2009年07月31日

八月八日に、最終章WEB体験版<88版>をフリー公開いたします!

というわけで、不機嫌亭ゲーム班は、


 




『八月八日に、最終章WEB体験版<88版>をフリー公開する』

ことを、正式決定いたしましたこと、まずはご報告申し上げます。


88版というのは

1:八月八日リリース。

2:フルボリュームの<最終章:真WEB体験版 (仮題)>
  と比べて、88%程度のボリューム


というような意味合いです。


具体的にいうと


『特定ヒロインルートの、起承転結でいうところの

 “転の入り口部分”もしくは “結の直前部分”』

までのボリューム、

(組んでみて、比較してみて、より切れ味良く終われるところに正式決定予定)

となります。

(ので、Hシーンは申し訳ないのですが含まれません。
 Hシーンありの、特定ヒロインルートまるまる入った最終章フリー体験版につきましては、<真(仮題)>のリリースをお待ちいただけますと幸いです)




 現時点でのベストを尽くして


 『面白い』錬電術師最終章を作って&
 その一部を、八月八日にはとりあえず、88版としてリリースしよう! 
と思っておりますので――


 どぞ、そちらの方、お気がむいたら楽しみにお待ちいただけましたら、とても嬉しく存じます!


 
 また、最終章関係の、全体的なリリーススケジュールに関しましては

『コミケ明け直後』くらいにはお出しできるかと思いますので、
そちらの方も、もうしばらくのご猶予をいただけますと幸いです。


 と、いうことで、とにもかくにも、

 “目の前にある一度にひとつ”をきっちり形にしていくために!


 製作の方、引き続きまして 頑張りたいと思います!!


 以上、ご報告まで〜とはなりますのですが、
 こちらの方、8/1付日誌のフライング更新として、お取り扱いいただけますと幸いです(深々
posted by 進行豹 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月30日

コミケへのアクセス方法紹介サイトさん

と、いうわけで(?

以前、私は

『コミケにもってくと便利かもな持ち物リスト(サークル版)』


【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版・v 0.10】


を、早速に試作してみましたので、
以下に貼り付けてみます。

『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』


を、皆様にお知恵頂戴いたしまして(ありがとうございます!)
まとめさせていただいたことがございますのですが――


「それ以前に、どうやってコミケに行けばいいのだろう??」

という点を、ご不安に思ってらっしゃる初参加者さんや、参加検討者さんもいらっしゃるか――と存じます。


 そのような方に“最適かも!”なサイトさんを、
先日 ご縁ございまして、私 知るにいたりましたので!

早速にご紹介させていただきます!


そのサイトさんとは、

『コミケに行かねば』

さんでございますのです!

陸・空・海路でのコミケへのアクセス他、
宿泊周りのご情報もフォローなされてらっしゃる!

とのことで、

「どうやってコミケに――」

ということお考えの方におかれましては、是非のチェック! オススメ申し上げます!!




で。

そのコミケ等のイベント会場で、
私が 「聞いてみたい!」 と思いつつ、さすがにお伺いすることが出来ずにおりました――

(頒布物を)
『手にとって、じっくりながめて、戻す』

ときには 

“どのような理由で御戻しになられてらっしゃるのでしょうか!?”

というご質問へのご返答、多数頂戴出来ましたので!

心よりの感謝とともに、以下にご紹介させていただきます!!



touhyoukekka2.jpg
(↑クリックで大きくなります)


で、頂戴したご意見と、コメント欄への詳細なコメント(ありがとうございます!)


を拝読して私


1:「絵」は、最初に手にとっていただくための最強武器だが、
  一端手にとっていただけたあとは、絵以外の部分を
  見ていただけることが多い感じなのかも

2:戻されてしまう理由は
  『期待値と、実際とに何らかのギャップがあるから』
  というところに集約できるかと思う。
 
  ので「何か違う」が発生しないような、
  パッケージ、ポスター、キャッチコピー、裏ジャケ
  などなどを、製作することが出来れば良さそう


――と感じ。


つまるところ

『頒布物のイメージ』



『パッケージのイメージ』



『ブースのディスプレイや売り方のイメージ』


との間に 【統一感を持たせる】


ことが 「手にとって戻されてしまう現象」を防ぐため、かなり有効に働くのではないかなぁ、と思いました。


で、そこから過去の反省モードに意識は走りまして――


過去の不機嫌亭ゲーム班ブースは、とにもかくにも

「ごちゃーーー」っとしていて。

オカルト感のカケラも無くて。

で、多分、ポスターやプリントアウトしたスクショからは
「抜きゲかな?」

という印象を持っていただけそうなのにもかかわらず、

実際に手にとっていただいて→バックジャケみていただくと

「なんかヤヤコシソウ」

という感じに捉えられてしまいがちなのかも・・・


――みたいなあたりが「取っていただいて→戻される」ルーチンの発生源となっていたのかなぁ、と思いました。


のでのでので。
次の夏コミは、錬電の方は既刊尽くしとなってしまいますので――




『 How to making 同人ノベルゲーム -錬電術師が でき(かけ)るまで-』


の方で 『統一感を持たせた、ポスター作製やブースの雰囲気作り』

を行えますように、アレコレ工夫できたらいいな! とか、そこから思いましたのでございます!!


ともあれ、とてもためになるご意見を、
改めまして本当に、ありがとうございました!!




で、夏コミに心置きなく伺うためにも、
とどこおりなく進めねば! な錬電の製作なのですが――


本日は


【制作進行】
  いろいろあった


【シナリオ・スクリプト・リライト】
  そこそこ進んだ。
  撮れる機会あるかな!? と思ってた写真が上手く撮れた



――という感じの、まぁ、「ぼちぼち」進捗となりました感じです。


 ですが、今日の「ぼちぼち」を、より良い発展への種としていけますように!

心を入れ替え気持ちを磨いて! 明日はいっそうもろもろ頑張りたく思っております!!



 ということで、ひとまずは失礼して、本日のところは寝オチます! (疲労困憊
posted by 進行豹 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

『イベントでお伺いしたい! と思っていながらも、その場では絶対にお伺いできないこと』に関しますアンケート!

記事タイトルにございます “アンケート”は、本記事末尾にございますので、

お急ぎの方におかれましては――

『お伺いしたいけど、絶対にお伺いできない!』 

――という文字列、ブラウザでの検索かけていただきたく、御願い申し上げます。



で、お急ぎで無い方におかれましては、

まずは、進捗のご報告と あわせまして、
「制作しながら思ったこと」などついても、
本日 私つらつらと書かせていただきたく思っておりますので、

どうぞ、そちらの方も! ご笑覧いただけましたら幸いです。


ということで、まずは本日の進捗なのですが――

-----------------------

【制作進行】
 ナニゴトかに使う予定のナニモノかのご収録を
 物々交換」的なアレコレで お引き受けいただけることが確定。
(ありがとうございます!)
 ので―― 当方からのブツとブツとカードとおまけのご送付手続きを完了。


【シナリオスクリプトリライト】

 某ヒロインが出てくるシーンを着々と。

【錬電術師】は
  “男性向け18禁現代魔術ビジュアルノベルADV”なので、

 「おっさんがばかりが出てくるシーン」
  と
 「ヒロインが出てくるシーン」
  とでは
  
 『ヒロインが出てくるシーンを、より魅力的に演出せねば!』

  という意識が働くので、ちょっとペース落ちる感じ。

 とはいえ、なかなかにいい感じにやれているのではないか、と自分では。

 特に「逆光の演出」を、単純な工夫で (私的には)
ソレっぽく出来た(ように思えた)のが嬉しい。

 あと、演出を入れたときに、
 “ああ、この演出なら、このテキストは削れるなぁ”
 と、結構頻繁に思えるようになって
  →“その種のリライト頻度”が あがったので――

 多分、頻度の向上分、
 「シナリオスクリプターとして成長できている」
  ・・・のではないかと感じた。


--------------------------


――と、いうようなところに、落ち着きましたこと、
まずはご報告申し上げます。



 で。

 今は、もろもろの都合により

 コミティア前までにやっていた――

 『シナリオ・リライト・スクリプト』を1シーン
  → 『シナリオ・リライト・スクリプト』を1シーン

 という やり方 ではなく

 『シナリオ・基礎スクリプトを3シーン』
  → 『演出スクリプト・リライトを3シーン』

 的な やり方で やっておりますのですが・・・


 そのように やってみますと、後者のやり方には

 『シナリオを書いてから、時間を置いて演出をつけることになるので、その分
 “客観的に書いたものを見ることが出来る(ような気がする)”
効果を得られる』

というメリットがあるように、思えたりいたしました。


 しかしながら、前者のやり方には、

 『シナリオ、スクリプト、リライト、素材作成を、全てコンスタントにやれる』
=『ブランクが出来てしまって―― 
  <うう、××をやるのは久しぶりだから気が重い>
          ―― 的な精神負荷を感じる確率を減らせる』

・・・というメリットがあるようにも思います。

 ので、どちらにも一長があるなぁ、とも。


 いずれにせよ、“普段と違うやり方を試してみる” ことをしなければ、
両方の長所に対して無自覚でいたことは確実であるかと思いますので――
この気づきを、作品のクオリティアップへと繋げていけますように!
意識的に、アレコレ工夫や改善を、考えていきたいなぁ、とかも思っております!!



 と、いうことで、
 上記のようなアレヤコレヤを、なるたけ早くに皆様に見ていただけますよう!
 引き続きまして、努力出来ることにつきましては努力して!
 そうで無い部分については準備して!!

 引き続き、制作を積み重ねていきたく存じます!!





 でもって、昨日のアンケート(ご回答ありがとうございます!)なのですが、
頂戴いたしましたご回答、を拝見するに――

「サークルホームページと体験版とでご判断される方が多いのだ!」

――という結果になっておりますように、私としては感じました。


と、同時に、

>「イベントでのサークルの雰囲気」 : その場の直感です。 (男性/20代/京都)

というご回答に

「なるほど」 と私 頷きまして。

頷きましたその瞬間に! 「あっ!!!」 と。


今までイベントで 
『お伺いしたいけど、絶対にお伺いできない!』
と、思っておりました事項がございましたこと、
不意に思い出しましたのです!!!!


そのご質問とは――

【イベントで、頒布物を
“いったん手に取りはしたけど→「やっぱいいや」と戻した」とき"
                              その理由は何でしょうか?】

――というものです!!!!


これはもう、イベントの度に 本当〜〜〜に気になっておりますので!

もし よろしければ!
もし よろしければ!!
もし よろしければ!!!

「これが多いかなぁ」というあたり、教えていただけましたら、とても嬉しく存じます!

以下にアンケート添付いたしますので――
どうぞ、よろしくお願いいたします!!


posted by 進行豹 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月29日

とらのあなさんでのご予約を開始いただけました! (How to making 初めての同人ノベルゲーム)

えーと、先日 
まぐおさんとこを拝見させていただいておりましたら、



【焼肉万歳】さん
の夏のご新作、


『引籠世界の探偵事件簿 0 1 2』


が、


「とらのあなさま」
でのご予約受付開始!

されたというニュースを、拝読いたしました。


で、私

「さすが焼肉さんやでぇ!」

と感じましたのですが、しかし、数秒たって

「まてよ」

と思うに至りました。


錬電1、2の委託販売をお願いしたおりにも、特に
「販売開始しましたよー」というご連絡などは無かったので。
(販売開始されたかなぁ?)と、日々クリックを、私いたしておりましたことを、
「はっ!」って感じに、思い出しましたのです。

で、私。

とらのあなさまの「C76まとめ予約受付ページ」に伺い、
その中を丹念に探しましたところ!!

うちの夏新刊、


『 How to making 同人ノベルゲーム -錬電術師が でき(かけ)るまで-』


も、ご予約開始いただけていた!ことに、気づくことが出来ましたのです!

のでので、

「コミケには行けないけど、この同人誌は予約で買おうと思っていたぜ!」

という方がもしいらっしゃいましたら、

上記、とらのあなさまの予約ページ

もしくは


ホワイトキャンバスさま
 の
 
予約ページ


いずれかご都合のよろしい方、どうぞご利用いただけましたら幸いです!



で。

話はガラリと変わりまして、先日お伺いさせていただきました、

『始めて見るゲーム。最初に注目するのは? 』

というご質問に対しまして、予想をはるかに上回るご回答をいただけましたこと、
心からの感謝とともに(ありがとうございます!)ご報告させていただきます!!


で、そのご回答の中に、

>「絵、デザイン」 : すっごく気になってました! 結果を教えて欲しいです! (男性)

というものがございまして。


で、私の環境だと、アンケートボックスの
「投票する」ボタンの右側に「結果を見る」
ボタンが見えるのですが――

(ひょっとすると、環境によってはそのボタン、表示されないのかな?)

とも、ご回答拝見して思いましたので、

09/07/28 23:59 時点での、「結果を見る」ページのスクショ、
以下に張らせていただきたく存じます!


touhyoukekka.jpg

(↑クリックで大きくなります)



・・・と、いうことで、結果としては

『始めて見るゲーム。最初に注目するのは 【絵】! 』

というご回答が、圧倒的でございました。


で、「初情報での絵」

というのは、多分、バナー画像かパッケージ画像の
どちらから多いのではないかと考えましたので――

原画はもちろんのこととして、

『彩色とデザインとが、“初見の印象”に与える影響も
 ものすごく大きい!!』

のではないかとかも、
私そこからの連想で、考えたりもいたしました。


 また、
 「ジャンル、システム」
 「タイトル、キャッチコピー」
 「スクリーンショット」

 にも、それぞれ1票ずつをご投票いただきましたので、

 『どの要素にも、そこをチェックしてくださっている方がいらっしゃる!』

という風に、私としては感じ――

ので 「どこもやっぱり、丁寧に作らないと!!」 とも思いました。


 と、

>「タイトル、キャッチコピー」 : タイトル=世界観、キャッチコピー=見せ場。考え過ぎかな? (男性/30代/愛知)

というご回答には、私も

「まさにまさに!」と、とても強く感じもいたしました。


で、いただいたご回答をヒントに、つらつらと考え。


『タイトルで、“どんなゲームなの?”』

と興味を持っていただいて、

『キャッチで、“こんなゲームです!”』

と返答をさせていただける組み合わせを作れれば、

その辺が、私の

【理想のタイトルとキャッチである】

というところまで、その「まさに!」という感覚を、整理することが出来ました。


ので、明確化されたその理想!

きっちりと形にしていけますよう、
次以降のタイトル&コピー作成のときは、頑張りたいと思っております!!


とはいえ、

『錬電の完結無くして、次は無し!』

でございますので!


本日も、私 地道に製作を積み重ねさせていただきまして、


『制作進行』
 スケジュール確認、発注書作成。

『シナリオ・リライト・スクリプト』
 写真撮影。演出スクリプトに着手。
 わりと良い感じで進める。


・・・という感じの進捗を得ることが出来ましたこと、ご報告申し上げます!


 この辺の成果、出来るだけ早く、皆様に見ていただけますよう!
 引き続きまして、頑張っていきたく存じます!!


 と、本日は、先日の引き続き〜な感じの流れで、

『興味を持ったゲーム。最も重点を置く“前情報”は?』

というアンケートを作成させていただきました!

 “そのゲームの存在は認知している”という状況において。
 さて、そのゲームを買うか否かの判断材料として、
どの辺の情報を一番重視なさってらっしゃるか――

 もし、お時間あってお気がむかれることございましたら!
ご投票いただけましたら幸いです!!
 


posted by 進行豹 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月28日

ご新作情報が沢山拝見できる今日この頃でございますが

えーと、本日の私の進捗としては

『制作進行』
“今の私”に、出来る範囲のご連絡と準備とは、多分全て整えた。

『シナリオ・スクリプト・リライト』
当座必要な全ての部分のひととおりのリライトを完了。
基礎スクリプトしか済んでない部分の演出に着手。

――という感じのものとなりました。


総じまして、

「まぁまぁ、順調」

と言っていいのではないか、と思っております。



で、もういくつかの事項がクリアになりますと、
アレコレ一気に、「がががっ!」 と動き出しそうに
私としては認識しておりますところなので!!

その

「がががっ!」が来た時、慌てないよう、
また皆様の足を引っ張ることの無きよう!

私にできるベストを尽くし、
各種の準備とお手伝い! 自分の担当部分とあわせ、
心を新たに頑張っていきたいな!! と、思っております!



でもって。

ここんとこ、コミケシーズンでございますので、
私も、ネットをうろついておりますと、

「各種のご新作情報」を、
頻繁に拝見させていただけるようになりました。


で、私の場合ですと――

1:バナーがあれば、バナーのデザイン・完成度
  (絵柄や、絵の印象は関係無しに)

2:バナーが無い場合は、タイトルとジャンル名
 (“『錬電術師』:18禁現代魔術ビジュアルノベル”的なの)

3:“すごくエロそう何か”を感じた場合には、
  上記1、2は関係なしに

――という基準で、

「チェックしてみたいご新作」 選んでいるように、巡回行動中、ハタと気づきました。



で、

「他のみなさまは、どんな感じなのだろう?」

ということ、とても気になりましたので、本日のアンケートとして

↓におかせていただきます。


お時間あって お気がむかれましたら どうぞ!
ご投票のお手数、たまわれましたらとても嬉しく存じます!!

 
posted by 進行豹 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月27日

コミケ持ち物リスト(サークル用)v1.00が完成しました!

まずは、以前よりコツコツと製作しておりました

『コミケ、もっていった方がいいものリスト(サークル版)』
の方なのですが――

アンケートにご協力くださった皆様

まぐおさん



650さん




すりわさん




狩野さん


から頂戴いたしましたアドバイス(ありがとうございました!)を
私なりに まとめさせていただきまして!

本日さきほど、



【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版・v 1.00】


『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』


――として、公開させていただきましたので、
ご報告申し上げます!


諸先輩方のアドバイスのおかげで、
私といたしましては、

「これは、使える!!!!」

と思うリストとまとめさせていただけたかと自負しておりますので。


特に 「今回がサークル初参加だぜ!」という方などには、
おでかけまえに、一度はチェック! してみていただけたらいいなぁ、などと思っております。


&「イベント当日の笑顔!」

は、私も、(大抵前日まで詰め込みすぎてしまうせいで)
家に忘れてしまうこと、結構多かったりな気もいたしますので――

8/15には必ずや! きっちり持っていこう!! などと、改めて思っておりますのです!



で。

先日の日誌でお詫びと共にご報告申し上げました

「私、左コメカミ痛い、仕事にならない」

の件ですが――


本日、夕方まで

「ぐっすり寝る」
「PCの画面を見ない」
「リラックスできるお出かけを楽しむ」

などなどを堪能しましたところ、

“すっきり治りました!” こと、ご心配へのお詫びとともに、
ご報告申し上げます!

してみると、先日の頭痛の原因は――

1:「ディスプレイの見過ぎ」

2:「マジクール」をハチマキ型に締めた時、
『全力で、ギッチギチに締めすぎていた』


――の、二点あたりにあるかなぁ、と思うにいたしました。


のでので

『何事も、加減』を大切に、

無理無く急いで丁寧に!
コミケまでを過ごしていきたく存じております!!


で、そんなこんなで随分ゆっくり骨休みつつの本日の進捗といたしましては――


『制作進行』
 各方面に、必要と思われるご確認とご報告とを。
 結果、順調に進めば 8/1までには
 【各種リリーススケジュール】
 を正式にお出しできそうな手ごたえを得る。

『シナリオスクリプトリライト』
 昨日ざーーーっとやったところのリライトを。
 


――という感じになっております。


で、今やり途中のリライトが終わったら、
ここ1週間ほど? 保留にしておいた、

“その期間に書いた部分の演出スクリプト”

“新規部分のシナリオ”

“コミケ準備”

とを、上に書いたままの優先順位で&バランスを見つつ、
進めていきたく思っております!



と。
7/25付の日誌

で行わせていただきました、

『本製作日誌を“見てくださった理由”に 一番近いのは? 』

というアンケートの

結果

なのですが――

予想以上にたくさんの&嬉しいご回答を頂戴することが出来ましたこと、深く御礼申し上げます!

とても励みになりました! ありがとうございます!!


基本、
「今の日誌にある(ように私が認識している)どの要素にも、
それを楽しみにしてくださっている方がいらっしゃる!」
ということがわかった気がいたしますので・・・
今後とも、こういう感じで、日誌の方、続けさせていただきたく!
あらためまして 全力で思っております!!


と、特に、

>「同人ゲーム制作関連情報に期待して」 :
> 「おすすめ同人紹介」より飛来。
>「テキストとはなんぞや」を見たかった。
>シナリオ制作について勉強になる。 (男性/30代/愛知)

というご意見、

「私のシナリオ知識が、どなたかのお役にたったのだ!!!」

と、極めて嬉しく思いました。


で、これ関連

「今は試験中だけど、まとまり次第にご公開させていただきたいプロット作成・整理手法」

など、私 抱えておりますので――

そちら、無事に公開できる運びとなりました暁には!

是非是非、チェックいただけましたら、とても嬉しく思います!!


ですがしかし。

今はとにかく

「目の前にある一度に一つを順番に!」

頑張らなくてはいけない時期かと思いますので!!


眠くなるまではリライトの方!
引き続きまして、全力で 頑張りたいと存じます!!



posted by 進行豹 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月26日

左コメカミ痛

【進捗】

 “とりあえずの大区切り”までのシナリオ&基礎スクリプトを完了しました。


------------------------

で!

それでコンつめすぎたのが悪いのか、
左奥歯あたりが虫歯なり親知らずなりなのかは不明ですが、


『左コメカミが、ズキズキと痛い』のです。
今、まさに。


手でもんだりこすったりすると一次的に消えるのですが、
30分も集中すると、またズキズキと痛くなります。


ので、ちょっとググってみた結論として


1:今日はこのまま寝る。
  左側を下にせず、仰向けで寝る。

2:明日も症状続くようなら、とりあえず行きつけの歯医者さんで
  相談してみる


――という方針で、早期治療につとめたいと思います。


とは申しましても、恐らくは――
「ディスプレイの見過ぎ」とか、そういう理由だと思いますので、
どうぞご心配無きよう、よろしくお願いいたします!

 明日には、多分快癒の報告と・・・
でもって順調に事が運べば、その他のアレコレに関しましても、
ご報告出来そうかなぁ? とか、思っておりますので!


 といことで、今日のところはご報告のみにて失礼いたします。
 
 おやすみなさいまし、です!
posted by 進行豹 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月25日

「質問を正しくする」という能力

先日私、

「新聞記事を下敷きにした短いお話を書いて、
 “そのお話、いかがでしたか?”」

というアンケートをさせていただきました。


で、そちらの、アンケート選択肢に、、

+元のお話の魅力をちゃんと書けている
+元のお話の魅力を損ねている

というものなどを用意しておりましたところ、

ご回答として

>「その他」 : もとのお話を大半の方が知らぬ以上比較してどうこうとは。

というものと、

>「元のお話の魅力をちゃんと書けている」 : 元の記事を知りませんが、元記事同様に上手く趣旨が伝わっていると思います。 (男性/40代/京都)


というものとを頂戴いたしました。


で、その両方を拝読し、私は、


『ああ、正しいご質問が、私はできていなかったのだ!』

と、理解いたしましたのです。


この場合、私が「正しい質問をするやり方」としては、

1:元の新聞記事へのリンクをしたうえで、
『元のお話の魅力をちゃんと書けている』(&書けていない)
――というアンケート選択肢をご用意する。


2:元の新聞記事へのリンクをしないままに、
『“元の新聞記事の趣旨”を、このお話から想像できた』(&想像できなかった)
――というアンケート選択肢をご用意する。

・・・という二つが、多分存在していて。


で、“元記事が、いつの何新聞のものだったか思い出せない”現状としては、

『2』という形でのご質問をさせていただくことが、正解だったように思います。


のでので、
「正しく意図を伝えない、誤ったご質問」をさせていただいてしまったこと、
お詫びいたしますと同時に――

そのことを気づかせてくださった、上記二つのご回答、
ならびに、とても嬉しい励みとさせていただきました その他のご回答へも、
この場を借りての、心よりの感謝を申し上げます!

(ので、アンケートの設問修正しようと思ったのですが、
 “機能的に出来ない”みたいですので、そのまま置いておきますことも、
 あわせご報告申し上げます)



で。

そこからつらつら、考えは連鎖していきまして――

私、

『物語を物語る、ということは 
読んで下さる方への“ご質問”を発するということ』

と、言えるのではないかなぁ、ということを思いました。


その「問い」に対する答えを、アレコレのイベントをこなしながら、
必死に探し求めるのが 「主人公」で。
「お前の答えは間違っている!」と、別意見を提示するのが「敵役」で。

そうして、たどりつく 「主人公の迎える結末」が、
“作者自身の、その問いに対する答え”

ではないのかなぁ、――と。


で、錬電は、
『作者の出す問いを、正解とはしたくない物語』でもございますわけで。

そういう視点で見直すと、
先日拝見させていただきました、GoShuさんのお手になる、


『錬電術師・解』


は、ものすごく、

“問いに対する、『その問いは正しい(正しく受け取られ得る)問いであるのか、』 という問い”

でもあるようにも思え。


で、

「この“問い”と、“答え”との近さが、同人の素晴らしさではないか」
・・・みたいなことを、私つらつらと考えましたのです。


私は ――そして恐らくは貴一くんも――

“問い”に、あるいは“答え”によって、自分が変化することを、むしろよしとする

――タイプの人間ではないかと思いますので。


のでので、
沢山の“問い”を発し、
沢山の“答え”≒“問いへの問い”

をお伺いできるますように!


『正しく(意図を伝えやすい)ご質問をさせていただく技術・あるいは心構え』

を、磨くことにより、

『正しく(意図を伝えやすい)物語を紡ぐ技術・あるいは心構え』

を、磨いていけたらいいなぁ、というところで、思考は落ち着きましたのです。




で。
そのようなことを考えたり、昨晩の急な冷え込みにクシャミを余儀なくされたりの本日の進捗状況は・・・


『シナリオ&リライト&基礎スクリプト』 
――“当座の大区切りブロック”を、あと24時間以内に確実に完了できるところまで進捗。


・・・というものとなりましたこと、ご報告申し上げます。

「形にならない部分」での進捗も、私の感覚としてはあったようにも思うのですが、
そちらにつきましては「形になった」時点で、改めてのご報告をさせていただければ、と存じております。


と。

「当座の大区切りブロック」なのですが

『受けるか受けないかはともかく、私的には書いていてむちゃくちゃ面白い』

ブロックとなっておりますかと存じておりますので――

そちらの方にも、それなりにご期待賜れましたら幸いです!!


あと、数点
「これはお知らせせねば!」という事項がございますのですが
「シナリオの続きを早く書きたい!」という気持ちもございますので、
箇条形式でザザザとご紹介させていただきます!



<<お知らせせねば! の1>>



『焼肉万歳』さん


にて、


【引籠世界の探偵事件簿 0 1 2】 のアナウンスページ


が、ご公開されました!!

スクリーンショット「2枚目」が、私的にツボでございましたので
(ヒント:メイドロボさんの名前は「ほーちゃん」さん)
『引籠世界』の一端! 是非ともチェックなさってみてください!と、私 強くオススメ申し上げますのです!


<<お知らせせねば! の2>>



『How to making 初めての同人ノベルゲーム−錬電術師が でき(かけ)るまで−』


の、【試読レビュワー】を してくださいました(その節はご試読、あらためましてありがとうございます!)

あまがらすさん、のサークルサイト


『こねこねふぁくとりぃ』


さんへ、リンクさせていただきましたことご報告申し上げます!

普段、私、日誌でのリンク報告ってあまりしないかと思いますのですが(すみません)

この、『こねこねふぁくとりぃ』さんのご製作中タイトル、

【あなアケぽんち!】 の、

“今までになかった!?工業系学園内のラヴコメディー!
 美少女、ガチムチ 貴方は誰と結ばれる??”

というご説明書きを拝読し、

「ほほう、工業系・・・ということは、
“オイルまみれ”というシチュエーション・・・素晴らしい」

と、(勝手に)想像いたしましたので――
「これはご紹介せねば!」 と、思い至りました次第です。


ので、「美少女+オイルまみれ」という
シチュエーションへの期待を高められるご同行の士や、

私とは道は違えど 「ガチムチ+オイルマミレ」が、
クるという向きの方におかれましては――

是非ともチェックの程を! と、
こちらも私、強くオススメ申し上げますのです!



<<お知らせせねば! の3>>


【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版】


『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』

に関しまして、


まぐおさん から


>リストに追加するアイテムは他にあるだろうか。
>情熱と人に話しかける勇気?それらはアイテムじゃないね。
>無理に挙げるならば隣人へ配る手土産ぐらいか。
>挨拶のときに渡す作品が土産代わりかも。

>ビニール紐などでノーパソやディスプレイ品を固定しておくと、
>崩落防止と窃盗防止。
>PSPなんてやたら小さいから固定しておくといろいろ防止になる。
>大きなゴミ袋へ脱いだコートなどを入れる人はどれぐらいいるのだろう、
>椅子にかけていると必ず落ちるので最初から床に置く作戦。

というアドバイスを頂戴いたしましたので(ありがとうございます!)

取り急ぎ、こちらのご紹介させていただきます!!

アイテムでは無いですけど、
「隣のサークルさんへのご挨拶」は、イベントを気持ちよくするため、
とても大事な心構えだと私も強く思いますので!

8/15にも、そのように! 余程の何かが無いかぎり、
ご挨拶させていただこう! と思っております!!


ということで、ひとまずはこんな感じで――
眠くなるまで、シナリオの方頑張ります!!


posted by 進行豹 at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月24日

「シェフ」とtOさんの共通項

【シェフのお話】

 新聞記者が、有名シェフに尋ねます。

「シェフ、あなたは看板メニューのレシピを惜しげも無く公開なさいますね。
それは何故です?」

 シェフは笑って答えます。

「毎日の食卓が豊かになれば、みなが幸せになるだろう?」
「しかし、シェフ――」

 新聞記者は首をかしげます。

「――看板メニューをご家庭で作られるようになってしまっては、
 お店の売り上げに影響するんじゃないですか?」

「売上に影響する? 何故だい??」


 言いながら、シェフは片手で卵を割ります。
 ボールに落ちた卵に牛乳をまぜ、そこにササっと塩コショウ。
 手早く混ぜる反対の手で、
 コンロに火を入れ、フライパンを温め、すぐにバターを溶かします。

「・・・オムレツですか」

 記者の喉が、ゴクリ、となります。

 バターの溶けるいい匂い!
 そこにザアっと卵が流され、まぜられて、
 くるくるっ、ぽん! で、黄金色した ふわふわオムレツの出来上がりです。

「そう、オムレツだ。材料は、卵に牛乳、塩コショウ、そしてバターを少々。
 手順は、今 君が目にしたとおり、道具も、全部ここにある」

 そうして、シェフはフォークで ひときれ、
 ケーキのようにオムレツを切り、記者の口へと放り込みます。

「こりゃ、うまい!」
「――その味を、さぁて、君に出してもらおうか?」


「私が、ですか!? そりゃ無理ですよ、とんでもない!」

 シェフの差し出すフライパンに、記者は苦笑いするばかりです。

「なるほど、たしかにレシピを公開したところで、
“シェフの料理が、ご家庭で食べられる”ってことには、なりませんねぇ」

「文字を書けても、私に記事は書けないからね、同じことさ」

 言って、残りのオムレツを食べ。
 シェフはもぐもぐ、笑います。

「ああ、もちろん! このことは記事にしてくれて構わないよ?」





・・・的な新聞記事を私最近拝読いたしまして。
で、その記事を私 読みながら、

『シェフ、かっこいい!』

ということと同時に、

『ああ、tOさんに教えていただいた、“オープンソースの素晴らしさ”
的なことは、きっとこの辺に通じてるんだなぁ』

というようなこと、じんわり思いましたのです。

 で、私は 『そのような考え方』に、強い賛意を示すものでございますので。


 本日は、まず、
「テキストを大量に扱う全ての方」に、お役立ちではないか!?
と私が思っておりますフリーソフトを二点、ご紹介させていただきます!



--------------------------


【tomoclip】

http://ww36.tiki.ne.jp/~tmsoft/

「クリップボード機能拡張」ソフトです。

・コピペしたテキストの履歴(複数行でも大丈夫)取得
・その履歴の編集(キーボードショートカットの割り当て)
・ペーストするテキストに、日付などの変数を付加

・・・したりという機能を持っています。

具体例をあげますと、

[alt + h]キー で
2009年7月23日 不機嫌亭ゲーム班 進行豹 拝
(↑この日付部分は、時計対応の変数)

を、呼び出すように出来たりするソフトです。



【Keyword Inspector】
http://ohju.cside4.jp/software/kwisp/index.html

フォルダ内テキスト一括検索ソフト、です。

+検索結果を、ワンクリックで 呼び出せて&
自動的に該当箇所へカーソルをもっていってくれる。

+テキスト扱いする拡張子を自由に追加できる(例えば.ks)とか


――という機能を持っているので、

例えば『ゲームシナリオ』フォルダの中身の中の、
「うどん」という言葉を全て拾って、適宜、ラーメンなりソバなりスパゲッティに差し替えたいような・・・

「検索結果を、置換ではなく確認・編集したい」
というときに、すごく便利です。

(一括置換したいときは、textssがとても便利と思います)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se072729.html

------------------------------------


どなたかのお役に、少しでも立ちましたら幸いです!



 で、上記でご紹介申し上げました――

 『オープンソースの心構えのもと、 
 “move_e系をはじめとするご自作プラグイン群等を惜しげも無くご公開されております”』

――tOさん、のご所属されてらっしゃいます、

【PBP】さん、なのですが。


 何と先日 「ホームページを大リニューアル!」 されましたので、
その情報も、私、みなさまに全力でお伝えいたしたく思います!

リニューアルにより、全体がとてもすっきりと見やすくなり、
また

< “一目で最新情報がわかり”
 過去情報が必要な時だけスクロール可能、という親切構造!>

な更新履歴・お知らせコンテンツなど、
見る側に優しい工夫など、もりだくさんのページとなっておりますように、
私としては強く感じました。

そして、それだけでなく!!

【新TOP絵が素晴らしく素敵! そして、ゴスデリとPBPさんの新ロゴが両方かっこいい!!】

と、私、ガツン! と思いましたので〜


どぞどぞ、上記の諸点、是非ともその目でお確かめいただきたく、




『リニューアルされたPBPさん』


を、クリック&チェック! いただけますように、心よりのオススメを申し上げるところでございますのです!

そして、一つだけ、一つだけ、一つだけ、
リニューアルに関して私の、個人的な個人的な個人的な欲望を申しますと――

『新TOP絵と新ロゴで作られたリンクバナーが欲しい!!!!』

というものとなります。

しかし!
tOさん、Curaさんともに、ご多忙状況でいらっしゃるであろうことは、
明々白白にすぎるところでございますので――

私としては、その欲望が、いつの日かフっとかなっておりますことを、
遠く、フォーマルハウトに願いをかけるばかりでございますのです。



で! 
このようなことを書いておりますと、

「っていうか、進行豹は “ご多忙状況”とやらではないの?」

というご疑問をお持ちくださるプレイヤーさまもいらっしゃるかと存じますが、

「私も、かなり頑張っておりますです!」

ということは、確実なところかと存じております。

本日の進捗といたしましては

『シナリオ&基礎スクリプト&リライト』
>新ブロック(かつ、当座の極めて大きな一区切りと予定ブロック)
 の、多分50%くらい完了できた。
 ので、明日には書き終わって&ひととおり読める状態に出来ると思う』

という感じのものを、得られましたことご報告申し上げます。

物理制作(というか、コミケ準備)に関しましては、

『昨日、委託ショップさまへの納品のために郵便局まで段ボールを運んだりした影響で、
 なんか右腕が筋肉痛』

という、ジジムサイにもほどがある理由のため、一切に行っておりません次第です。

ので、寝るまで&寝て起きて以降も、

「上記、“シナリオの区切り”をつけるまでは、物理制作方面のことは一切しない」

という方針を堅持して、「書く」こと主体に、頑張りたいと思います!!


と!

『650の無味乾燥』


の650さんが、バナー下コメントとして

>大きめのタオルは日差し除けに使えます。

というアドバイスくださいましたので(ありがとうございます!)
そちらも、こちらでご紹介させていただきたく存じます。

特に 
「一般参加の方は、午後結構たってから、とかの入場じゃないと、行列をする=夏の陽ざしにさらされる」
らしい様子ですので、大きめのタオル始め、帽子などの陽ざし対策と、水分補給用の飲みもの!
ご用意あった方がよろしいのでは? と、想像いたします次第です。


あと本日は、冒頭の 「シェフの話」がどんなもんであったかについて、
もしご感想たまわれれば〜という感じで、アンケート設置させていただきたく思います。

もし、よかったら今後の成長(努力)方針の一指針とさせていただくべく、
ご忌憚のない意見たまわれましたら、幸いです。

なお、冒頭にもございますように
「シェフの話=新聞記事の翻案」でございますので・・・
“もとのお話”=“新聞記事”ということで、ご解釈いただけましたら幸いです!


posted by 進行豹 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月23日

同人誌が刷りあがり! 持ち物リストがバージョンアップ! いたしました!!

ということで、まずは



『How to making 初めての同人ノベルゲーム−錬電術師が でき(かけ)るまで−』




『刷りあがりまして、印刷所さんからのご送付をいただけました!』

こと、ご報告申しあげます。



なにげに 私、今まで この日誌で、

『どの印刷所さんにお願いしたか』を、多分、明記してなかったかと思いますのですが――


本日、仕上がりました ご本を拝見しまして

(私の写真の腕の分、割り引いてください。実本はパっと見からして 実にかわいいです!)

htm_hyousi_photo.jpg
【表紙】(クリスタルパックで包んであります)


htm_nakami_photo.jpg
【中身】(部分)



1:「表紙の色のバランスを凄く綺麗に取っていただけた」

2:「中身も、“どうかなぁ”と思っていた、とても細かかったり、
 “もともとが鉛筆画>fax受信>したものをスキャンして二値化”
  みたいだったりする部分まで、非常に綺麗に印刷していただけた」

3:「製本もシッカリ」

4:「私が確認した範囲では、乱丁落丁など一切なし」

5:「明朗会計かつ、早期入稿だとお安い」


・・・等々の理由により、


『これは自信を持ってお勧めできる印刷所さんだ!』

と確信できましたので、ここで、ご紹介をさせていただきます。


今回、不機嫌亭ゲーム班が同人誌印刷をお願いいたしました印刷所さんは、



『スズトウシャドウ印刷』
さんで

ございますのです!


そのお仕事っぷり、どうぞ実際、

コミックマーケット 76 8/15(土) 東 "S" 49b 【不機嫌亭ゲーム班】

もしくは、8/15以降の


『ホワイトキャンバス』さま



『とらのあな』さま



『めろんぶっくす』さま


でお手にとってご確認いただければ!
と、願うところでございます!!




で、そのコミケ関連なのですが、


先日 v0.10を公開させていただきました、


【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版】


『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』

――なのですが、バナーにもございますように、

V0.50 にバージョンアップ!

させていただきましたこと、ご報告申し上げます!!


このバージョンアップに際しましては、

アンケートへのご回答

先日ご案内させていただきました、


【焼肉万歳】さん
の、すりわただおさんにご教示いただきました、『設営カバン』。


ならびに、
まぐおさんからのご紹介コメントとして頂戴いたしました、『同人名刺』。


そして、
狩野さんからのアドバイスとして頂戴いたしました『コミケカタログ』。


を、新規にリスト追加させていただきました。


あらためまして、お知恵をありがとうございます!!



&こちらのリストの充実へ向け、引き続きましてお知恵拝借出来ましたら、と願っておりますので――

もしよろしければ、
 (7/20付日記の)『アンケート』の方、もしくはコメント欄、もしくはメールフォームに、
ご意見ご情報お寄せいただけますと、とても幸いに存じます!


で、本日は、

【委託ショップさんへのご納品分のかやぺったんカードの封入】
【封入後の同人誌の、委託ショップさんへのご発送】
【狩野さんのとこへ同人誌持ってって、出来の評価】

などなどで手持ち時間使いはたしてしまった感じで、

「今のとこは、錬電最終章関係の開発に着手できておりません」

という進捗状況でございます。


が、この後、数通のメール発送などを完了いたしましたら、
手持ち時間をフリーに使えるようになりますので――

それ以降、眠くなるまで!

新規シナリオの執筆の方、頑張って行いたいと思っております!!



あ、あと!

夏コミ当日の同人誌の頒布なのですが、
同人誌・・・って結構痛み易い(端折れとか、汚れ付着とか)しやすいので、


『透明ブックカバーをつけた見本誌2冊程度を、ご試読(立ち読み)用に準備』

『頒布用のは、全てクリスタルパックに封入』

――という形で行おうかと思っております。


で、本日のアンケートなのですが、

『同人アイテムの頒布。こんなパッケージング/配慮がされていると嬉しい』

みたいな……

具体例をあげますと

「クリスタルパックは同人ソフトでも欲しい」
とか
「インストールガイド&連絡先は紙で欲しい」

的なこと――

アンケートででもコメント欄でもメールフォームからでも!


――もし お気が向かれましたら、お教えいただけますと幸いです!


posted by 進行豹 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月22日

『錬電術師・解』のご紹介 と、夏コミ参加知識追加と

本制作日誌をご覧くださっている方には、
何度か、同趣旨のことをお伝えしておりますのですが――

『錬電術師は、“正解”を持たない、
あるいは、“正解”を持ちたくない、物語』

――として、私としては書いておりますつもりです。


『ゲーム攻略上のトゥルールート』

は存在しますし、
同じ意味での“トゥルーエンド”も設けるつもりではございますが、


『物語上のトゥルールート/トゥルーエンド』

は、“読んでくださった方に決めて頂ければ、一番嬉しい”
と、強く希望しておりますのです。


言い換えますと――

『読んでくださった方が、それぞれの“解”を持って下さったら、
それこそが、錬電術師の、一番嬉しい読まれ方』

――であるように、私としては感じておりますのです。


で。

そのような 『解』の一つを、先日、

『頂き物コンテンツ」のご感想
あるいは

『HexaQuarker Walker  〜錬電術師紀行〜』

でもおなじみの、

GoShuさん

から頂戴できましたこと! ご報告申し上げます。

その名もズバリ! の、


『錬電術師・解』
さんです!


で、こちら
『第一章、および第二章の評論、分析、ガイダンスページ』
さんでございますので、

【一章・二章をまだプレイ下さって無い方には、致命的なネタバレとなる危険があるかもしれない】

こと、ここでのご紹介に関します注記として、明記させていただきます。

また、
“ストーリー分岐完全フローチャート”
も、一章、二章それぞれにございますので――

『錬電術師第二章の攻略情報を!』

とか

『アルバムが一枚ずっとうまらない!!』

という方がもしいらっしゃいましたら、
「フローチャートに答えが記されていますよ!?」
という事、あわせご紹介申し上げますのです。


で。

「一章・二章はガッチリプレイしたぜ!」

というプレイヤーさんには、

「多分、すごく面白い!」

のではないかと存じますので――

(“ご自身の中の<錬電世界>の見方が変わってしまう”
 可能性もしくは危険性がゼロとは言い切れませんので、
 そこにはご注意ください、ともお願いをいたしました上で)

「是非に“GoShu”さんの“解”を、ご覧になってみてください!」

と、私、強くオススメいたしますところでございます!


で。
私が上記“GoShuさんの解”を拝読して

「如何に感じたか」なのですが――


A:「こう読んでいただけたこと、納得です」的な感想

B:「こう読んでいただけたこと、意外です」的な感想

――いずれにしても、

『制作者からの“正解”的な方向性の暗示』に
繋がってしまうかと強く懸念をいたしますところですので――
そちらにつきましては、厳に自粛いたしたく存じます。


ですので、その辺のことを外しました、一点――


『頂戴いたしました、ご感想・ご不満への“ご回答”は、

「そうすることを目的とする」 のではなく
「書きたい&書くべきをきっちり書き切り、
 結果、ご不満とご疑問を解消していただけますよう」 に、

【錬電術師最終章】にて、示させていただきたく存じます!』


――のみを、御礼&ご感想に変わりましての 
『お約束』として、ここに記させていただきます!!




でもって、話は変わります。


変わった話の焦点は、タイトルにございますように、
先日 試作・公開させていただきました――



【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版・v 0.10】


『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』


――の上へと、結ばれます。


で、こちら、

<追加情報などございましたら、
 (先日の)『アンケート』の方、もしくはコメント欄、もしくはメールフォームに、
ご意見ご情報お寄せいただけますと、とても幸いに存じます!>

と、あわせお願いしておりましたのですが――

その甲斐あって、お二方から、

「関連情報」を頂戴できましたので(ありがとうございます!)

こちらで、ご紹介させていただきたく存じます。


まず、追加情報Aは、


『650の無味乾燥』


の650さんから、バナー下コメントとして頂戴できましたご情報で、

>並ぶ一般参加者は折りたたみ椅子があると大分楽になります。

とのことです。
こちら、サークル参加者さん向けの情報では無いので、
リスト追加は出来ませんのですが――

(念のため、
 サークル参加者さんが自分のブース内で持ち込みの椅子を展開することは、
 他のサークルさんの確実かつ多大なご迷惑となるかと存じます)

――行列をする一般参加者さんには、間違いなく!
「知っておくと便利!」なご情報であろうと想像いたしますところですので、
こちらでも ご紹介させていただきました。


で、もう一点―― は、
名前をご紹介させていただいてよろしいのか、
確認が今のとことれておりませんので――

私の方で、暫定的にペンネームを勝手につけさせていただきますところの



『引籠世界の探偵事件簿 0・1・2』のマスターアップおめでとうございます!
超おめでとうございます!!&クリック先の[DIARY]コンテンツにご詳細が! さん』



・・・からのご情報です。

 その趣旨は

『イベント用のカバン(エフェクターケース)に
イベントに必要な物(ガムテープとかノートPCを載せる台とか布とか)
 を、予め用意して放置しておくと、ラク』

――というものとなります!

 こちらも、「言われるとなるほど!!」と非常に思い&
私のうちには「使って無いデカいカメラバッグ」がございますので――
早速に、必要なもの詰め込んでみて&カートの最下部にそれを配置!
というの、試してみたいなぁ、と思いました!!

 こちらも、持ち物というか「イベントの知恵」かと思いましたので、
取り急ぎはこちらでのご紹介、とさせていただいております。


【焼肉万歳】さん


のすりわさん! ご情報、ありがとうございました!!




――と、いったようなところで、制作進捗のご報告に移りますのですが、


『シナリオ&スクリプト&リライト』
 書けてる部分の基礎スクリプトとリライトは完了。
 シナリオは、新規部分を執筆中。

 多分、明日には“当座必要なシナリオ”は全て書き終わる。


・・・という感じになるかと存じております。


で、この

“当座必要なシナリオ”という言葉の意味などにつきましても、
状況の透明度を完全に確保出来次第! お伝えいたしたく思っておりますので――
どうぞ、もうしばらくのご猶予をいただけますと幸いです!!


と、いうことで引き続き、
シナリオの執筆の方、継続したいと思います!!!!


と、本日のアンケートは

『ブログ記事中にある「リンク」、クリックしますか?』

というものとなっておりますので、
お気がむかれましたら、ご回答のお手数、どうぞよろしくお願いいたします!



 



posted by 進行豹 at 00:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月20日

【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版・v 0.10】を作ってみました!

と、いうわけで、先日ちょろっとお話いたしました、

『コミケの持ち物リストのサークル参加者さん版』
および
『一般参加者さん版』

を作ろう! という考えなのですが。

「よく考えたら、私 コミケってサークル参加しかしたことが無い」

ので・・・

『一般参加者さん向けのオススメ持っていくものリストは、自信を持って作れない』

という結論に落ち着いてしまいました。


ので、そちらは私 断念させていただきまして――

その代わり!



【コミケ持ってった方がいいものリスト:サークル参加者版・v 0.10】


を、早速に試作してみましたので、
以下に貼り付けてみます。

『.doc (excelファイル版)』

『.pdf版』

『.html版』


・・・どんなもんでしょう?

一応――

自分の経験+狩野さんの経験+コミケ会場で諸先輩にお伺いした経験
+アンケートでお寄せいただきました知識 (ありがとうございます!)

――を基に、

『自分が初サークル参加のときに あれば助かったのに!』

と思う物品、リストアップしてみました感じです。

また、コミケットアピールも確認しながら作成はしたつもりでもあります。


とはいえ、まだまだ不備や間違いなどあるかとも存じますので

「これはヘンだよ!」

とか

「このアイテムもあると便利さ!」

などなどのご意見ございましたら、

今回も末尾に引き続き設置いたしました

『アンケート』の方、
もしくはコメント欄、もしくはメールフォームに、
ご意見ご情報お寄せいただけますと、とても幸いに存じます!




で!

本日は その他にも二点、ご報告事項がございますので、
以下にご報告申し上げます!!



【1:第二章学園編OP没曲が お披露目に!!】

錬電二章の体験版相当部

いわゆる『学園編パート』なのですが、

こちらのOP曲が、

『Twinkle☆Miracle』 という、
“アイドルポップス路線”(と、私は解釈しております)の、曲でございますことは、
この日誌を読んでくださっていらっしゃるみなさまにおかれましては、
すでにご承知いただけておりますかと存じます。


ですが、そんな皆様でさえ、ご存じでは無い情報として――

“『T☆M』は、学園編OP曲の、<候補A曲>” であり、
その陰には、“<候補B曲>”が存在していた

――という事実が、実はございましたのです。


で、『T☆M』と、『B曲』。

こちらにつきましては

「んでは、二章体験版は学園編で」

ということが制作会議で決定して直後、
私が、桜崎さんから、

「学園編のOPは、どんな曲をご希望ですか?

とのご質問を頂戴したとき――

「アイドルポップスか、ガールズロックで!」

――とお答えさせていただきましたら、

『両方をご作曲いただけてしまった!』

という、実に嬉しい展開から、ともに誕生いたしましたのです。

いわば、この二つの曲も、“ふたご”関係なのですが――

完成した曲、実に優劣つけがたく……

断腸の思いで、“A曲”であった『T☆M』を採用・実装。

B曲は、そのまま お蔵入り・・・ということに、なっておりましたのです。


が、しかし。

蔵の中で鉄仮面をつけられ幽閉されていた、
二代目スケ番刑事こと、“B曲”にも、

『桜崎さんが、近々ボーカロイドアルバムをお出しになられる!』

という、大きなチャンスがやってまいりました!


そして、闇の警視総監や、大怪球フォーグラーとのアレヤコレヤの結果!
『B曲』は、見事にそのチャンスをつかみ!

『B曲』アラタメ、
『オレンジ☆スパークリング』として、

見事にデビュー―――! を果たしましたのです!!


のでので、この数奇なる運命の申し子
『オレンジ☆スパークリング』の方!

是非是非、お聞きいただけましたら、とても嬉しく存じます!






【2:PBPのtOさんに お褒めいただけました!!】

 
PBPのtOさん


といえば、


【ゴスデリ】体験版

でご堪能いただける素晴らしい“映画的演出”センスを誇るスクリプタさんであり、


また、


“紺来血風録”
や、錬電最終章でフル活用させていただいております、 

『move_e系プラグイン群』で おなじみの、
素晴らしいプラグイン開発者さんでもいらっしゃる、


・・・私などから見れば、
「雲の上レベルの腕っ節を誇るスクリプターさん」
で、間違いなくございますのですが。

その、tOさんから、

「むちゃくちゃ嬉しい!」
と同時に
「正直とんでもなく過分にすぎる(ように思える)」

ように思えます、

『お褒めの一言』 

を頂戴できましたので、そちら、照れつつも全力で!
ご紹介させていただきたく存じます!!

いやもう、私に出来ます事は、

『そのお褒めに恥じない“錬電ならではの演出”を、
 最終章でも徹底していくことをお約束申し上げます!』

ことに尽きるかとも存じますので――


お褒めの言葉、今はありがたく「お預かり」し。

そして、最終章をきっちりリリース出来まして、
幸いにして、その“演出”に、高評価を頂戴できるようでしたら、
そのときに改めまして&大喜びで!
「拝領」させていただきたく、存じておりますのです!!


で、その最終章の製作なのですが、

『制作進行』

+ WEB体験版のリリース時期確定にむけ、98%程度の調整を完了。
(あと一要素がクリアになれば、ようやくリリース時期をご発表できるかと存じますので、
どうぞ、もう少しだけお待ちいただけますと幸いです)

+ コミケに向けての各種物理準備


『シナリオ・スクリプト・リライト』

+ 体験版リリースボリュームを確定

+ そこまでのプロットと、“体験版のくくり方”を完全整備

+ 新規&当座の“最終ブロック”の執筆を開始

――といった進捗を得ることが出来ましたこと、ご報告申し上げます!


 ので、ともかくも
 「当座の大きな一区切り」を、出来るだけ早くに確かなものとして&
最終章体験版関連確定情報、早期に皆様にご案内させていただけますよう――

引き続きまして製作もろもろ、頑張りたいと思います!!


(この日記は、21日 零時更新分のフライングとお取り扱いいただけましたら幸いです!)





posted by 進行豹 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

夏コミ(物理)準備開始&物理準備の知恵募集!

先日お知らせしましたとおり、


「委託販売をお引き受けいただく分の、


夏の新刊同人誌


への、


『かやぺったんカード』


の差し挟み」 は、


『ホワイトキャンバス』さま



『とらのあな』さま



『めろんぶっくす』さま


の、委託取扱をお引き受けくださったショップ様全てからのご許可を頂戴することが出来ました。


で。
せっかくのかやぺったんカードであり、かつ
「手に取っていただけた=ご購入いただけたことが確定」
ということも明白であるかと存じましたので――

『委託お取り扱いをいただく分のかやぺったんカードにも、
各1ずつの かやぺったんを押さねばなるまいな』

――ということを、私考えました。


このような時、最も頼りになるのは、
不機嫌亭ゲーム班物理製作部顧問の “きゃな”さん。
ならびに
不機嫌亭ゲーム班技術アドバイザーの “pomrice”さん。

というお二人なのですが、

「来週の日曜日に 『ワンダーフェスティバル』というモデラーさんの祭典」

があるとのことで、そちらのご準備にかかりきりでらっしゃること明白でございます。


でもって、
狩野さん桜崎さんも、ペンと楽器と、握るものは違えど――
お二方とも同じく“手を繊細に使う”お仕事をしてらっしゃいますので、

「ハンコ押しの反復とか、普段とは違う負荷をかけ、腱鞘炎フラグなどが立っては一大事」

という理由から、お手伝いをお願いすることは、非常に気が引けるところでございます。


しかしながら、同人誌の刷りあがり予定が
23〜24日くらいの筈で。

で、刷りあがりをお受け取り次第、
私(性格的に)出来る限りに早期に かやぺったんカード封入&
委託先さまへのご納品をすませてしまいたいものでございますので。

理の当然として、

「私が ぺったんぺったんしまくるのが、一番良い」

という結論に、落ち着くにいたりました。


 で、本日の埼玉 「非常に暑ぅ」ございましたので、

「こういう日は、単純作業をまとめてやっちゃうに限る!」

みたいなこともあわせ考えまして、


1:「♪ぺったん たんた かやぺったん♪ と歌いながら、ぺったんぺったんスタンプを押す」


2:「錬電一章、二章、エコバックなどの在庫数の確認と、
   一章二章の増産予定の策定」

3:「ラミポスター(同人誌版)のレイアウト」


・・・などなどのことを行いまして、
そのそれぞれに、一定の成果を上げることが出来ました。



 で! そのような作業をしながら、私――
 
「そういえば、いつも夏コミ、タオルを忘れて酷い目にあうんだ!!」

――ということを思い出しましたので、

(その辺のリストっぽいの、WEBにあるかしらん)

と考え→検索しましたところ、

『一般参加者持ち物チェック表』

というサイトさんを発見することが出来ました。


ので、このヘンを参考にさせていただきつつ、

『サークル参加者さん向け』



『一般参加者さん向け』

の “夏の同人ゲームの島で役に立つげなリスト”

を、作ってみようかなぁ、とか思うにもいたりました。


のでので、

「こういうの持ってくと便利だよ」


みたいなお知恵ございましたら、

どうぞ、コメントででもアンケートででもメールフォームででも!
お寄せいただけますと幸いです!

ご情報の方、お寄せいただけましたらもちろん、
いただけなくても――

コミケ前にはリストとして取りまとめ、
公開させていただきたくも思っておりますので!!


ちなみに、私は

『コミケ後打ち上げに行くんなら、換えのTシャツは持ってったほうがいい!』

と、強く主張するところでございますのです!!



で。
そんなこんなの理由ですので、
本日の製作進捗は、

『シナリオスクリプト』
・・・昨日書いた部分のリライトと基礎スクリプト(途中)


まででございまして、新しいブロックには、現時点では突入できておりません。


ので、眠くなるまで頑張って、もし、突入できるようなら突入し。
そうでなくても、リライトはせめて、きっちり終えるところまで、
行きたいなぁ、と存じております!!


ということで、ひとまずは失礼します&
アンケート、以下においておきますので、
もし、お知恵ございましたら、どうぞよろしくお願いいたします!!


posted by 進行豹 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月19日

問題です。“T-35”といえば・・・戦車です。が、それでは“S-49”は?

えーと、今日は書きたいことが沢山発生しましたので、
箇条っぽくいきます。


■T-35とS-49のこと

先日、

【焼肉万歳】さん

に更新がございまして。

焼肉万歳さんのC76のスぺースが、
『8/15(土)東“T”35a 』であることが判明しました。

私、その情報を見た瞬間!

『T-35っていう戦車なかったっけ!?』

と、思いました。

しかし、記憶を探っても、脳裏に浮かぶ戦車の姿といえば

こういったもの

ばかりで――

「いやいや、違う!」と思いつつ検索をかけますと、

『T-35とは、こういう戦車である!』

ということが、ハッキリといたしましたのです。


「ソ連の多砲塔重戦車とは、さすが“戦車と引籠の焼肉さん”だ!」

と、私、妙に感心をしてしまいまして。

で、

「焼肉さんのスペースどこだっけ・・・確か……ソ連の多砲塔重戦車! ああ、そうだ! T-35だっけか!」

と、一部マニアの方には非常に覚えやすそうなことも、なんだかとてもうらやましく思いましたのです。


が、その瞬間! まてよ!? と、ひとつのヒラメキが、私の脳裏に訪れました。

「"S-49"ってのも、検索かけたら何かあるんじゃないの!?」


閃いたその瞬間に、指はキーを叩き終え。結果――

『"S-49"とは、このようなシロモノである』

――という、この検索がなかったら、私 恐らく一生知ることがなかったであろう知識を、得るに至りましたのです。


 ので、ご興味おありのみなさまにおかれましては、是非!
上記リンクをクリックの上、
夏コミ、不機嫌亭ゲーム班のスペースをお探しのときにおかれましては、

「不機嫌亭ゲーム班のスペースどこだっけ・・・確か……ユーゴスラビアのイカルス社で開発されたレシプロ戦闘機のダイムラー・ベンツ製のエンジンを搭載した発展型! ああ、そうだ! S-49bだっけか!」

と、思い出してやっていただけましたら、とても幸いと存じますのです!!




■かやぺったんカードの同人誌(委託分)への挟み込みのこと

一昨日の日誌で、お伺いしたことをご報告させていただきました――


「委託販売をお引き受けいただく分の、


夏の新刊同人誌


に、


『かやぺったんカード』


を差し挟んでも良いですか?」 というご質問に対するご回答を、


『ホワイトキャンバス』さま


ならびに


『とらのあな』さま


からも、頂戴することが出来ましたこと、ご報告申し上げます!


頂戴いたしましたお返事の内容は

『かやぺったんカードの挟み込みOK!』

という趣旨のものでございましたので、

先日ご報告させていただきました


『めろんぶっくす』さま


と合わせまして、

【夏の新刊に関しましては、委託販売をお引き受けくださった全ての委託ショップ様にて、
かやぺったんカード挟み込み済みのものをお求めいただけます!】


こと、委託ショップさまへの感謝の気持ちと共に、全力でご報告申し上げますのです!




■WinMerge日本語版のこと

 で、その「夏の新刊」を作っているとき、
 『このソフトの存在を知っていればどんなに便利だったか!』
と思うフリーソフトの情報を頂戴いたしましたので、
まずは皆様に、そのソフト内容のご案内申し上げます。


 そのソフトとは 『WinMerge<日本語版> 』

 出来ることは 『ver違いの二つの文書の比較』です。


 つっても、ピンとこない方もいらっしゃるかと思いますので、
下記のスクリーンショット、ご覧いただけましたら幸いです。


winmerge_ss.jpg


 スクショ、
 左側が 「夏の同人誌の原稿の、入稿版」
 右側が 「夏の同人誌の原稿の、かなり初期の版」
のデータの『新旧比較』をしたもの、となっております。

 色が変わっている箇所が 「改変のあった場所」で、
 左端のツールバーでも、「改変のあった場所の色は違っている」
ことが、ご確認いただけるかと思います。

 ので、そのツールバーの色違いのとこをチェックしていけば、

『どこをどう、自分が書きなおしたのかが、一目瞭然にチェックできる!』

のです!!


 これは、文章作成だけでなく、例えば――

 吉里吉里の表示まわりを司る
 “MainWindow.tjs”をうっかりいじってしまったら
「バグが出て、起動できなくなっちゃった!」

――という場合などにも、非常に有効に使えるのではないかと存じます。

 変更前版と変更後版を比較して、変更部分をチェックしなおせば

「あ、なんだ! ここで全角スペースいれちゃった」
とか
「単純な記述ミスしちゃってるよ!」
とか、そういうのが非常に効率よく、洗い出せる筈だからです!


 と、いうわけで、この非常〜〜に有用度&応用範囲の広い、

WinMerge<日本語版>

 は、こちら↓からフリーダウンロード

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/8165/winmerge.html

できます。


 ついでにいうと、wordファイルとかを比較できるようになるプラグインは
こちら↓

http://freemind.s57.xrea.com/xdocdiffPlugin/ 

にて、フリー配布がされております。

 ので! 「これはっ!?」と思われた方がもしいらっしゃいましたら、どぞ! 
お試しなされてみること、私 全力でお勧め申し上げますのです!


 で、このお役立ち情報を「どなたが下さったのか!」につきましては、


『5次元スケーターズ』さん


のK-fiveさんが、

『同人ゲーム制作情報』コミュニティ@ mixi

で下さいました!

ということ、私、全力の感謝とともに――

(この場を借りても、あらためて御礼申し上げます。
 ご情報、ありがとうございました!!)

――ご報告させていただきます!



■みなみさんに褒めていただけましたこと

本日、ネットを巡回しておりましたところ、


『おすすめ同人紹介』さん




【・同人ソフトサークルこの人がすごい】
(ジャンプ先の、現時点では一番下の部分にある記事です)

という記事があることを発見いたしました。


で、私、すごい人には当然興味がございますので、
非常に面白く拝読させていただき

tOさんの腕っ節と演出センスと度量の広さは、確かに物凄いところだ!」

コグレさんの絵も塗りも“空気感”みたいのも、確かに物凄く綺麗だ!」

的な納得を、

「アイディアに特に優れた方々とは うらやましい!」

的な新しい発見とともに、強い刺激を頂戴しておりました。


と、その直後に――

『制作進行としての私』が、予想外の高いご評価を頂戴できていることに気づき――

正直に申しまして、「ものすごく嬉しい!!!!!」と、感じました!


ご評価、ありがとうございます!!


が、しかし――

私以外の全ての方々については、
『結果』についてのご評価であり。
それは今後とも、決して揺るがぬところであろう――と、私理解をいたしますと同時に、

『私について頂戴したご評価は、“途中経過”に対してのもの
 プラス、未来への期待値・・・の合計としてのもの』

であることも。

拝読した瞬間の喜びが落ち着きますと・・・
これはしみじみ、痛感するに至るものでございました。


のでので、頂戴しました高評価を決して裏切りませぬよう!

とにもかくにも、これを励みに またコツコツと製作努力を積み重ね!

立て直しスケジュールを完全確定&ご公表させていただきました暁には、
今度こそ それを何としても
(その時点でのベストクオリティを満たしつつ)
守っていきたく!! 

決意を新たにさせていただきましたこと、御礼かたがたご報告申し上げます!



で、そのコツコツの本日分の成果としては――

「リライト&基礎スクリプト」
→前日までに書いたとこまで全部

「新規シナリオ」
→荒いけど、1ブロックのお終いまで


――というのが得られましたこと、ご報告申し上げます!


明日には、今日書いた分のリライト&基礎スクリプト完了し、
出きることなら、

『大きな転換点』に、突入していきたくも存じております!!



で、本日のアンケートといたしましては、

昨日頂戴したアンケート結果(ありがとうございます!)
のうちの――

「イベント派。同人ショップは使わない」 : やはり作った人から直接受け取りたい (男性/東京)

「イベント派。同人ショップは使わない」 : 店で売ってるような大手サークルには興味ない (女性/東京)


という二つが、とても興味深く思えましたので、


『同人ゲームに求める、“同人ならではの要素”ってありますか?』

という内容で、作成させていただきました。


もし、お気が向かれましたら、ご回答の方たまわれますと幸いです!







posted by 進行豹 at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月18日

「業界最速は伊達じゃねぇです〜」

と、めろんちゃんさんからメールが来たわけではございませんが――

しかし、今回もまた、


『めろんぶっくす』さま


が、【業・界・最・速!!】

のキャッチコピーに偽りなし! というところをまざまざ示してくださいましたので、

その件、全力の感謝とともに、ご報告申し上げます!



「何をもって、その事実をまざまざと示してくださったのか!」
というご質問に対しましては――


先日の日誌で、お伺いしたことをご報告させていただきました――


「委託販売をお引き受けいただく分の、


夏の新刊同人誌


に、


『かやぺったんカード』


を差し挟んでも良いですか?」 というご質問に対する、ご返答の早さをもってでございます!

――と、私 ご回答させていただきます。

具体的に申しますと・・・

7/16の 15:20に送信させていただきました同質問に対しまして、
7/17の 11:03にはもう! お返事を頂戴することが出来ましたのです!



で、そのお返事の内容は、要約いたしますと――

【封・入・O・K!!】

――というものでございましたことも、喜びと共にご報告申し上げます!



ので、アンケートで頂戴いたしました、

「イベントには参加できないけど、カードだけでも欲しい!」

というご要望に関しましては!

「(現時点では)メロンブックスさんでの新刊ご購入をいただけましたら、可能です!」

ということとなりましたこと、合わせご報告申し上げます。

ご検討の一材料としていただけましたら、幸いです。




で。
その、「アンケート」なのですが、


試験設置してみてから、そろそろ 一週間くらいとなるように思いますので、
ひとまずの「どんなもんか報告」をさせていただきたく存じます。


この帰還に、私のさせていただいたアンケートは
(全て、文字列クリックで結果ページに飛べます)

『本日の製作日誌へのご評価をいただけましたら幸いです』

『スクリプトの話題とか、如何でしょうか?』

『「かやぺったんプロジェクト」について 』

『かやぺったんの「交換特典」について 』

『気になってるゲームのレビュー、見ますか?』


というものでして。

幸いにして、その全てに有意なご回答を頂戴することが出来ました!

(ご回答、あらためましてありがとうございます!!)


で、それのみならず、

>本文と関係ありませんが、コメント欄50文字はちょっと少ないかもです(T_T。)
 ↑[コメント枠]の幅をアップしてみましたが、
  文字数が変更になってるかどうかはわかりません。
  もし、これで変更できてなかったら変更不能かと思いますので、
  その場合には――ご要望にお応えできませんこと、
  心よりおわび申し上げます。


>とあるジャングルで人食い人種の父親が幼い息子にジャングルでの生き方を教えていた。 毒矢の作 (男性/30代/埼玉)
 ↑り方、獲物の取り方などを教え、息子はいっぱしの狩人に成長していった。
  ある日、一人の若い女性が親子の前に現れた。息子は言った
 「父ちゃん! 今日の晩御飯は あの女だね」
  すると父は、“まだまだだな、息子よ”という顔をしながら、こう諭した。
 「今日の晩御飯は、母ちゃんだ」

>お伝えする機会がなかったのですが、以前の日記に書かれていた初マグロネタ面白かったですよ(^-^)
 ↑励みになります! ありがとうございます!!

>歌声にも期待 (男性/10未満)
 ↑励みになります! ありがとうございます!! ――って、10未満!!?


・・・などなどの――
 
『アンケートの直接の回答+αな、
アンケートが無ければお伺いできなかったご意見・ご感想』

――を、頂戴することが出来ましたのです!


で、総合的に考えまして、私

『このアンケートは、非常に有意だし、励みにもなる!』

という結論にたどりつきましたので――

引き続きまして、アンケートの方、お伺いしたい事項ございますときには、
作成・添付していきたく思いますので、お気がむかれましたときにはお気軽に!
ご回答の方いただけましたら、とても嬉しく存じます!
(ちなみに、本日は“同人ショップさん”に関するアンケートを末尾においてみました)




で! 錬電最終章、WEB体験版相当部分に関する進捗なのですが、本日は――


『基礎スクリプト・リライト』
 →昨日書いたとこまで一通り

『新規シナリオ』
 →かなり書けた、ので、明日には1ブロックの終わりまで行けそう。

――という感じのものとなりましたこと、ご報告申し上げます!


この調子を維持し、引き続きまして 製作、頑張りたいと思います!!

posted by 進行豹 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月17日

第二章へのイラスト付きレビューを頂戴いたしました!

が、そのご紹介の前に、

先日ご紹介させていただきました、


『かやぺったんプロジェクト』


に就き、いくらかのご報告をさせていただきたく思います。

1:<かやぺったん> が、<油性かやぺったん>に進化しました。

 →と、いっても「そのままだと、コスったきに擦れてしまう」という欠点への対応のため、でございますのですが。
  詳しくは、一個前の記事に書きましたので、
 ご興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、チェックいただけますと幸いです。


2:「かやぺったんアンケートで頂戴いたしましたご要望に従い、ショップさんにお伺いをたててみました」

 →7/16の記事中で行わせていただいておりますアンケートの結果、
『イベントにはいけないけど、カードだけでも欲しい』
という嬉しいお言葉を頂戴することができましたので、

早速 私 


夏の新刊同人誌


の事前発注を頂戴しておりますショップ様あてに

「これこれこういう理由なので、カードを しおりみたいに
 挟み込んでのご納品させていただいても大丈夫でしょうか?」

というお伺いメールをお出しさせていただきましたこと、
ご報告申し上げます!

結果につきましては、
お返事頂戴出来次第orお返事頂戴できぬままにご納品予定日になり次第、
本日誌内でご報告させていただきたく思いますので――
どうぞ、お待ちいただけますと幸いです。


3:<かやぺったん>への嬉しいご反応、コメントを頂戴できました!

  650さんとこのバナー下 一言コメント
  同人Queさんのご紹介記事
  まぐおさんとこのご紹介コメント

  “イベント=お祭り!” と、
不機嫌亭ゲーム班としては考えておりますので、
その 出し物の一つとして! 『かやぺったん&かやぺったんカード』
楽しんでいただけましたら、とても嬉しく存じます! 

 &

「油性でも大丈夫なら、手にでもホッペにでも、ご請求いただけましたら、
即座の“かやぺったん” させていただきます!」

――こと、この場を借りて全てのプレイヤーさま方へお約束申し上げたく存じます!

 ・・・のですが、「落ちないかも」というリスクにつきましては、
自己責任ということで、ひとつよろしくお願いいたしますです。


 あと、「かやぺったんカード&かやぺったん」
 スタンプコンプ特典の内容が、
(もし、そういう方がいらした場合、ですが)
 『コレクターさんを刺激してしまう何か』
になってしまった場合――

これは非常に、「楽しみづらい」事態になってしまうかなぁ、
とかも存じましたので。

 もし、限定グッズやソフトになるにしても、

“キーワードは『誰特』”

――という路線を目指した方がいいのかな? とか、
現時点では思っております。


 のでので――
あくまで 「お祭りのお伴!」ってことでイキに楽しく!
どうぞ、かやぺったん&かやぺったんカード、
連れて歩いてやっていただけますと、とても嬉しく存じます!!
 


 で!
 かやぺったん関係のご報告が終わりましたところで、いよいよ、

『頂戴いたしました、イラスト付きレビュー』
の、ご紹介をさせていただきたく存じます!!

イラストとレビューを くださったのは、なんと!

『くろえ姉のナレーション&SEボイス “+α”』
をご担当くださっている!


『散歩で、寄り道。』


の管理人さんでもいらっしゃいます声優さん、
「いちいさん」! でございますのです!!


レビュー&イラスト、本当にありがとうございます!!!


で、レビューの内容につきましては

1:ここで何かを書くと、ネタばれになる危険がある

2:読んでくださった方の“視点”に、
  私の“視点”からの意見を交えたくは無い

といういつもながらの理由によって――
私としては『完黙』をさせていただきたく存じますのですが、

イラストにつきましては、私が何を言っても、
それは「無害な感想」でしかなく、
別にどうこうは無い・・・かとも思いますので――

「あどけなくも、大人っぽい、そして物思わしげな!
 “らしい!” 一枚をありがとうございます!!」

と、この場をお借りして、御礼申し上げたく思います!


ちなみに、イラスト&レビューは

こちらの文字列をクリック!

でダイレクトにお楽しみにいただけますが、

“ネタばれありかも?”とも思わないことも無くも無くございますので――


もし、
『二章は未プレイで、前情報は入れたくないぜ!!』
という方がいらっしゃいましたら、
その点、どうぞご注意いただけますよう、よろしくお願いいたします!



で、本日の進捗としては、
冒頭でご報告申し上げたかやぺったんまわりのこと以外では

『制作進行として』

→各種リリーススケジュール調整をほぼ完了できた。
 今とりかかっているアレコレにひと段落が付き次第、
正式発表をさせていただきたく思っている。


『シナリオ・スクリプトとして』

→書いた部分のリライト&基礎スクリプトと、新規部分の執筆とをそれなりに。
 今書いているブロック、ざらっとだったら あさってくらいまでには書き切れそうな感じ。


『ホームページ管理者として』

→魔術講座の切り口が思いついたので、草稿に着手



・・・という感じの成果を得ることが出来ましたこと、ご報告申し上げます!



で。

以前に 私が、

【バナー作成の代わりに、魔術講座を毎日書くようにします!】

と宣言いたしましたことに関しましてなのですが――

『そちら、ちょっと無理がありました!』

――ということ、確定的になりましたので、謹んでおわび申し上げます。


何故 『無理がある』かと申しますと・・・

『バナーを作るときに使う脳味噌とシナリオを書くときに使う脳味噌は、多分 別領域』

であるのに対し

『魔術講座を書くときに使う脳味噌とシナリオを書くときに使う脳味噌は、完全に 同一領域』

であるらしく、

『魔術講座を書くことは、各種執筆の気分転換には全くならず、むしろ脳を疲労させてしまう』

ことが、明白化してまいりましたように思える――ためです。


がしかし、

「魔術講座を思いついた! 書ける、書きたい!!」

というタイミングに、シナリオがいまいち進まない・・・
というときも確実にございますので。


そのようなタイミングには、魔術講座、コツコツと書き進めてもまいります。

ので――
どうぞ、気長にお待ちいただけますよう――
改めて、心より、お詫び申し上げますとともに、お願い申し上げます!


と、いうことで、本日のご報告は以上とさせていただきまして、
メール返信をしましたあとに、シナリオの方、書きついでいきたく存じます!


と、 本日は、上記記事を書きながらおもった疑問を、
アンケートとして末尾添付させてただきますので――


もし、お気がむかれた方いらっしゃいましたら、ご回答いただけますと幸いです!




posted by 進行豹 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月16日

【かやぺったん】スタンプカード製作をお考えの方向きの追加情報

先日の日誌でご報告申し上げました、

アウェイクスタイルさんのイラストハンコ』

+

アドプリントさんの"マットコート(ラミネート無) 91X55"』

との組み合わせによるスタンプカード作成には


【そのままの組み合わせで使用すると、スタンプが指でこすったときにコスれてしまう】

という重大な欠点があることが、本日 狩野さんの手によって発見されました。

かかる欠点に気づかず、情報のご紹介をしてしまいましたこと、申し訳ございませんでした。


で、コスれるスタンプをそのまま使うわけにもまいりませんので、
アレコレと調べましたところ、

『油性のスタンプインクを使えばいけるのではないか』

という推論にたどりつき。

『コート紙への適正 “◎”』

との案内が箱裏にあった、

ペーパーエース スタンプ台 青 HPA-2B』

という、油性染料インクを、私 購入してまいりました。


で、

1:元から入っているインクを、出なくなるまで、いらない紙に押しまくる。

2:印面を軽く水拭きし、水の跡も出なくなるまで、いらない紙に押しまくる

3:スタンプを押しても、何も映らなくなったことを確認してから、ペーパーエース スタンプ台にスタンプをポン。

4:そのままだと、余分なインクの付きがヒドイので、
  7〜10回ほど、いらない紙にスタンプ

5:マットコート紙にスタンプ


・・・という手順を持ちまして、


これこのように↓

kayapettann2.jpg

旧かやぺったんを、
指でコスっても全然平気な 【油性かやぺったん】へと進化させることに成功した(? こと、重ねご報告申し上げます。


で、私の場合

A「スタンプ台」
B「7〜10回程度の捨てスタンプ」
C「そこから20回程度の、コート紙(スタンプ用紙)へのスタンプ」
D「Aへ戻る」

というのを10セットほど繰り返し、問題無くスタンプできることを確認はいたしましたのですが――


しかし、上記のような使い方は、スタンプ製作会社さんの保障の対象外の使い方であり、
また、検索情報によると

『浸透印と油性インクの組みあわせは、印面を溶かす危険がある』

らしいことも、念のため付記しておきます。

いずれにせよ、上記方法、もしお試しになられる方がいらっしゃいましたら、
自己責任でのチャレンジをいただけますよう、お願い申し上げます。


以上、先日の日誌に関する事後報告とさせていただきます。  

posted by 進行豹 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月15日

かやぺったん はじめました(7/16 ご紹介の方法に関する不具合に関する再追記あり

【7/16 再追記】

 以下でご紹介しております組み合わせによるスタンプカード作成には

『指でスタンプ面をこすると激しく(印影が完全に判読できなくなるレベルにまで)コスれてしまう』

という問題があることが、7/16に確認されました。

不完全な情報をご案内してしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

また、同不具合への、不機嫌亭ゲーム班なりの(お勧めは出来ません)対処につきましては、

http://hexaquarker.sblo.jp/article/30585413.html

上記記事でご案内させていただきましたので、
もし、ご興味おありの方がいらっしゃいましたらご確認いただけますと幸いです。

また、同対処により、
【かやぺったんプロジェクト】自体は、問題無く継続されますこと、重ねご報告申し上げます。




-----------------------


と、いうわけで先日予告させていただきました、

『かやぺったんプロジェクト』の全貌につきまして!



「かやぺったんインフォメーション」


ページにて、全力でご案内させていただいておりますので!

もしよろしければ その内容、ご確認いただけましたら幸いです!!



で。
まずは物事の順序といたしまして、

「いかに、かやぺったんプロジェクトが開始されたか」

につき、ザラっとご説明申し上げたく思います。


はじまりは、

『アウェイクスタイルさん』

というショップさんで、

【簡単に&お安く! イラストハンコのご作成がお願いできてしまう!】

という情報を、発見しましたことでした。



で、

「かや姉ハンコを、会議資料とかにペタっと押すと かわいいだろう」

と思いました私は、

狩野さん

「これこれこういうわけなので、ハンコ作ってもいいですか?」

とお伺いし。

非常に興味無さそうな

「いいんじゃない」

というご了承を頂戴いたしましたことにより、さっそくハンコ発注をさせていただきました。


で、その時期に、狩野さんからは、


夏の新刊同人誌


の表紙絵のラフをも頂戴することが出来ておりまして――


表紙絵が、上記のように非常にかわいいものでしたので、

「これは、ウチワなり しおりなりにして、グッズ化したいなぁ」

と私同時に考え始めもいたしました。


しかし

<ウチワ> 
 一本200円だと、「結構な数がカンパケしてトントン」というキツイ採算性。しかし、300円で売るのはさらにキツそうだろうし、夏コミすぎれば在庫は即・不良在庫化することが見えてるし、夏コミが雨とかで気温低いと目も当てられないし、結構かさばるし、無料配布はうちのサークルの予算規模的にかなり無理。


<しおり>
 無料配布も可能だし、一本100円とかでも売れそう。
 だがしかし 『しおりは、縦に使われる』ことが前提で、
 その場合 『絵柄が横向き』 になるので、なんというか 元絵との相性的な部分でイマイチと感じた。


・・・という二つの理由から

「うーーむ」

という感じで、私、悩みに悩んでおりました。



 で、悩みを音楽で解決しようと、


【焼肉万歳】さん


の、


“SOUND OF THE HUMAN TANKS”


を手に取りまして、CDケースをパカリ、開けます。


と――

はらり、何かが落ちてきます。

「何だろう?」と手に取ると、
それはCDケースに封入されていた、一枚のカード。

青色の半透明のとても綺麗な、


【Sampling-Sound.com】


のマークが印刷された、カードでした。


そのカードを拾った瞬間、
私の口内には『究極の一本カルビ』の味が――

そして、脳裏には、一つの記憶が浮かび上がってまいります。


「ああ、そうだ・・・あのとき私は焼肉万歳の寺田せうさんに、
『このカード、どうやって作ったんですか!?』
 と、確かにお伺いしたはずだ――」


浮かんだ記憶に突き動かされ、
私は愛用のメモ帳を繰ります。

と、

『名刺印刷、寺田さんのお勧め』

というメモ書きの下に、

【アドプリント】

という印刷屋さん名が、しっかと記されておりました。


で、ググってそちらを見に行きますと――

『マットコート(ラミネート無) 91X55 (片面4色 / 表4色裏1色)』

という紙案内の説明に、

<文字を書いたり、スタンプを押す用途に適しています。>

という一文を発見いたしましたのです!

『エウレカ!!』

私は叫びました。


全てが、この瞬間に繋がりましたのです!


で、私早速――

『(SS 26mm×26mm)サイズのスタンプを、91X55サイズのカードに、六個押せるようなスタンプシートデータ』

(↑アドプリントさんに、同カード裏面用としてご入稿させていただきましたそのままの
<.eps、lzh圧縮>データです。
連絡等不要の、利用・加工フリーのデータとして置いておきますので、
もしご入用がございましたらご自由にお使いください)

――を作成し。


で、表紙データの完成を待ち、それを受けとりましてすぐ、
表面用のデータを作成、上記の裏面データとあわせ入稿し、
印刷上がりを待ちまして・・・


もって、『かやぺったんカード』の誕生へと至りました次第です。



 そのような過程で誕生いたしました
 
 「かやぺったんカード」なのですが、上記いたしましたとおり、

『かや姉スタンプが押したい』
というのが、そもそもの出発点でございましたため、


「かやぺったんインフォメーション」ページでも
ご案内させていただきました通りに、

『現時点では、スタンプ6個を見事集めたときの特典』

につきまして、<全くの未定>状態でもございますのです。



進行豹個人としての私案といたしましては、

『お値引き』

『限定グッズ』 

『限定ソフト』 (例えば、紺来血風録の本編とか、
         スクリプト版の『でんでんじつち』とか)

・・・あたりを考えております。

のですが、
せっかくのプレイヤーさまへのサービスとなりますので、
「プレイヤーさまのご意見を頂戴した上での検討をするのが正しかろう」
とも存じております。

ので、本日誌の末尾に、関連アンケートくっつけますので、
お気が向きましたらご投票・ご回答のお手数、賜れますととても嬉しく存じます!


と、アンケートの

「イベントには行けないので、カードだけでも欲しい」

の項目ですが、もし、ご回答たくさんあつまるようなら、

『委託ショップさんに、「同人誌へ挟み込んで大丈夫ですか?」
とお伺いをしてみる』

という路線でのアプローチなど、挑戦してみたく思います。


ので、(ダメだった場合にはごめんなさいなのですが)
そちらの方もご要望もしございましたら、お気軽にご投票いただけますと幸いです!


&進捗等につきましては、
0時過ぎの更新でまた、ご報告させていただきたく存じます!










-------------------------------

【以下、追記分の進捗報告などです!】


<起きたこと>

→思わぬ形での嬉しいご連絡を頂戴することが出来
  &そのご連絡により制作進行上の懸念が一つ解消でき、
  とても嬉しく感じた。

とらのあなさんの
「C76サークルインフォメーションページ」

の受付が開始されていることに気付いたので、

 早速に登録をすませ 
 “そういえば、初めてのコミケのときには、この情報を
まぐおさんのmixi日記から頂戴したんだっけか”
 と懐かしい気持ちになった。


<やったこと>

→最終章WEB体験版相当部分の、
 書けているとこのリライト&スクリプト




・・・・という感じとなります。
今日は、あまりにも暑くて、書き物など、
なんだか疲労を感じてしまって、イマイチ集中できない気配でしたので、
さくっと早寝早起きをして、早朝の涼しい時間に、
新規部分、書きついでいきたく存じます!!


(ということなので、各種ご連絡・ご返信も、
翌朝以降となってしまいますこと、ご容赦いただけましたら幸いです!)
posted by 進行豹 at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 製作日誌

「かやぺったんプロジェクト」の全貌は、明日お知らせ申し上げます!

明日、というか、日付的には

「本日、7/15日中に」

ということになります。


先日ご報告させていただきました

『かやぺったんプロジェクト』

の、「もう片方の翼」となりますナニモノか。

すでに私の手元に届いておりまして、
あとは各種調整をつけるだけ――
となっておりますので、

どうぞ、もう “最大で24時間”の方、
お待ちいただけますと幸いです。

(と、いってもそんな物凄い大型プロジェクトとかでは全然ないのですけれども(恐縮



で。
本日の進捗といたしましては――

『素晴らしい歌声を頂戴したので、それ関連でもろもろ制作進行を務めさせていただいた』

というのが、まず第一の成果としてあげられまして。


『各種リリーススケジュールにつき、引き続きの調整をさせていただいた』
『シナリオを ある程度書き進めた』
『リライト&スクリプトを そこそこ良い精度と速度とでやれた』


・・・・という感じの成果を、並行してあげることも出来ましたこと、ご報告申し上げます。


上記、
『素晴らしい歌声』が何であるか――も、
各種調整が整い次第、正式に発表させていただけるかとも思いますので、
こちらにつきましても、もうしばらくのご猶予をたまわれますよう、
心よりお願い申し上げます!


と、いうことで――
ひとまずは、眠くなるまでシナリオの続きを書き継ぎまして・・・

でもって、寝て起きて、アレコレをひととおおり完了いたしましたら、おもむろに!
『かやぺったんプロジェクトの全貌公開』
に向け、全力行動をしていきたく存じております!!

頑張ります!



posted by 進行豹 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

2009年07月14日

システムまわりをアレコレいじりました!

本日も私、主に制作進行として
『各種リリーススケジュール調整関連のアレコレ』
を、かなり熱心に行っておりました。


で、
「制作進行としてのアレコレが主体」
なときは

「連絡&連絡待ち&連絡いただけた場合の即時中断」
が主となりますので、

『新規シナリオ』には、なかなかに精神的に入りづらかったり、
私の場合はいたしますのです。


何故か、と申しますと――

「すごく良い調子で書けているときに、電話を頂戴しちゃったりしますと、

『わざわざ電話をかけてくださった先様に対して、“今いい調子だったのに!”』

的なサカウラミ感情が発生してしまう危険性を感じる」

――からなのです。




で、それはそれとし、
ひとまず話は変わりまして・・・

私が、というか不機嫌亭ゲーム班が、


toさん@PBPさん


ご謹製の、

『move_e系プラグイン群』

を使わせていただいておりますことは、
プレイヤーのみなさまにも既にご報告させていただいております通りです。


その、
「move_e系プラグイン群」と「KAGEX2のバージョンアップ」との兼ね合いのアレコレに関しまして――

不機嫌亭ゲーム班といたしましては、

『このverのKAGEX2と、このverのmove_e系プラグイン群で、
錬電最終章完結までの開発をさせていただこう!』

ということを、わりと最近に、
実は決意させていただいておりましたのです。



で。
その決意をした=開発環境が完全に固まった、ということは、すなわち、
“カスタマイズをしても大丈夫!”
(verアップによるバグ発生源になったりする危険が無い)

ということでもございますので――


本日この機に
私、
『システム面でのアレコレの不備を、整備してしまおう!』
と考えました。


より具体的に申しますと、
(5/5コミティア体験版後に不具合ご報告を頂戴しておりました)

『キーボードショートカットの不具合を消し、また機能を拡張する』

ことをメインに、吉里吉里の中身的な部分を触ってみよう! と、試行いたしましたのです。


で、結果といたしましては――

http://hexaquarker.com/h3_manual.txt

――というところまで、一通りは実装し、機能させ、
(私の試験した範囲では)
安定して動作させることが出来ること、確認するに至りましたこと、
まずはご報告申し上げます。


また、私、恥ずかしながら

「どこをいじればショートカット系のことをいじれるんだっけ?」

ということをスッポリと失念してしまっておりまして

(答えは、主として
「mainwindow.tjs の
//------------------------------------------------------- キーボード操作 --
以下の部分)

それ関係を、アレコレ検索しておりますうちに、


<あやえも 様>
 http://circlemebius.sakura.ne.jp/aya/



「吉里吉里ヒント集」
 http://circlemebius.sakura.ne.jp/aya/2008/01/post-597.html

という、素敵コンテンツを発見いたしましたのです!


で、そちらに

『総プレイ時間取得』

の手法のご紹介がございましたので、早速実装させていただきまして、

これ、このように

ss_config_w_time.jpg

【コンフィグ画面を呼び出すと、その時の総プレイ時間が画面右下に表示される】


ように、いたしたりもしてみましたのです!



で、そのような調整・改良を行いました結果、

『自分での読み直し&リライトの効率も地味にアップした』

という嬉しい結果を得ることも出来ましたので!


これを励みに、制作ぺース、またアップしていきたく存じております!

また、いただきました不具合報告が、
改善と改良との原動力となりましたことも明白でございますので――
不具合報告をくださったプレイヤーさま方には、心よりの御礼、
この場を借りて申し上げさせていただきたく存じます!



―― と、いうようなところで、本日のご報告は結ばせていただきまして、

新環境の下での、さっきまでやっていたリライトの方、
引き続きまして、頑張っていきたいと存じます!!


あ、あと
「スケジュール調整」に関しても、ほぼ完了しております感じですので――
順調にいけば、週明けごろには、

『新規リリーススケジュール』

確定事項としてご報告させていただけるかとも存じております。
ので、もうしばらくのご寛恕のほど、引き続き賜れますよう、

―― 心よりの御願い、改めまして申し上げます。






posted by 進行豹 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌