2016年11月20日

「ぬいハチ物語」の書き方 〜その8:とにかく本文を書き始めよう〜

さて。
前回

http://hexaquarker.sblo.jp/article/177735082.html


までで、ストーリーラインが整いました。


********************

ここまでできたら、あとはもう本文を書いていくだけなのです。
なのですが、フォロアーさんから

「プロットとストーリーラインの違い is 何」

というご質問をいただきましたので、
まずはそこだけ、ざざざとご説明申し上げます。


プロットとストーリーライン。

この両者は本質的に同じもので、
「要するに、お話のあらすじ」でございます。

それを、人(や、業界)によって、
自分たちにとって使いやすい用語として、
区別してつかっている

――というふうに、わたくしは解釈しております。

例えば、わたくしの場合は

『ストーリーライン』→自分だけがわかればいいもの

『プロット』→お打ち合わせ等のために提出するので、
       人様にもわかる形に
       ストーリーラインを含まらせ、
       整えたもの

であると解釈しております。


とはいえ。
プロットレベルまでストーリーラインをふくらませることで、
物語上の穴や見落としを見つけられる可能性もあがりますので、
本格的に書くのであれば、プロットは起こした方がいいです。

が、今回は

『ともかく、短くて簡単な最初のお話を
 一本かいてみましょー!』

という立ち位置での「書き方」のガイダンスですので、
そこまでは踏み込みません。

というか、その辺踏み込んできたい場合は、
作劇の入門書なり専門書なりを読んだほうがよいかとも思いますです。

さてさて。
本題に立ち返りましょう。

今日は、
『とにかく本文を書き始めよう』
とのことなので、最初の10行を書くことを目的にしてみましょう。

最初の10行で大事なことは
『物語を動かす』ことです。


まず、わたくしのストーリーラインの
1シーン目を再確認してみましょう。


(1)

さいたま市中央区役所前。
39685にはブルーシートがかけられている。
「解体工事……はじまっちゃったですよ」
「そうね、ひとは」
ぬいハチロク、妹を案じるが、案外平気そう。
ますたぁを見れば、青い顔をしている。
「ますたぁ……」
「あ、帰るみたいですよ」
ひとは、ますたぁが開いた新幹線バッグに入る。
ぬいハチロク、その前に一瞬ふりかえり、
「さようなら、39685」と呟き。
新幹線バッグに入る。



起きているイベントを小分けにすると

+ 場面紹介

+ 39685の解体が始まっていることの描写

+ ぬいハチロク登場

+ ひとは登場(ぬいハチロクの妹と明示)

+ (間接話法で)ますたぁ登場

+ 全員の帰宅


となります。


書くときも(ことに、書くことに慣れないうちは)
「エピソードを並べ替えてみよう(構成)」
の手順と同じように、

『そのシーンで書くことをこわけにし、
 カード式でならべかえて、
 よい書き順と、次のシーンへのつなげかたを模索する』

方法を試してもよいかもしれません。


「できるサイズに切り分ける」
「切り分けたものを、今の自分にできる手法でこなしていく」
――ことは、ジャンルを問わず、
入門者レベルのときには非常に重要なことかと認識しておりますので。


そして。
『どのような方針で並べ替えればいいか』
の指針のひとつが、さきほども書きました、

「10行以内でドラマを動かす」

と、なります。


「ドラマを動かす is どういうこと?」

というご疑問あるかと思いますので、
実例をもってご説明申し上げましょう。


********************

<ドラマが動かない、書き出しの10行>

さいたま市中央区役所。
そこには、39685という蒸気機関車が安置されている。
いわゆる、静態保存機である。

静態保存とは、
役割を終えた鉄道車両を、動かないまま――
いわば、一つの記念碑として保存することである。

文化遺産として、あるいは地域のシンボルとして……

保存されたときに託された願いが、
けれども形を変えずに保たれ続けることは、少ない。


********************

で、今度は

********************

<ドラマが動く、書き出しの10行>

「さいたま市はおバカですよー!
やりなおしを要求するですよー!!」
「ひとはっ!」

ひとはの口をふさぎます。
……ひとはの言葉は、わたくちの気持ち。
そっくりそのまま、同じですのに。

「もごもご、むぐむぐ」
「ああ」

苦しげな声に手を緩めれば、
ひとはは、泣きそうな声を出します。

「どうして、おねーちゃん止めるですか?
おねーちゃんが、一番かなしい……
39685の解体を、ひとはよりずっと、
つらいって、かなしいって、イヤだって思ってるのに」

********************


どっちの方が、続きが読みたくなるでしょうか?

もちろんこの辺、個人差あるかとも存じますが、
多分、アンケートを取れば、
65%以上の方が
『後者』と答えてくださるのではないかと思います。

100人の読者候補さんがいたとして、
65人と35人では、30人も違います。

なぜ、それほどに大きな差がついてしまうのか?

それは

『前者では、どんなお話が始まるのか
 さっぱりわからない』 からです。

前者でしているのは、
【静態保存機がどんなものか】という説明だけ。

その説明を終えてから、
じっくりとお話を繰り出そうとする構えです。


あなたがものすごいビッグネームで、
「この先生の書くものだったら絶対に面白い!」
と思ってくださる読者さんをガッツリかかえている
なら、そのやり方もありでしょう。

けれど、そうでは無いのであれば。

「何も起こらない」
と思われてしまったが最後、
あなたの物語の続きは、決して読んでもらえなくなります。



それに対して後者では、
例え、「ぬいハチ」等に対して全く予備知識が無い方がみてくださったとしても

「女の子らしきキャラクターが、
 公共自治体に向けて罵声をあびせている」

「それをとめているのも女の子で、
 最初の子の姉であるらしい」

「39685という謎の数字。
 解体、というショッキングな言葉が出てくる」

という

『興味を引きそうなポイント』(以下、フックと呼称)
が、3つもある」
冒頭部になっております。

フックは、多ければ多いほど基本的にはいいですし、
動きは、激しければ激しいほど基本的にはいいです。

フックの多さ、動きの激しさは、
そのまま「続きを読んでもらえる可能性の向上」につながります。


つまり、『ドラマが動く、書き出しの10行』
というのは、
『フックを読者にきちんと示している、書き出しの10行』
にほかなりません。

この「フック」ももちろん、人によって違います。

例えば、

『偉人伝を好んで読む人』



『探偵小説を好んで読む人』

それぞれに対して有効に機能するフックは、
かなり異なってくるでしょう。


ですが、我々が書く物語は
「ぬいハチ物語」ですので、
想定読者である「ぬいハチマスター」に対する
フックは、かなり見えやすいかと思います。

「あなたが面白い・素敵と感じる要素は、
他のぬいハチマスターにとっても
面白い・素敵なものである可能性は結構高い」
のです。

のでので、ここでは
『自分だったら惹きつけられてしまう要素』
を、フックであると定めまてしまいましょう!
 


と、いうところで本日のワークです


********************

【ワーク】

+ あなたが起こしたストーリーラインをもとに、
 あなたの「ぬいハチ物語」の、冒頭の10行を、

 「ドラマのある(フックが明快な」)10行」

 として書いて見ましょう。

 書けたら
「この冒頭部のフックは○○」と、
 付記してみましょう。

********************


文章的にエレガントであるとか、
そんなんは全然気にしなくていいです。

ともかく
「フックを示す(ドラマを動かす)」

ことだけに専念し、最初の10行を書いてみてください。


ここが上手くいけば、
最悪、途中が中だるみしても、読み続けてもらえる
可能性はあがります!

がんばってみてくださいましです!!
posted by 進行豹 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌