2009年06月14日

『How to making 同人ノベルゲー』の本文サンプルBパートをアップしました!

というわけで、先日予告させていただきましたとおりに、

『How to making 同人ノベルゲー
 -錬電術師が出来かけるまで-』

の、本文サンプルBパートをアップさせていただきました


こと、まずはご報告申し上げます。

本文サンプルは、上記リンククリック→下にスクロール→本文サンプルっぽいものが見えてきたらクリック


でご確認いただけますが、ご面倒なら、

『こちらの直リンク』 からも、ご確認いただけます。

お時間あってお気がむかれる方いらっしゃいましたら、ご笑覧いただけますと幸いです!


ちなみに、私としては

『なるたけ正確に、普段に近いやりとりで』

台詞、行動描写などいたしましたつもりなのですが、


狩野さんからは、
「他の人たちは合ってる。僕の台詞だけおかしい」


桜崎さんからは
「すげー面白いです」


pomriceさんからは
「フヒヒwwwww オレ、フヒヒなんて言わないッスよwwwwwwwww」


きゃなさんからは、
「狩野さんの描写は、さすがに完璧ですね」


と、それぞれご評価いただけました。


そちらを総合的に勘案しますと、


『ある程度以上正確に、不機嫌亭ゲーム班周辺の会話の流れ』


を再現できているということになるのではないかなぁ、と――
個人的には感じております。


ですが、原稿量といたしましては まだ、
「やっと半分書けた」というところでしかございませんので、
引き続きましてコツコツと、

ウチワうけ以上の楽しさを持つ本と出来ますよう!
また同時に、少しでも役立つ内容を盛り込めますよう!

手と心と頭とを動かして、
書くべきを書いていきたいと存じます!!



と、いうことで本日も短くはありますが、上記ご報告までにて、失礼いたします!



と、結ぼうとしたところで 忘れていたのですが、

「同人誌の内容ガイドの方も変更してあります」

「上記告知のために


bn_mihon_part_b.png


バナー作成させていただきました!


の二点につきましても、重ねご報告申し上げます!




posted by 進行豹 at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 製作日誌
この記事へのコメント
面白い・・・・
欲しい。
が、買いに行けないこのもどかしさ・・・・!
Posted by 鯵屋槌志 at 2009年06月14日 01:02
凄い読みやすいww
参考本としても全然行ける!
プロトタイプの画像を出すタイミングが絶妙すぎる…!
こんな感じで、人との会話の中での発見が第三者が見てもわかりやすく書かれてるこの感じが!良い!

そういえば、前々から気になっていた進行豹さんと狩野さんの関係ももしかしてこの本に……?

うー、これは本当に良い><
Posted by hiyobu at 2009年06月14日 01:55
>鯵屋さん

 ご感想ありがとうございます!
 「面白い」とお褒め頂戴できましたこと、本当に嬉しく&また強い励みにも思っております。
 頒布方法、刷り数などは、出来次第〜で大分代わってくるかと思いますので、
出来る限り広くのみなさまに読んでいただけることが出来ますように!
出来の方、全力をもって、良いものとしていきたく思っております!!


>hiyobuさん
 ありがとうございます!!!!!
「ご興味持ってくださってるhiyobuさんにスルーされるようだと、多分、すごく、ヤバい出来になってしまっているのだ」
 とか、勝手にドキドキ思ってしまっておりましたので、
ご感想&お褒め頂戴できましたこと、本当にありがたく嬉しく励みに! 感じさせちえただきました!!

 “参考本としてもイケる”部分、特に
「これから制作に入る方」 向けに、拡充させていきたく存じておりますので!

引き続き、『ご期待に添える一冊』と書きあげられますように! 全力を尽くしていきたく存じます!!

 ちなみに、「私と狩野さんの関係」は――特別に語るほどの何事も無いかとは存じますので、そのように――ごくシンプルにではありますが、同誌内に明記しておりますので、
ご興味がおありのようでしたら、そちらの方も、楽しみにチェックいただけましたら幸いです!
 

 
Posted by 進行豹 at 2009年06月15日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29790179
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック