2009年09月03日

200*40バナーを

作りたい、と私は、昨日(日付的には一昨日。九月一日)
の午前中、強く思っておりました。

ので、実はこっそり、そちら作っておりました。


こちらです。




で。
作ってみて思ったのは、

500*100より、200*40の方が、圧倒的に難しいなぁ、ということでした。

「それは何故か」と申しますと、

1:バナーが伝えなければいけない、
  あるいはバナーで伝えたい情報量には変わりがない

のに

2:500*100と 200*40 では、
  面積比にして6.25倍もの違いがある

――からです。


単純に「同じ大きさの文字」で考えれば、

『200*40では、10文字でギチギチ』なのに対し

『500*100では、62文字いれて、まだ微妙に余裕がある』のです。


ので、「200*40」においては

『捨てる』

もしくは

『省略する』

もしくは

『絵に語らせる』

もしくは

『モンタージュ効果を考える』

などなどの、よりいっそうの工夫が必要になってくるように思えます。


この辺、私が「シナリオ執筆において不得手としている部分」と、
かなり被るようにも思いますので――


シナリオに詰まってしまって、
「気分転換がしたい」というときには、
200*40バナーの作成とか、今後 ちょこっとずつ、試してみたいかなぁ、とかも存じております。


願わくば、らせん階段を上るように!
一件、寄り道や廻り道に見える全てが繋がって、
『錬電術師』と言う物語のクオリティを、
結果アップさせていければいいなぁ、とも思います!



で。

らせん階段であろうが、通常階段であろうが、梯子であろうが。

『シナリオというしっかりとした基礎』

が無ければ、物語は決して、上へと登ってはいけませんわけで――


そのシナリオの本日の進捗はと申しますと、

「昨日書き直した部分に続く部分も、書き直している」

というものとなっておりますこと、ご報告申し上げます。


で、書き直し完了した部分の演出スクリプトの進捗は、

「微々」です。


が、しかし、本日は非常に良い製作進行上の進捗を得ることが出来、
また、「お出かけでかなり時間を使った」こともあわせて考えますと、

『そう、悲観するような進捗の悪さでも無い』ようにも思えます。

明日も夕方からちょっとお出かけしなくてはなりませんので、
焦る気持ちもございますのですが――

『焦って書いたシナリオは、後でかなりの確率で書き直す』

羽目に陥りますこと、どうやら私 学習し始めてまいりましたので。


とにもかくにも、コマギレの時間を無駄にせず、
かつ、集中できるときには緩まぬように!


一生懸命、製作の方、頑張っていきたく存じます!!

posted by 進行豹 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌