2012年06月19日

夏コミ新作は 『かや姉小さな旅』となります(“夢路”リリース延期のおわびとお知らせ

 お世話になっております、不機嫌亭ゲーム班 進行豹です。

 本日は、不機嫌亭ゲーム班 C82頒布予定物につき、ご速報申し上げさせていただきます。



 まず、当初リリースを予定しておりました、

『錬電術師 -Hexaquarker- 最終章 Re_turn 夢路 〜まな、ローズマリーED〜』

に関しましては、今夏のリリースを断念いたしましたこと、お詫びしつつご報告申し上げます。

 
 今夏のリリース断念の理由は大きく二つ

1) シナリオの遅れ

2) 原画の遅れ

――となります。


 上記2つの理由を更に突き詰めれば「努力不足」の四文字に帰結するかとも思いますので、
夏リリースへ向けての開発努力が及びませんでしたこと、
ここに、心よりお詫び申し上げます。


 なお、延期は致しますが、開発はこのまま引き続き継続いたします。

 現状の周辺状況からすると

「夢路シナリオをオールアップ」

させることを最優先で行い。

それから必要素材などを発注し
 →お受け取りまちの間に、スクリプトを進めておく……

というやり方が

『もっとも、現実的で、かつ完成(リリース)に近づける道』

であるかと考えますので、その方向性にて、ともかくシナリオ書き進めていきたく存じております。


 なお、シナリオの進捗状況につきましては、
引き続き、本日誌の「日々進捗」にてご報告させていただきます。


 度重なる遅延、本当に申し訳なく思っております。
 
 あらためてお詫び申し上げるとともに、
「ともかく、シナリオを完成させる」こと、今ひとたびお約束申し上げさせていただきます。

 今少し時間はかかってしまうかと存じますが、
“夢路”も“家路”も間違いなく書き上げますので――
そうなりました暁には、 『錬電術師』の方に、再びのご期待たまわれますと、
とても嬉しく存じます。




 で。

 “夢路”に変わりましての、C82リリース予定物は、

kaya_top.jpg
『かや姉小さな旅』
 
(画像クリックで大きな画像が表示されます)


――となりますこと、取り急ぎご報告申し上げます。



 こちらの詳細につきましては、近日中に・・・と思ってはおりますが、
今の段階ですと、ザラっと――


+ ビジュアルノベル形式 鉄道小紀行

+ でんでん素材使用(かや姉メイン)

+ 何枚かは描きおろしSDイベント絵実装予定

+ 背景は写真

+ C82頒布予定価格 100円。
  コミケ終了後、折をみてオンラインでフリー配布。


――という内容を予定しております。



 
 こちら、“紀行”という全く経験の無いジャンルへの挑戦となりますが、

「作る以上は、お楽しみいただけるものとすべく全力を尽くす」

所存でございますので! 

 もし、わずかなりとご興味をもってくださった方がいらっしゃいましたら、
どうぞ続報、そしてリリースの方楽しみにしていただけますと幸いです。


 とにもかくにも、“夢路”“かや旅”ともに、リリースに向け、気持ちも新たにがんばります!!






 と、そんなこんなの画像加工など行いつつの、先日の各種進捗につきましては――

―――――――

 <夢路>

+  『ローズマリー固有三箱目』

 の

 <1675行→1706行> 

のみですが書き進みました。


――――――――――――――――



<短編十二ヶ月関連>

+ 未着手となってしまいました(すみません)。

 できる限りは今日、遅くとも明日には、
 リライト方針固めるとこまで進捗させたく思っております。


――――――――――――――――

<枕草子の勉強>

+「二十七 文ことばなめき人こそ」 (の続き。本名を呼ぶとかヤメて)
http://hexaquarker.com/gakushuu_makurano.txt

(一~十)
http://hexaquarker.com/gakushuu_makurano_1_10.txt

(十一~二十)
http://hexaquarker.com/gakushuu_makurano_11_20.txt

―――――――――――――――
 
 
――となりましたこと、謹んでご報告申し上げます。



 とにもかくにも、焦らず急いで丁寧に手と心と頭とを動かしまして、各種
作劇、執筆、制作と重ねていきたく存じます。


 今日もいちにちがんばります。

 そして、みなさまの本日がたくさんの笑顔と安心と安全とに満ちたものとなられますこと、願います。


 お互い、よりよい今日をすごしましょーです!

 
posted by 進行豹 at 13:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌