段落を固定する、のみをチェック』

4:任意の場所に、図をドラッグする


――という手順にあるということを、理解いたしましたのです!



この方法は、「見出しの段落と、図とを関連づける」という感じの処理になるので、当然

『見出しを動かすと、図も動いてしまう』

のですが、そこ以外なら、どこをどのように整形しても、図はドッシリと動きませんので――

今まで感じてた膨大なストレスから、ようやっと解放されることができました!


ので、同人誌の執筆と、
そして隙を見てのシナリオ&スクリプティングとの方!

引き続きまして&ペースをあげて、頑張っていきたいと思います!!
posted by 進行豹 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌