2015年10月17日

深く、静かに、進捗しております感じです

 夜ですね、こんばんわ。

 かや旅シナリオはぼちぼちと描き進んでおりまして、
明日の午前中に、イベント絵リストを作成し→午後に狩野さんにお渡しする、
というとこまではまずまずこなせそうに思います。

 あとは、「まいてつ列車」関連で、メールからもご情報やアイディアを
頂戴できて、とてもうれしく感じております。

 総じて、大きなことはなかったけれど、地道にじわじわ、進捗できたな、
という手応えの一日でございました。

 明日は、午後に少し買い出しにいかねばならないので、
その分も午前にがんばってもろもろこなしたく予定しております。

 と、いうことでご報告ばかりの日誌となりますが。

 お互いに、よりよい明日をむかえましょーです!
 
posted by 進行豹 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌

とても、ほこらしい、こと

なんか、ツイッターで「アプリ連携」というの関連でやらかしてしまって、
みなさまにご迷惑をかけ、ご支援をいただいてしまいました(多謝

それで眠気が去ってしまってあれこれ確認していたら、
とてもとてもとてもとても嬉しく誇らしいメッセージを頂戴していることに気が付きました。

・・・この日誌をご覧くださっている方の何割かは確実にご存知くださることで
ございますのですが、

わたくしが、ゲーム制作にかかわりはじめたのは、
『錬電術師』という同人ゲームの製作によって、です。

その製作の動機も、
狩野さん
https://twitter.com/fukigentei

が「ゲームとかって作ってみたい」

と、非常にぼんやりとしたことを、しかし強行に言い張ったがためで。


――わたくし、そのときにはゲームシナリオを書いたこともなければ、
ゲーム制作に関する知識もまったくもっていなかったのでした。


ですが、「作る以上は、よりよいものを」という気持ちはやはりありましたので、
てさぐりであれこれ勉強し、各種の文献やサイトをあたり、
なんとかかんとか、錬電術師の第一章を完成させて、第二章の制作にかかりました。

第二章の製作にあたっては「ヒロインの声が聞きたい」というご要望をいただきましたのですが、
制作費の余裕などあるわけもなく。

苦肉の作として、

「タイトルコールのボイスと、数ボイスだけを、薄謝で」

という募集をかけさせていただきました。

 とてもありがたいことに、そのような募集にも応じてくださる方はいらっしゃり。
 音楽担当の桜咲さんのセレクトで声優さんを決定させていただき、
そのようなボイス収録をさせていただきましたわけです。

 そのときの募集に応じてくださった――
というか、錬電術師製作にかかわってくださったみなさまには、
今もわたくし、深い深い感謝の気持ちをいたいております。

 何も持たず、誰でもなかった、わたくしたちに力を貸してくださった。
 それは本当に、ありがたく尊いことと、感じております。 
 

 しかし。そのような恩をたまわったにもかかわらず、
申し訳なくも所々の事情で錬電術師の製作が思うようにすすまなくなり。
一緒に作ってくださっていた方々もご就職やら、ご改名やら
なんやかやで、だんだんにご連絡がつかなくなってしまっておりました。



 で。
 先日わたくし、ツイッターをはじめて。

 はじめる際に、できる範囲で――ですが、そのときにお力を貸してくださった方々の
ツイッターアドレスをしらべて、フォローをさせていただきましたのです。


 すると、そのうちのお一方がフォローに気づいてくださいました。

 気づいてくださっただけではなく、とてもとても嬉しいメッセージをくださいました。

 そのメッセージは、ひょっとしたらわたくしあてでは無い可能性もあるのですけれど。
 でも、わたくしあてだとしたら、これほど嬉しく誇らしいことはない――と、感じました。

「つくられるせかいかんが、とてもすてきなので、またそのいちいんになれると、いいなぁ。」

 わたくしは、ただのライターで。
 やとわれもののライターで。
 キャスティングへのご意見など、できようもない立場です。


 けれど、これほどに嬉しい言葉を頂戴したことはございませんし、
これほどに「叶って欲しい」と思う言葉を拝見したこともございません。

 そうして。
 わたくしが死ぬほど努力し、キャスティングへのご意見をできるような立場になったり。
 あるいは、お金を稼いで稼いで、たくさんのご縁をつないでつないで、
「自分で、フルボイスの作品を製作できる」ようになれたなら――
「わたくしも、あなたと一緒に世界をつくっていただきたいです。本当に、ぜひ」
と――お返事をすることができるのです。

 ので、いつかはそうできますよう。

 今はとにかく、ひとつひとつを。

 書くべきものを、書きたいものを、心をこめて、丁寧に丁寧に書いていこうと思います。

 書くこと以外のあれやこれやも、おろそかにせず丁寧に、こなしていこうと思います。

「わたくしのつくる世界観が好き」

とおっしゃってくださる方と、

一緒に、作品を、世界を作ることができるのならば――

それは、本当に本当に本当に、しあわせなことだと思いますので!!!
posted by 進行豹 at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌