2009年09月26日

デートシーン、ひとまず書き終わり、これからリライトと基礎スクリプトを行います!

と、シナリオ方面の製作進捗報告は
取り急ぎタイトル通りでございまして、


【製作進行】方面に関しましては
上記進捗(遅延)は、
それとは直接の関係の無い、しかし同じくお詫びのメールなどを、
それぞれ各ご担当者様に方面にお出しさせていただいた――


という感じになります。



で。

『ここのところ、私は、私なりに頑張ってるのに、製作が少しずつズルズルといっている』

原因につき。


「打開せねば、マズい」

と、私 真剣に考慮いたしました。


で、原因候補としてまず思いつきました

【1:シナリオボリュームが膨らんでいる】

ことも確かにございますのですが――
しかし、それは別に、特別に今始まったことでも無く。
また
「書きたいことを書き切るためには、必然」
でもございますので、これは
(現状の私の意識においては)
「改善(? 不可能な要素」かと存じます。

というか、テキスト自体は(私的には)削いでますので、
ボリュームダウン=イベント数の減少=プロット簡略化
となり―― これは、物語的内容には、
はっきり「改悪」となってしまうのではないかとも懸念します。



で、次に思いつきますのが
(プレイヤーさまの目には、見えやすい要因かとも思われます)

【2:画像加工の練習や製作日誌の執筆に、一定の時間をとっている】

ことでございますが――
これも、
「もし、やめると、私の気分転換の手段が無くなる」
「そうなると『太閤立志伝X』とかにフラフラ手が伸びるかもしれず、
→そんなことになってしまったら、シナリオはより遅延する」

――懸念があるかと思われますので、
やはり 「出来る限りは改善(? 着手を避けるべき」点であるかと、
強く感じるものであります。



で。
その次に思いつきました原因候補が

【3:本来、朝方の私が、ここのところ夜型生活をしている】

こととなりまして――

実は、これが、地道に私に「効いている」のではないかとか、
(昨今、病院に行く機会が増えたことなどともあわせ)
ぼんやりと思い始めております。

 では、何故
 「本来 朝方の私が、ここのところ夜型生活をしている」

のかと申しますと、それは

3-A:
カレンダーバナーにチャレンジしておりました期間は

「毎日続けなきゃ! だけど、いつアクシデントが起きるかわからない」
という理由と、

「作り置きをすると、あまりやってて楽しく無さそう」

という理由とから、

『そうだ! 日付が変わった直後にバナー更新する習慣をつけてしまえば、
 アクシデントがあったときにでも、最長24時間の猶予を作れる!』

と考え→実行した。


3-B:
夜型のほうが、
“「メッセンジャー」を使う必要のある ご連絡”
がとりやすいということに、3-A実施期間中に、気付いた


3-C:
夜の静かな時間は、集中力が高まり、邪魔が入らないように思えた。



・・・ためです。



 しかしながら、現状の私が、“上記理由群を必要とするか”についてを再検討いたしますと――

3-A:
おかげさまで、無事にカレンダーバナーは満了したので<必要ではない>

3-B:
関係各位の生活環境の変化などにより
「メッセンジャーでの打ち合わせが必須なケース」
では“メールでの予定あわせ”を行うようになったので、
<必要性はかなり低下し、かつ代替手段を取り得る>


3-C:
 “早朝”に起きてしまえば、邪魔も入らないし静かでもある。
 そして、「深夜執筆したパートは、リライト頻度が明確に高い」
 傾向もあるので、
<代替手段を取り得、かつ代替手段の有効度の方が高そう>
 

――という検討結果が、導きだされ。


そちらを総合的に勘案しますと

『早寝早起き製作に切り替えて見る価値は十分ありそうう!!』

という結論を、私としては導きだすに至りました。



そこで、本制作日誌は、次回の更新以降――


【α:基本的には、AM6:00執筆開始。AM6:30前後に投稿】


【β:内容は、「朝のご挨拶」「前日の製作報告」「当日の製作予定」
 「(あれば)制作関連情報」「(あれば)身辺雑記」】


【γ:毎日更新は維持】


――という様式に改めて、執筆させていただきたく存じております。


 多分、こう改めますことで

「生活リズムの改善」 
 「寝起きの、有無を言わせぬ指馴らしの習慣化」

が図れるのではないかとも考えておりますので――

そうできましたら、結果

『製作速度も向上できる』

のではないかなぁ、とも。


 もし

「深夜更新を見るのを習慣として下さっていた」

プレイヤーさんがいらっしゃいましたら、その方には、
突然の変更でご迷惑をおかけしてしまうこと、
心よりおわび申し上げますが――


しかし

「そのご迷惑の分以上に、『錬電術師最終章を、良い作品に仕上げる』ことで、埋め合わせさせていただくための、様式変更」

でございますこと、どうぞ、ご勘案いただき――

できうることなら、ご容赦と、今後あらためましてのご購読とをたまわれますよう、
心よりお願いもうしあげます!



と、いうことで!
冒頭に記述いたしましたとおり

「デートシーンのリライトと基礎スクリプト」の方、

頑張りましてサクサクと! 進めていきたく存じております!!







追伸の1:
 『同人QUEさまに関します、リスク情報かもしれない情報』
 を、一個前の記事で緊急報告しております。
 上記情報が 「必要かもしれないが、まだ見ていない」
 という方がもしいらっしゃいましたら、
 一応のご一読、おすすめ申し上げます。


追伸の2:
 その更に前の記事で「歴史の評価」を求めさせていただきました

 A:「私は、かつて、V字禿げであった」

 B:「私は、現在、V字禿げの域を通り越してしまった」

という二つの仮説なのですが――

 

歴史はどうやら、私が想定していたよりもせっかちなものであるらしく。


>日記兼IRCログ



「09月 25日 金曜日付 同コンテンツタイトル」に於いて

『V字どころかパックマン』

という評価が、既にして下されましたこと、ご報告申し上げます。

これにより、
<とある方>ご提唱によります、


 A:「私(進行豹)は、かつて、V字禿げであった」

 B:「私(進行豹)は、現在、V字禿げの域を通り越してしまった」
 

という仮説が、

『<A>、<B>共に、真』

であると 「第三者機関による追試・立証が為された」
ということになるかと存じます。

ので、私が、

「かつてV字禿げであり」
「現在はパックマン禿げである」

ことは、“科学的に正しい”と言って差し支えの無いレベルの確からしさを持つ、
“客観的事実”となりましたこと、念のためあわせ、ご報告申し上げます。

尚、「パックマン禿げとは?」というご疑問をお持ちの方に於かれましては、


『パワーエサは点滅する』

という事実を思い出していただきつつ、


以下の画像をご確認いただけますと、ご理解いただきやすいのではないか、と

――私としては思うところでございます。









5years_after.jpg
(画像クリックで大きくなります)









posted by 進行豹 at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌