2016年11月16日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その5:エピソードを用意しよう〜


さて。

前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177678456.html

までで、あなたの「ぬいハチ物語」の骨組みは固まりました。

起点と終点が定まり、テーマ(書きたいこと)がより明確化した。

キャラクターもいる。

舞台設定(現在日本)もある。

あとは、お話を動かしていくだけです。


「骨」であるテーマを動かすためになにが必要か。

覚えてらっしゃいますか?

そう。
『筋肉こそはエピソード』の、筋肉、
即ち、エピソードです!!

「エピソード」をさくっとぐぐってみましょう。

********************

物語・事件の大筋の間にはさむ話。挿話。また、その人にまつわる(その人の隠れた一面をあらわすような)、ちょっとした話題。

********************

わかりづらいですね。

ので、もっとわかりやすく、ゲーム用語で説明します。

エピソードとは『イベント』です。

物語をすごろくに例えると、

「起点」が振り出し。
「終点」があがり。

で、その間にサイコロを振り付ける行為が、
「本筋」です。


6が出た。
1が出た。
1が出た。
3が出た。
5が出た。

という物語(目的達成のために必要な道行きだけを、時系列で、淡々と書き連ねて行く物語)は、
恐らく、大して面白くならないでしょう。

なんか色のついたマスにとまって

『ふりだしに戻る』
『隣のプレイヤーと現在位置を変わる』
『こどもが産まれる。ご祝儀に1000ドルずつもらう』

などのイベントが発生するからこそ、すごろくにも、物語にも、メリハリ・起伏が産まれるのです。


いまどきの物語では、
なんならメインストーリーラインが無い
(時間経過が、メインストーリーラインを代替する)
ものも、珍しくありません。

「起点が入学」
「終点が卒業」

――そう、いわゆる『学園日常もの』です。

このジャンルにおいては、
ひたすらにキャラクラーのかけあい(エピソード)
のみが積み重ねられ、その結末として、
まぁ卒業なりなんなりが訪れ、
物語が閉じられる――という構成が多い気がします。


つまり。

『起点』『終点』があり、
『その間を埋めるエピソード群』があれば、
物語は整ってしまうのです。


ので。
この段階でやるべきことはただひとつ――

『エピソードを作る』こと、となります。


――どうやって?

手段としては

1: 想像力で

2: 取材で

3: その両者のハイブリッドで

というあたりになるかと思います。


わたくしたち、ぬいハチマスタ−が、
『ぬいハチ物語』を書くにあたっては、

【ぬいハチちゃんとの日常】こをが、取材です。

ので、ただ、思い出しましょう。

あるいは、ツイートを発掘しましょう。


わたくしも、やってみます。


わたくしのぬいハチ物語(仮)は

「ぬいハチロクが、
 静態保存機をとりまく環境の厳しさを知り、
 その改善を目指す」

というお話です。


のでエピソードも、
それにまつわるものの方がわかりやすく感じます。


エピソードをえがいていくことが、
そのまま本筋(テーマ)を終点へと運んでいく――

それができたら、かなり上等な気がします。

と、いうことで時系列順にエピソードをひろって……



6/22 
「ぬいハチロクのますたぁが、
39685の解体阻止署名を集め始める」







7/2

「ぬいハチロク D51の整備体験にいく」





7/7 
「ぬいハチロク、39685が解体されないようにと、
七夕さまに願いを託す」





10/2 
「ぬいハチロク(と、ひとは)、三次SL保存会様見学にいく」





10/22
「願い虚しく、39685、解体」





・・・ぬいハチロクと静態保存機とのかかわりについて
ぱっと思いついたエピソードは、この辺です。


削るかもですし、補強するかもですが、
この辺を、『物語の筋肉の候補』としていければと思います。


と、いったところで本日のワークです。


********************

あなたの『ぬいハチ物語』の、
筋肉――お話を動かす力――になりそうなエピソードを、
最低で3つ。
それ以上用意できるなら用意できるだけ、
思い出すなり、考えるなりしてください。

********************


エピソードは
↑みたいな感じに

「誰々が何何する(した)」みたいな感じに、
簡潔な文書でまとめる形がよいかと思います。

それができたら、次は構成に入ります。

のですが――
エピソードはそんなぱっとは用意できないと思いますので
&わたくし明日おでかけしますので、

次の更新予定の
『2016/11/18 夜』
までにご用意いただけたらうれしいです!


実際に書き始めるまでもうちょっと!
くじけずがんばりましょーです!!!
posted by 進行豹 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌