2014年11月23日

『ハラマセ☆マジック』と『ものべのHappy End』へのご感想を頂戴しました!!

 夕方ですね、ばんじまして。
 【新作:シナリオ】の方は、ご提出分基本線オッケー頂戴いたしまして、
ご提出分の調整リライトして→新規1ブロックを書いてご提出、とはこべば
「1ルート分の初稿をアップ」というとこまでこぎつけることができましたこと、
まずは喜んでご報告申し上げます!

 残り1ブロックと、その後の校正などなど、
引き続きましてベストを尽くし、がんばりたいと存じます!

 んでもって。
 
『ハラマセ☆マジック』と、
『ものべの HappyEnd』へのご感想頂戴いたしまして、
ご紹介許可も頂戴できましたので、
以下、ざざざとご紹介させていただきたく存じます!!!
(お名前のみ、匿名表記とさせていただきます)




*******(以下、頂戴いたしましたご感想)********

進行豹さま

こんばんは。
いつも進行豹さんのテキストに癒やされております、匿名です。
(以前、匿名'名義で感想メール送ったことがあります)

ハラマセ☆マジックを購入しました!
そして読みました!

かねてより進行豹さんのブログで小説を書いているとの情報があったのですが、
あとがきにも書かれているとおり発売までいろいろあったようで……
読者としては早く読みたかったです……が、丁度ものべのHEの追加Hシーンが
終了した後のタイミングであり、進行豹ファンの人で
「毎月ものべのHE追加シナリオで新鮮な進行豹テキストを堪能していた俺としては
 はやく進行豹さんの新作テキストが読みたいのだぜ」
という人もいると思います(私もその一人です)。

完全新作ということで、どうなるのか期待と不安でしたが、
読んでいけば(特にHシーンになれば)そこにはいつもの透ボ…じゃなくて貴夜さんが頑張ってて!
私がものべのから入ったために透ボンのイメージがついてしまっているのですが、
進行豹さんのブログを見ていると進行豹さん自体が透ボンというかそういう文体ですよね(意図的でしょうか)?
興奮してテンションが上がってきたときに同じ単語を何度も繰り返す表現やひらがなが多くなる表現が好きです。
いっぱいいっぱいになってる心境をうまく表現していると思います。

相思相愛のラブラブもの自体はそういう作家なら誰でも描けると思うのですが、
進行豹さんの書く主人公からはいつも深い思いやりを感じます。
ただ男女がイチャイチャするだけではない、お互いを思いやる気持ちがすごく伝わってきます。
ものべのでいえば、透とすみ、透とありすのように。
今作も貴夜が伊吹を大切に思う気持ちが各所に出てきますし、
出会って日が浅いちとせのことだって深く知って、とても大切に思っています。

こういうのが読みたいんです。だから、今回の新刊はこうした話が読めて嬉しかったです。
進行豹さんの今後の作品もきっと買います!


ここから、ものべのの話題。
本当はものべのに関する感想をもっと沢山伝えたいのですが、以前進行豹さんが
「新作シナリオの作成に入っていて、いまキャララに言ったらものべの脳に逆戻りしてしまうために
 涙をのんでキャララへは行かずに自宅作業します」
みたいな発言をしていらしたので、そういう時にものべのの感想を伝えてしまうとまた新作執筆の邪魔になってしまうかなと
思って自粛していました。

今回メールするのを良い機会に特に伝えたい箇所を。
8/28日のブログで「たった一語」について触れられていました。
http://hexaquarker.sblo.jp/article/102859954.html

ちょうどその後『ものべの -more smile- for alice』が発売され、
追加シナリオをプレイしたときに出てきた透の一言。
これがまさしくキラキラと輝く一言だったと私は思いました(添付画像参照)。
一見何も無い一言に見えますが、透がこの言葉を口に出すのは
それまでにありすから何度も同じ言葉を貰ってきた積み重ねがあるからで、
ふたりが長い間、お互いを思いやって生きてきたことの証だと思うのです。

ちなみに、すみの台詞で一番好きなのは無印最後のシーンです(添付画像参照)。
妖怪として生を受けた最初の頃は妖怪の性によって透を守っていたすみが
画像の台詞では、当初を振り返って
「妾は最初から妖怪の性ではなく自分の意思で透と生きることを選んでおったのじゃ!」
と、透や周囲だけでなく自分自身に対しても聞かせているように感じます。
妖怪の性を貫き通したことの誇りと透に選ばれたことの喜びに溢れている素晴らしい言葉だと思います。

↑ものべのに関してはこういう、人物や物語に関する感想がまだまだどこか機会や場所があれば
書きたいものがあるのですが、世間一般でのものべのの評価がロリゲーなので求められてないんですよね……。


こんなにも深みのある物語を作ることが出来るライターさんはそうそういないと思います。
これからもきっと素晴らしい作品を作って下さることと思います。

新刊の作者紹介のところにあった「Lose 新作」でぐぐってみましたが公式にもまだ出てないですね…公開されるのを楽しみにしております。

非常に長文になってしまい失礼しました。私もついうっかり睡眠時間を削ってしまいましたが
体調を崩しやすい時期ですのでお互い気をつけましょう。
それでは失礼いたします。




*******(以下、頂戴いたしましたご感想)********

――です! (嬉

 いただいたご感想に対し、書き手であるわたくしが具体的なコメントしてしまうと、
「読んでくださる方の、読み方、感じ方の自由」を損ねてしまいそうでイヤなので、
そこは控えさせていただき。

「ご感想いただけ、拝読し、とても嬉しく、強い励みになりました!」

ことのみ、御礼の気持ちとともに、コメントさせていただきたく存じます!

 匿名さん、ありがとうございました!


 あ、あと、メール添付でいただいた画像は、

好きなシーン.jpg
好きなシーン.jpg


と、

すみ.jpg
すみ.jpg


とでございました!


 
 あ、あと、Lose様新作うんぬんは、わたくしが『ハラマセ☆マジック』の発売時期を
把握できてなかった(年明けころかな? となんとなく思ってた)
ことから発生してしまった齟齬となります。
 すみません。

 関連情報、
Lose オフィシャルWebサイト
Lose様公式


でリリースされ次第、本日誌でも追随でご紹介させていただきたく思っておりますので、
いつになるかはまだハッキリとはしませんが、
そのときのこと、楽しみにお待ちいただけますと幸いです!

 と、いうあたりで本日の日誌を結ばせていただきます。

 お互いに、よりよい今日をすごしましょーです!
posted by 進行豹 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 製作日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105885731
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック