2009年09月14日

進捗と演出とマッサージと (追記で残尿) の話題を扱う 本日の製作日誌

えーと、タイトルの通りに、
本日は

1:進捗に関しますご報告

2:演出について感じたこと

3:マッサージの修正


(追記として)
4:メールで頂戴いたしました残尿に関します ご情報


の3+1の話題につき、書かせていただきたく思っております。


ので、項目別の箇条書きさせていただきますこと、
ご容赦いただけましたら幸いです。



【1:本日の進捗報告】

 まずは、本日の製作進捗につきましてなのですが

 <シナリオ&リライト&基礎スクリプト>
 →進んだ。質的にも完全に満足している。

 <製作進行>
 →各種ご報告と、本日ご連絡とれた方に関しましては
  各種ご確認をさせていただく。

――という、素晴らしいものを得ることが出来ました!

 かく、素晴らしき進捗の理由としては

A:外に出ず
B:完全に書き疲れきるまでは誰とも話さず 
C:普段、製作と並行して行っているアレヤコレヤを全て休んだ

・・・ことが、あげられるかと存じます。

 つまるとこ、

 『時間を使って、やる気を出して頑張れば、結果もついてくる!』

ことを、如実に証明できる進捗となったかと、感じておりますのです。

 無論、A、B,Cとも、

「毎日やってたら、肉体的にも精神的にも社会的にもゲームオーバー」

というバッドエンド直行フラグを容易にたてる非常の手段かと存じますので、

『極端なことをせず、日常の中で時間と集中力を確保しての、手応えのある進捗』

を、なるたけ良い頻度で重ねられますよう!

 とにもかくにも、「心がけて」「手を動かして」頑張っていきたく存じております!

 &実は、ここしばらくの私、なんだかんだで
「書けないことへの罪悪感」を、かなり色濃く感じる日々を重ねてしまっていたのですが――

 本日は、頑張りました甲斐あって、
「“今日は書けた!” という喜び」を、すごく心地よく味わえております。

 願わくば、明日あさって、しあさって! と、この喜びを積み重ねられる毎日を送りたいなぁ、と、心より存じております!!
 

 【2:演出について感じたこと】

 先日私が、所用(というか義理を果たす)ため、
 拝聴させていただきますことを断念いたしました、

 
『PBP』さん

の誇る敏腕スクリプター、tOさんのご講演――
につきましてなのですが。

 なんと、その内容を

tOさん自らがブログでご披露

くださいましたので、私 早速、じっくりねっちりたっぷりと拝読させていただきました。


 で、私

 「tOさんのご演出も、無論スクリプト技術も」
 「tOさんのご創作に関する姿勢も」
 「tOさんご本人のお人柄も」

全て 
「個人として、『とても魅力的!』と素直に感じ、感心し、
『見習わせていただきたい!』と常々思っております」

ものでございます。


のでので、なんとなく

<tOさんの“演出に関する考え方”と、
私のソレとは、かなりの部分で重なるのではないかしらん?>

と、勝手に想像しておりました。

 が、しかし、拝読させていただきましたら――
 これがもう、びっくりするほど「違う!」のです!!

 で、tOさんの“演出に関する考え方”は、
上記ご紹介申し上げた
tOさん自らがおまとめくださった記事でご確認いただけるかと存じますので――


(そうするのも、おこがましいかとは存じますのですが)

「こんなに違うんですよ! tOさん!!」
というビックリを、願わくば主にtOさんにも味わっていただきたく!

以下に、「私の、演出に関する現時点での考え方」を、
同形式で列記させていただきたく存じます。


1.スクリプトとは

→“物語をゲームとして楽しんでいただく”ための手段。
 “物語をゲームに換える”ために行うこと必須な手順。


2.演出とは

→“物語で伝えたいこと”を、
  より伝わりやすくするために行う工夫。
  ときとして、「やりすぎちゃって逆効果」になったりもする
  難しいもの


3.演出するには

→ まず、物語をじっくり読み込み。
  ついで、お預かりした絵、音素材をじっくり味わい。
  で、双方の持ち味を最大限に活かせるバランスを探して、組み合わせる。
  
  “その物語”“その絵”“その音”
  それぞれに感じた魅力を、うまくハーモニーさせるというか、
  足し算じゃなく、掛け算できるよう、頑張って頭と心と時間を使う
 
  
4.具体的な作業内容

→ ・背景写真や、演出用素材の加工・作成
  ・テキスト表示の工夫やタイミング調整
  ・tOさん ご謹製move_e系プラグイン群にたよりきっての、
   画像まわりの動的演出やカットイン挿入
  ・“その場で思いついた演出”の実装
  ・デバッグしつつの、不要な演出の削除


5.効率よくすすめるために

→ 
 一:そのゲームを一番わかってる」人が、
   基本的に全ての演出を指示する。
  
 二:その人がわからない部分については、
   専門家の意見を求める  
 
 三:“演出責任者”以外は、
   “明確な間違いの指摘”のみを行い、
    演出に関する異議をとなえない。

 (そうすれば“一人の視点で統一された”演出を行うことが出来、
 “その物語/ゲームの意図”を一番伝えやすくなるように思うから)




6.演出は必要かどうか

→ ・読んでもらっても、“伝わらない”物語
   プレイしてもらっても“伝わらない”ゲーム
   になってしまう可能性を、1%でも下げることが出来るのだから、
   『絶対に必要』。

   逆にいえば「“素材をただ、ベタ置きする”」以上にしている
   「“より伝える”ための何らかの努力」は全て演出であるのだから、
   多かれ少なかれ、やっていない制作者さんはいないとも思う。  
   
   

――という感じです!


 書きながら、改めてtOさんの
 “演出に関する考え方”を拝読すると、

『専業のスクリプターさんとして演出をされているtOさん』

と、

『兼業の気楽な立場で好き勝手に演出をしている私』

との立場の違い=表面的な違いになっていて、

<<わりと、根幹部分は近いのかも!>>

とも、これまた勝手に思ったりもいたすようになりました。


 この辺、tOさんのお時間を頂戴できる機会があったら、
じっくりお話させていただければいいなぁ! とかも思っております!!



【3:マッサージの修正】



まぐおさん
から、下記の旨のご連絡を頂戴いたしました


「進行豹さんへ
 
 メッセージフォームのアドレスが、
 http://hexaquarker.com/wmail326/massage.html
 ・・・マッサージになっているマグ。

 メッセージなら、messageマグよ?」



 で、私 思いました。

「どひいいいいいい! 恥ずらかしい!!!!!」


 ので、速攻で

修正前:マッサージフォーム



修正後:メッセージフォーム

に改修させていただき、またリンク関係もあわせ修正いたしましたこと、ご報告申し上げます!


これを機に、なにかございましたらお気軽にドシドシと!


http://hexaquarker.com/wmail326/message.html


までメッセージなど、お寄せいただけましたらとても幸いに存じます!!
 


と、取り急ぎ、本日の製作日誌(正伝)は以上となります!


<追記>以降は、

(外伝)扱いの、“残尿に関するエトセトラ”となりますので――
その辺、苦手な方に置かれましては、どうぞ、ご回避いただけますよう、
心より御願い申し上げます!




と、いうわけで、以前ご報告させていただきました


『泌尿器科関係のお話』
に関しましての、追記・ご報告をさせていただきたく存じます。


 実は、上記記事をお読みくださいました、


『circle-end』
のクロハさんから、

とある“残尿関連情報”を、メールで頂戴いたしましたのです。
(ありがとうございます!)


しかし、

『circle-end』
のクロハさん、と言えば、



【ch.657 eight queen】


および


【ch.657 eight queen 2nd】



という――

「何だか、タイトルからしてスタイリッシュ!!」

なゲームをリリース&ご開発されている方です。


そのような、


『circle-end』
のクロハさん

のお名前を・・・・

いくら、頂戴したメールに


>効果があったらネタっぽく取り上げてみて下さい(笑)


とのご記載があるとはいえ、
『残尿』の話題で、ご紹介申し上げていいものかどうか――


私、非常に悩みました。


で、「セーフティーファースト」を常なる心がけといたしたい
私といたしましては、


「やはり、

『circle-end』
のクロハさん
のお名前は伏せさせていただくことが無難であろう!」

との結論に達しました。


ので、

『circle-end』
のクロハさん
のお名前は厳に伏せさせていただきまして――


“匿名さん”
からのご情報として、下記に、

【頂戴いたしました残尿関連情報】

(「書き手さんの文体でご正体がバレてしまう」という懸念もございますので、
 頂戴いたしましたご内容、念のため文体変更させていただきました上で)

ご紹介させていただきます!


(以下、頂戴いたしましたご情報)


 To: シンコウヒョウ 


  ザンニョウ ニ クルシンデル ト キイタ

 オレ オマエ トモダチ

 イイホウホウ オシエテヤル

 ニョウ スル

 ザンニョウカン アル

 アワテルナ!  

 タマノ ウラガワ
 ドウタイ トノ ツナギメノアタリ
  ナニモ ナイ ヤワラカナ トコ オシテミロ!

  ピュッ! ト デルゾ!!

  コウカ アッタラ ネタ ッポク カク 

 オレ オマエ ヨロコブ シアワセ



 ツイシン
  “ラブプラス”ナンテ カッテナイゾ!
   ホントダゾ!!


--(以上、ご紹介)---------------


――とのことでした。


 で、アドバイス頂戴いたしましたとおり

『排尿後、玉の裏側の、体と、
 “そのユニット”との繋ぎ目のあたり』

を、人差し指でクイと押してみましたら、

「ピュッ!」と、残尿が残らず飛び出していきましたので、


「人体って単純だ!!」

と、びっくりしつつも笑いだしそうになりましたこと、ご報告申し上げます。

 もし

 “残尿問題にお困りの方”

 や

 “人体の思わぬシンプルさを試してみたい方”

には、

(医学的にどうこうとか、私存じ上げませんので、
 上記「クイっ、ピュっ、実験」を行われます場合は、 
 <自己責任で>行っていただけますようお願いいたしつつ)

一度お試しになられると、面白いかとお伝えいたします次第です。


 &改めまして、上記ご情報とネタとをご提供くださいました

 “匿名さん”には、心よりの御礼、申し上げる次第でございます!
  
 
posted by 進行豹 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 製作日誌
この記事へのコメント
kagexは以前落とすことには成功したんですが、
全然上手く使いこなせないですね〜
うまくやれば例のGUIと合わせて相当色々できそうですが…
↑の講習会行けばよかったとか今更思いました。
Posted by みなと at 2009年09月14日 19:24
>みなとさん

kagex、私の場合は
“kagexの特徴機能”(ワールド拡張機能とか)は全然使わないで、

【move_e系プラグインが使えるKAG】

くらいな感じ捉えて、実用させていただいております。

「必要なトコだけを割り切って使う」のは邪道かのかもですが、
もし、使いこなせない〜という点お悩みの場合は、そういうのもありかも!?
とか、非常によわよわしく、ご参考までに――という感じで、オススメ申し上げますです。

&KAGEXメインっぽい勉強会情報、mixiの吉里吉里コミュにあがってますので、
もしご存知なければそちらのチェック! も、これは直球でオススメ申し上げます!!
Posted by 進行豹 at 2009年09月15日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32110237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック